FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/08/04(木)   CATEGORY: 自由詩
アフリカ幻想
ふーっと意識が途切れる
一方向に入っていって
存在が絞り出された声が流れ
磯の匂いの薫り立つ


濃密な感情のやり取り

その声は

眼の高さを流れていて
聴き入る者の潤んだ瞳を射とる


汗のポタポタ垂れ来る
くねるベースラインに
体が浮くように従ったなら


彼らは私を虜にして

連れてゆく

幻で見た

北アフリカの海岸線へ


乾いた風に歌うニグロのなめした肌
大げさな身ぶりで囃したて


誘う


古代のままの地中海や

聖書の奇蹟が起り続けた 街

あの砂漠の只中の都市へと
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.