FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/03/01(火)   CATEGORY: 自由詩
わこうど
雨音にまどろむ午睡 団結の汗光らせて青年ほほ笑む


ほとばしる魂携え若人は春の助走を抜き去ってゆく


少年と老人だけの国は細い息ひきとって黄昏さえ暗い


果物が永遠に若いままの冷蔵庫テーブルにランチプレート運ばれて
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.