FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2020/09/30(水)   CATEGORY: 自由詩
折口信夫の首と毛沢東
中共が神々降霊 祈念して天道示せ我赤い星
スポンサーサイト



DATE: 2020/09/30(水)   CATEGORY: 自由詩
Jazzピアノ
ヤンキーのピアノ弾きなど侍らせて回すお皿にbossのオーディオ
DATE: 2020/09/30(水)   CATEGORY: 自由詩
三原じゅん子❣️と頸がんワクチン
三原じゅん子❣️と頸がんワクチン

夜叉・羅刹 三原じゅん子の正体は頸がんワクチン不幸が何より❣️

*夜叉。羅刹。人を喰う悪鬼。
DATE: 2020/09/29(火)   CATEGORY: 自由詩
『中国の歌ごえ』

『中国の歌ごえ』を読みつつ

中華文明よ!『三国志』の様に20Cの動乱の時代も

戦記物として後の世の人々に書き伝える作家が出て

読み継がれれるのだろうか?
DATE: 2020/09/29(火)   CATEGORY: 自由詩
状況

『21C前半の行動指針』

2020年代、民衆が『慈悲の遍満』『愛の支配』を

貫徹しなければ「地球史」に汚点を残す事になろう。
DATE: 2020/09/28(月)   CATEGORY: 自由詩
秋 深く

『そして四季は巡り』

雨 ありて
曇天の垂れ込めた雲
透き通る快晴の日また

再び巡り来る秋の風
青空の下 この大地との会話が聞こえる

稲穂が深く頭を垂れ色づき
秋の深みへと分け入ると

大気は風となり
淡い思想の種を
そっと置いて行く
秋の………
DATE: 2020/09/24(木)   CATEGORY: 自由詩
輪廻を超えた自覚
己れという者の自覚

今 呪術 過去の因縁 機が熟し季節は変わる空 血の涙
DATE: 2020/09/23(水)   CATEGORY: 自由詩
全ての人が同じ月を

『林間の月』

すっかり秋めいた
うろこ雲の間から
おぼろな月が顔を出す

月を眺めながら
深い息を吸い込んで
ありていの感慨に浸って
世界中何処でも同じ月が見えるのだなと

全ての人々が同じ月を見るように
世界が平和で慈しみに満ちた
場所であることを
望まぬ人はいない

全て全ての人々が同じ月を見ているのだ
DATE: 2020/09/23(水)   CATEGORY: 自由詩
『ゲリラ戦争』チェ・ゲバラ著
既に述べたように、ゲリラ戦士とは、人民と共に解放への
熱意に燃え、平和的な解放の道が閉ざされた時、戦闘の口火
を切り、闘う人民の武装した前衛となる人達である。戦闘の
当初から、ゲリラ戦士は不正な秩序の破壊を目的としている。

『ゲリラ戦争』チェ・ゲバラ著
DATE: 2020/09/23(水)   CATEGORY: 自由詩
支配層の腹わた
よこしまなサメの歯の如く権力のはらわた裂いて喰らい尽くすさ

*堕天使は互いの肉を喰らいあい、血をすすりはじめた。
(エチオピア語エノク書7章)
DATE: 2020/09/21(月)   CATEGORY: 自由詩
支配層に贈る
支配層に

内ゲバの情念収奪我が血とし悪魔殲滅時はたゆたい
DATE: 2020/09/20(日)   CATEGORY: 自由詩
アルビノのドラコ


『革マルメソート』

アルビノのドラコの脳髄食いつつエノクの預言 成就確信

*アルビノのドラコ。地球人を食料とする爬虫類人の王。

*革マルメソート。一種の頂上作戦。
DATE: 2020/09/20(日)   CATEGORY: 自由詩
エノク書
エチオピア語エノク書

堕天使(支配層)は妻をめとり、各人ひとりづつ女を
選びこれと関係をもち、交わり始めた。また女たちに
医療、呪いを教え薬草の根や灌木の断ち方を教え込んだ。
彼女らははらんで、とてつもない巨人を生んだ。彼らは
人間の労苦の実を食い尽くしてしまい、人間はもはや彼
らを養うことができなくなってしまった。そこで巨人た
ちは人間を食わんものと人間に目を向けた。彼らは地を
這う生き物や魚に対して罪を犯し、互いの肉を喰らいあい
血をすすり始めた。
DATE: 2020/09/20(日)   CATEGORY: 自由詩
『ゲリラ戦争』チェ・ゲバラ著

『ゲリラ戦争』チェ・ゲバラ著

戦争はつねに一方が他方を全滅させようとする闘争である。
双方は目的を達するため武力のほかにあらゆるトリックや
戦略を用いる。軍事戦略と戦術は戦闘参加グループの目的
及びその目的を達成するための手段を分析して提示したもの
である。
DATE: 2020/09/19(土)   CATEGORY: 自由詩
無音の中
海底に沈むが如く沈潜し悪との闘い終末にやあらむ
DATE: 2020/09/19(土)   CATEGORY: 自由詩
『中国の歌ごえ』アグネススメドレー著

『中国の歌ごえ』アグネス スメドレー

ヴィレンと私が一緒に暮らし始めた時、二つの時代と
二つの文化が出会った訳である。私は、歪められた商
業主義文明の産物であるアメリカの勤労婦人だし、彼は、
教養があり、迷宮の様に錯綜した婆羅門の精神を持ち、
イギリスの古典的な教育を受けた高いカーストのインド人
であった。彼はイギリス的なものは何でも憎んでいたが、
凡ゆるものを貨幣価値によって判断するアメリカ資本主義
に対しては、もっと深い軽蔑の念さえ抱いていた。
DATE: 2020/09/18(金)   CATEGORY: 自由詩
華厳経と2020年の世界『華厳経入門』

『華厳経と2020年の世界』

迷える私は三つの生存の世界を住む町とし、高慢を
垣根とし、様々の迷いの道を出入り口とし、染愛を
塹壕とし、愚かさの闇に覆われ、三毒がいつも燃え
盛っておりますので、悪魔が王となり、愚者が寄り
集まってきます。
愛着に纏いつかれ、へつらいによって正しい実践が
破壊され、疑惑によって智慧の眼が塞がれております
ので、様々の邪道を経めぐっています。物惜みや嫉妬
に縛られている為に、餓鬼の住む苦難の世界に赴き、
生・老・病・死の苦しみが身に迫り、愚かさが苦しみの
世界の輪を回しております。

『善財童子の告白と祈り』
DATE: 2020/09/17(木)   CATEGORY: 自由詩
曇天のイマジネーション

『曇天の空に』

外気に身体を晒し
息を纏めて

ヒタとも動かぬ大気を
この胸一杯に吸い込むと

樹々は風を感じて
広葉が細々とはにかんで挨拶する

そんな時に
僕は目を瞑り

樹々に明け方の夢の行方を
静かに話しかける
DATE: 2020/09/17(木)   CATEGORY: 自由詩
燦燦
伏臥して虚空燦々白光の聖霊漂う霧の如くに
DATE: 2020/09/16(水)   CATEGORY: 自由詩
恋人を思うように………

『恋人を愛するように』

そこの若えの恋人が出来てその人を愛するように

その気持ちの100分の1でもいいから、その恋する

エネルギーを地球を愛するエネルギーに振り分けて

くれよ!その愛するエネルギーのベクトルを地球に

振り向けてくれよ!オレは今年、秋刀魚が不漁と

聞いたから大地母霊に人々に秋刀魚をお与えください

と祈ってみようと思う。恋人を思うように………
DATE: 2020/09/16(水)   CATEGORY: 自由詩
池田氏の香港への言及
池田大作氏の香港への言及

私の思いは
いずこにあっても
香港を離れることはなかった
それは この地こそ
アジアの幸(さち)の光源となり
世界の平和への港となる
尊き使命の天地であると
信じてやまないからだ

『旭日の世紀を求めて』金庸・池田大作著1998年
DATE: 2020/09/15(火)   CATEGORY: 自由詩
支配層の心理解剖
悪用さ科学・宗教あらゆる智カネにまみれて正気の振れて
DATE: 2020/09/12(土)   CATEGORY: 自由詩
ダイアナ妃の祟り
ダイアナの笑顔輝きエリザベス焼けの生き血を底なし地獄
DATE: 2020/09/12(土)   CATEGORY: 自由詩
旅客機搭乗のルール

『旅客機のニューオーダー』

マスクしろ!っていうから白いあべのマスクを

アイマスクにしたら強制着陸でしょうかな?

お前らオレ………マスクしてんだけど……???
DATE: 2020/09/12(土)   CATEGORY: 自由詩
終末の一言(^。^)
週末の終末の一言

カネ持ちと役人だけ生き残ればいいんでしょ(^。^)
DATE: 2020/09/12(土)   CATEGORY: 自由詩
税金不払い運動

『素朴な疑問』

国が国民に不利益を与える政策してるのに

税金を払う義務あるんでしょうかね?

役人テロを税金不払いで集団訴訟する動きも見えないし………

表向き権力を握った野党も詐欺師か……???
DATE: 2020/09/11(金)   CATEGORY: 自由詩
っていうか………
っていうか………

太陽系のみならず銀河系

この宇宙全体が何か変じゃね?

キリスト教で言う終末?

仏教で言う劫が果てる?

さあ〜公安❣️

とっととこの世の執着捨てろよ!!!

地球幾つも買える大富豪フフフ

金塊抱っこのおさらばこの世のっての❣️
DATE: 2020/09/09(水)   CATEGORY: 自由詩
自由律短歌
自由律短歌

馬上の白頭鷲がカラシニコフを高々と掲げ

勝利の凱旋を見せつけている
DATE: 2020/09/09(水)   CATEGORY: 自由詩
爬虫類人の後悔

『爬虫類人…後悔させてやるよ』

貴様らの技術的な異様な進歩を後悔させててやるよ…………

それだけの頭脳が在りながら、慈悲とか愛とか他を慮る

とか慈しむ、愛しむとかその心臓ハートをブチ抜いて、

愛の光で染め上げてやる………さてと貴様らの心に良心

が育ったら………自責の念でキチガイ地獄に見えるこの

娑婆世界を乞食になって諸國放浪か……???
DATE: 2020/09/08(火)   CATEGORY: 自由詩
寝待ち月
夜半過ぎ昇る月の名「寝待ち月」感性冴え冴え日本の持つ美は
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.