FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/06/26(日)   CATEGORY: 自由詩
英知の学生部に贈る
新たに来る日を
そして また

新たに来る日を
必ず私は
亡き父のために
老いたる父にために
亡き母のために
老いたる母のために
そして 皆に
喜びを与えゆくために
私の運命に向って
勉学に惜しみなく励む

活発な魂の私には
前途が洋々と
開かれゆく
大舞台がある。
世界と人類も
私とは一つなのだ。

人知れぬ
英知と情熱は
貧しき人々のために
不幸な人々のために
罪重き人々のために
苦しみ傷ついた人々のために
そして あの悲しげな
苦悩と戦っている人のために!

君たちの
正義と勇気の
強大なる友好の連帯には
野蛮な毒を塗った
妨害の塀もあるだろう。

しかし
正義の馬上の
前進ゆく苦労の旅の
彼方には
雄大なる希望の大草原が
広がっている

必ず
正義の君は
勝つのだ!

正義のために生き抜いた
勇ましい勲功は
君の魂のなかに
永遠に
光り輝くだろう。

知性とは
人間が人間として
最高の価値を生み出し
平和と相互の友情を
連結させるためにある。

知性とは
人間を
幸福のために賢くし
そして 社会を
人間の幸福にために
再編成させてゆく
智慧の行動である。

君よ
学の長剣を抜いて
一生涯
邪悪と戦い抜け!

傷つけれても
怯えるな!
学問で磨き上がられた
君の柔らかな
瑠璃の光を放った
夢持つ生命は
不滅なり!
不可能はない。

今日も
君よ!
永遠の人生の
勝利のために
学問と正義の宝剣を抜け!


*今日の聖教新聞より
 池田先生の「新世紀の指導者 英知の学生部に贈る」より
 18世紀的知性もっといえばゲーテ的巨人の文芸をお楽しみください。
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.