FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/02/05(火)   CATEGORY: 自由詩
コンパクトディスク
菩薩 薄絹 紫煙の香 薫る風

音楽を再生すると
かぐわしい香りが してくる

情景が浮かび上がり
ありありと 見えた

時間と空間を越え出て
今 私に届く コンパクトディスク

楽師が奏でる

天空の ときめき 色めき  神さびて


阿修羅のごとき どす黒く 猛々しい
歪みを体現する 異形のものども

黒く爛れた皮膚が カサカサ割れて
その演出を脱ぎ捨てれば

内面から菩薩の浄光 

皆の苦を聞く 観音の現れる
香 焚き込めた 輝く薄絹 纏

声 その声は コンパクトディスクに
定着する
時空がスタジオで凍結する

七色に輝く ディスク
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.