FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/08/15(月)   CATEGORY: 自由詩
潮騒の聞こえる午後
風に乗って
潮騒が聞こえる
小さな家

真昼の太陽が
木陰を作り出し
風に揺れる
広葉樹は
重なり離れ
濃淡の影を作る

誰も通わぬ
路地にひっそりと
猫は休み
街と同じく
午後の夢を織る


あなたも暑さを避けて
板の間にタオルケットを掛けて横になり

昼過ぎの読書にいそしむ

あなたを包む
潮騒を感じながら

僕は今日の畑仕事の事を
つらつらと書き綴り

夕方に出かける
紺碧の海の記憶を賛美している

潮騒の満ち満ちる居間で
「カタン」 
君の本が手元から落ちた
午後を安らかに眠る君を見ながら

今日の出来事を綴り
ブログにアップする
準備をしている

眠い街

私は目覚める
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.