FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2021/02/28(日)   CATEGORY: 自由詩
地球土人の所業
正論吐いて迫害されてー土人ー

東電の例のOL怨念の永劫祟る滅し去る迄

正論吐いて迫害されてサイコパスなり地球土人
スポンサーサイト



DATE: 2021/02/28(日)   CATEGORY: 自由詩
キチガイ地獄は太陽系
キチガイ地獄は太陽系

集中力のベクトルは一点に向き太陽の残骸霊視する
DATE: 2021/02/28(日)   CATEGORY: 自由詩
太陽系の粛清
太陽系の粛清

太陽系原型とどめず破滅する父の怒りの究極に達し
DATE: 2021/02/27(土)   CATEGORY: 自由詩
主の栄光の日と太陽系
粛清


『最後の審判直後の太陽系』三首

無残にも太陽爆発その日には芥子の実惑星吹っ飛ぶのみだ

太陽の見るも無残に爆裂し惑星チリと闇に消え逝く

残骸の太陽系を虚しい探索UFOの航跡静か
DATE: 2021/02/27(土)   CATEGORY: 自由詩
『ペトロの手紙』より
主の日は盗人のようにやって来ます。その日、天は、激しい音を

たてながら消えうせ、自然界の諸要素は熱に溶け尽くし、地とそこで

造り出されたものは暴かれてしまいます。<中略>神の日の来るのを

待ち望み、またそれが来るのを早めるようにするべきです。

『ペトロの手紙』3章10節〜12節
DATE: 2021/02/27(土)   CATEGORY: 自由詩
デペッシュやらシャフトやら
DMやらSCHAFTやら

鳥シャーマンくちばし砕く鉄パイプ無残に飛び散る血の粛清
DATE: 2021/02/27(土)   CATEGORY: 自由詩
ヨハネの福音書について

『ヨハネの福音書』の読み方

初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。

この言葉は、初めに神と共にあった。万物は言葉によって滅びた。

滅びたもので、言葉によらずに滅びたものは何一つなかった。

言葉の内に死があった。死は人間を照らす光であった。光は暗闇の

中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。(1章1節〜5節)
DATE: 2021/02/26(金)   CATEGORY: 自由詩
文芸と権利その猥雑な関係
秋●何がし作詞家一味

アイドルの太股サソリの墨刺してラインダンスを踊って見せてよ

権力に仕える文芸猥雑で魂の腐臭一皮剥くぜよ
DATE: 2021/02/26(金)   CATEGORY: 自由詩
物欲に罠
地球トラップ ー支配層にー

罠なんだ!物質見せつけ貪欲を煽って消される爬虫類人
DATE: 2021/02/25(木)   CATEGORY: 自由詩
終末と言葉

『究極の道理』ー物質宇宙の瓦解ー

万物は言葉によって破滅した。破滅したもので、言葉に

よらずに破滅したものはなに一つなかった。言葉の内に

死があった。死は人間を照らす光であった。
DATE: 2021/02/25(木)   CATEGORY: 自由詩
内的幻想

『支配層堕天使』

竹槍に胸板ブッ刺し悪魔らの串刺し喰うかシシカバブ売り


『神は怒る』ー奴ら地下都市を持っているようー

太陽の光度上昇亡ぶ肉焼き尽くすだろう激烈な怒り
DATE: 2021/02/24(水)   CATEGORY: 自由詩
『実践カバラ』大沼忠弘著


「人間」(アントロポス)は元来「神」である。「密議」の
究極の教義はこの命題に尽きる。われわれの一人一人は
「人間」に人間に達し得る可能性を持って生まれる。<中略>
大半のアントロポスとして完成する事なく一生を外的世界に
釘付けにされ欺かれ終わる。
『実践カバラ』大沼忠弘著
DATE: 2021/02/23(火)   CATEGORY: 自由詩
道を真っ直ぐにする

『サイクルを壊す』

もし仏教が正しくて物質宇宙が四劫(成 住 壊 空)を繰り返す

「繰り返しの莫迦」なら道を真っ直ぐにするさ。サイクルを

壊すさ。永遠の命に与かる者と永劫の地獄堕ちの者にこの

娑婆世界で為した行為でふるい分けするさ。神の領分でね。

*四劫。世界が宇宙が成立と破壊を繰り返して循環する四期間。
DATE: 2021/02/22(月)   CATEGORY: 自由詩
ここいら5000年を顧みて
『地球転生5000年の総括』

バカには勝てない地球人……???

お前らのバカさ加減で宇宙の底が抜けるとよ❗️

ホレ最後の審判を受けるために娑婆辺りに生息してるんだろ。

それが復活と言うんだ。人口爆発がソレだね。
DATE: 2021/02/21(日)   CATEGORY: 自由詩
終末の週末に

『公安紐付き家電』

公安の紐付き家電 終末にウゥ…ウゥ…と狂気の悲鳴
DATE: 2021/02/21(日)   CATEGORY: 自由詩
我らが星は


『我らが地球』

地球丸ごとキチガイ病院 正論吐くものパッシング
DATE: 2021/02/21(日)   CATEGORY: 自由詩
太陽のクシャミ(^。^)

『終末は太陽のクシャミか?フクイチか?』

太陽がちょっとクシャミの火星までゴミ屑に

デプリが地殻を貫いて風船破れる地球の終わり

フクイチをUFO飛び回り神の怒りは貴様らの星に神風UFO神は
DATE: 2021/02/21(日)   CATEGORY: 自由詩
物理的地球の終わり

『物理的地球の終末』

支配層……???でェ デプリは何処よ…?


地で行こう!チャイナシンドロームのお気の毒

フクイチのオウンゴールで手間はぶけ


フクイチのデプリと共に在りキチガイ地獄がパックリと

銀河には在ってはならぬ星の在り堕天使乗っ取る一つ地球など
DATE: 2021/02/19(金)   CATEGORY: 自由詩
AIについて


『AIの可能性』

AIら神の啓示を数値化し綺麗に示してくれるのかしら?
DATE: 2021/02/19(金)   CATEGORY: 自由詩
永久運動


『一山越えて』

山越えて一山越えて次の山見えて来るまで歩みは止まず
DATE: 2021/02/19(金)   CATEGORY: 自由詩
もう教会へは行かない…

『牧師も神父も消え去って』

修羅の星小さな窓からのぞき見て息深く溜め聖書をめくる
DATE: 2021/02/18(木)   CATEGORY: 自由詩
シュールな夢

『シュール』二首

耳根(じこん)ウラ這い寄る蛇ら三の眼で合体などして鎌首上げて

蘇生するシュールな発想浮かび来て我が身漂う無意識の海
DATE: 2021/02/18(木)   CATEGORY: 自由詩
キリスト幻想その2

『キリスト幻想のその後』

キリストの来臨幻視した事で腹の龍さえ解けるもの有り
DATE: 2021/02/15(月)   CATEGORY: 自由詩
白光ミゾオチから胃の裏に

『白光のミゾオチから胃の裏への降下』

キリストが飲み込む地球3チャクラ降りて輝く皆アセンション


*ミゾオチ。第4チャクラ。
アナハタチャクラ。この世的次元に属さない。

*胃の裏側。第3チャクラ。マニプラチャクラ。
意識が動物界やそれ以下に下落しない。一種の不退転。
DATE: 2021/02/14(日)   CATEGORY: 自由詩
アフォリズム
アフォリズム『キリスト幻想』

サッカーボール程の地球の周りに白光する雲が漂いキリストは

その濃密な光に乗りつつ地球と月の軌道の間にいる。地球を凝視

黙想している。すると地球は彼のミゾオチに入り込みキリストの

身体の一部となり正に正確な自転軌道を描くようになった。
DATE: 2021/02/12(金)   CATEGORY: 自由詩
支配層との決戦さ!



『支配層との決戦に備えて』三首

待っていたキリスト来臨 悪魔らと決戦準備 光の子らは

輝ける雲に乗り来るキリストの眼差し留まる正義の子らに

林間を 霧 舌の如く漂いて濃密な光キリスト歩み
DATE: 2021/02/11(木)   CATEGORY: 自由詩
死海文書の光の子と闇の子 四首

『死海文書の光の子と闇の子』四首

神の前 裸にされた魂ら瞳見詰めてガンと対面している

輝ける魂と魂 出会う場にバッハのパルティータ降り来て

光満つ魂の故郷から降る太陽光のようなものは

被造物 光と言葉で出来ている記憶を遡行しあの場を想う
DATE: 2021/02/10(水)   CATEGORY: 自由詩
ペット ショップ ボーイズ『ビヘイビア』より

『10月のシンフォニー』ペット ショップ ボーイズ

大きな混乱が生じる
秋の訪れとともに
10月をどうしようか
しかめ面の陰でどうやって笑おうか
落ち着くのはたやすいことじゃない

ひどく混乱してしまうんだ
パレードは取り止めになるだろうか
僕たちは10月に行進した
でも 救われた事は一度としてなかったのだという
よほど勇敢にならなくちゃ

10月のシンフォニーを
書き換えるなり改訂(かいてい)するなりしようか
それとも 気持ちの表れとして
曲の献題(けんだい)を
革命から啓示に変えようか

僕たちはみんなで飲んでいる
木の葉が地面に落ちていく
だって 僕らは考えているんだ
昔も今も10月が
どんなに僕らを落胆させるか

それなら替わりに
12月を思い出そうか
それとも 2月の事を心配し
惰(おこた)ることなく
戦争に引き裂かれた死者を悼もうか

10月のシンフォニーを
書き換えるなり改訂(かいてい)するなりしようか
それとも 気持ちの表れとして
曲の献題(けんだい)を
革命から啓示に変えようか

*共産主義がイルミナティーのピラミッドにガッチリと
嵌め込まれているのを知った時から我が革命への情熱は………
DATE: 2021/02/08(月)   CATEGORY: 自由詩
短歌三首

『ゲバルト』
ゲバルトの情念テコに支配層 骨砕かれて因果の巡り

『光の国へ帰る前に』
戦争にフリーエネルギー使用する一つの星は消滅すべき

『キリスト幻想』
キリストが雲に乗りつつ現れて最も危険な夜の太陽
DATE: 2021/02/08(月)   CATEGORY: 自由詩
支配層のフリーエネルギー嫌い
フリーエネルギーを支配層が毛嫌いするわけは、

宇宙やそこいらからエネルギーを引き出すと無意識の

影響も受けるわけで奴等は骨の髄まで邪悪だから、ご都合の

意識だけでなく自らを滅ぼす無意識に影響されて星まで破壊。

ハリウッド映画の『禁断の惑星』だわ。自滅のフリーエネルギー❣️
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.