FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/08/09(火)   CATEGORY: 自由詩
鄙びた村で
鳥たちが歌い止まぬ
山を背にした村

地図を広げて
明日の行方を占う

仏のような顔をして
眉間から光波を発する

行じている
日本という国で

各々が自らの位置をとって
密かに努力しているから

明日はきっと晴れるさ

夢を追いかける
まるで恋人を追うように

ちらりと見て 過ぎ去る

始まりはいつも
華やいでいるから

鳥たちがうるさいほどの寒村で
山の気を吸いこんで

世界の向かって
見渡せる位置をとったなら

恋や出会いのように
ワクワクしながら

地図を開いている

日本は
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

sun | URL | 2011/08/11(木) 10:40 [編集]
こんにちは(^^*

日本ほど面白い国は無いですよね
南北に伸びたために、地域ごとに気候の変化が著しい
また四季による環境の変化も大きい

以前読んだ民俗学の本によると
日本人は"境界"を重んじる民族だそうです
始業式、入社式、卒業式、七五三等々
これらは新たなスタートの始まり(=節目、境界)だそうで

新たな恋や素敵な出会い
明日への期待を抱くこの心情には
正に新たな境界を越えようとすることへの
不思議な高揚感があると思います(・ω・*
感想有難う
アハウ クニヒコ | URL | 2011/08/11(木) 11:43 [編集]
なかなか良く勉強していらっしゃるようですね!

これからも宜しく!

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.