FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2007/10/10(水)   CATEGORY: 自由詩
朝空を見上げて
空がこんなにも 開けて
甘い曇天が ひっそりと退くと

天空から秋の雲が垣間見え
私は視線もろとも 空へ 飛び込んでいる

空中を滑空する 夢
この秋空のなみなみとした 胸

陽光の物語が
地上に降り注いで
陽光の柱に戯れて 飛んでいる 私

眼の輝きと
物語を聞く 耳と
微笑をたたえた 唇と

朝に空を見上げて
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.