FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/03/06(木)   CATEGORY: 自由詩
また 再び
また 再び

来光の春に巡り合う

肌を凛々とした 風 行過ぎる

齢 重ね 重ね
梅の香り
淡く 感じ

行過ぎた 年月 
仄かに 薫る 白梅

また 春 巡り
鮮やかに思われる 戦 戦に

雛罌粟 添える

弾道 孤を描き
敵陣へ落ちる

破壊の調べ
この 春の風より
確実に

また 再び
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.