FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2010/09/17(金)   CATEGORY: 自由詩
近代書房まで
喫茶する都のはずれひっそりと島の時間がのたりと過ぎて


透き通る秋の時間が落とす物 歩み休めて書く羽根のペン


秋を閉じ込めた箱にラブレター読み返してまたしまう


右肩の肩甲骨に木肌のゴツゴツと夜叉の出入りする


情報の角 生えて来て店の外には一角獣の待つ
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.