FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/07/22(金)   CATEGORY: 自由詩
夏休み
風の宮で
静かな午後を
眠ろうとしている

木々の緑が透けている
木漏れ日に
汗をふく白いタオルを持つ君は

長い夏休みの読書計画を語り
風の中で聴いていた 私

蝉やら希望やらの
行き着く先を見定めて

沈黙を楽しむように
読み挿しのページをめくっていた 君


綺麗な場所
追憶の憧れる瞳らが
見詰め続ける場所で

二人机を並べて
各々が挑戦する世界観の
見取り図を
ノートに走り書きしていた


夏の青い空と休みが

始まる

長い長い小説を読もう
人生の輝くときに

僕と君の滅びざる世界に



*実年齢マイナス30は学会指導*
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.