FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/06/06(月)   CATEGORY: 自由詩
朝の光
そこの路地折れると都市見渡せる丘ベンチに人なし


そよ風が輝きを増して広葉が透ける陽光抱く


「光あるうちに光の中を歩め」トルストイが語る陽光の午後
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2011/06/06(月) 10:04 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
| | 2011/06/06(月) 10:44 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.