FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/01/18(金)   CATEGORY: 自由詩
若い歌人に
湿らせておくれ
軟らかくしておくれ

骨に響く 歌を聞かせて
骨に響き渡る 言葉を その発声で
骨にひび入る 言霊が咽喉から溢れて

潤った声帯は愛に震えながら
情感が喉から零れ落ちたら
その唇は思うまま 閉じ開く

湿らせておくれ
軟らかくしておくれ

骨を染めてくれ 言霊に痺れて 部屋
骨を薫らせて 新譜を手にする ときめいて
骨を砕いてくれ 唸りをあげる ストライト 白く

光 漏れくる 手骨はしなる
フレッド フレッドに指骨の華 咲き
スティール弦はチョーキングに むせぶ

骨を湿らせておくれ
俺を溶かしてくれ
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.