FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/03/07(金)   CATEGORY: 自由詩
弥生 三月
おぼろな 三月

見晴らしのいい 場所で
遠く 帝都を仰ぎ見たくなる

両腕を広げると
風に 翼

東京タワーまで
フワリ フワリ 飛んで行けそうだ

春 霞
飛行の航跡に

きら きら きら きら 金粉は

この巨大な都市の何気ない路地にも吹き寄せる
薄く 淡く 包み込むから

春の気配を感じた屋根の下では
談笑が交わされて

金の言葉の波が
街 街に満ち足りて

もっと 

春を 淡くした
 

スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.