FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/08/16(火)   CATEGORY: 自由詩
水の技
来世まで透けて見えるという
不思議なグラスに
湯ざましを一杯注ぐ

太陽光に晒して
窓の外の風景を
水レンズに閉じ込めてみる

反転した世界で見定める

テーブルを通して
ノートに文字を走らせる振動が
グラスの水に伝わって

世界は小刻みに揺れて
新しい配合が始まる

私の詩のように

五月雨の詩作の合間合間に
グラスは口に運ばれ

水は飲み干され

グラスに円筒形に保たれた
輝く水のレンズ世界は消える

水が昏い内臓世界へ流れ込む

これもそれも

不定形の透明な液体

生命の源








スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.