FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2020/08/30(日)   CATEGORY: 自由詩
支配層に警告!
アルビノのドラコ、ブルーブラッドに警告!


四次元低層宇宙、平行宇宙、多次元宇宙etc.の

存在たちに警告!この三次元宇宙。物質宇宙に

触る奴等は、厳然と因果応報の理法がその存在ら

をレイザー光のように貫通し貫くから………

因果の巡りが蜘蛛の巣の様に纏わりつくから。

その行為に注意せよ!
スポンサーサイト



DATE: 2020/08/29(土)   CATEGORY: 自由詩
光とは?
光とは何でしょう。

光は分解します。

崩壊した光が電気です。

電気は、物質の中で自らを破壊する光なのです。

『黙示的な現代』シュタイナー 西川隆範編訳
DATE: 2020/08/29(土)   CATEGORY: 自由詩
晩夏の午後

『秋めく時に』

琵琶湖の鏡のような湖面に
真っ白の入道雲が映り込む

秋めいて空気も乾き
鮮明な対岸をのぞむ

今は晩夏と初秋が
入れ代わろうとして

夏をクリアーな秋が包み込む時

木蔭は涼しく
法師蝉が鳴き止まぬ

この澄み切った大気を
私の肺臓に分けてもらう

晩夏の午後
DATE: 2020/08/26(水)   CATEGORY: 自由詩
イルミナティーの終末演出


『堕天使どもの終末演出』

試しに新約聖書の『ヨハネの黙示録』を紐解いて

みるといい。時系列は無視して…今世界で起こって

いる事。黙示録の記述に酷似している。そりゃそうさ

イルミナティー13血族、ブルーブラッド、爬虫類人が

その圧倒的な技術力で地球環境にちょっかい出してる。

それ以外に太陽系自体の異変もあるのだが…見分けは

難しい。
DATE: 2020/08/25(火)   CATEGORY: 自由詩
光合成賛歌

『光降り注ぐ』

午後の気怠い光
ベランダに出て

晩夏の法師蝉を聴きながら
光を知性の光を
瞳いっぱいに受け入れる

細い息を吐き
短く吸うと

世界が止まる
光の知性のつぶてが見えて
緑の光合成が沈黙の合唱をして

私の夢が現実となると
教えてくれる
DATE: 2020/08/24(月)   CATEGORY: 自由詩
高位メーソンは堕天使
イルミナティーやら爬虫類人は、聖書外典の『エチオピア語
エノク書』の200人の堕天使かと…

『堕天使は妻をめとり、各人一人づづ女を選びこれと関係を
もち、交わりはじめた。女たちに医療、呪いを教え、薬草の
根や灌木の断ちかたを教え込んだ。彼女らははらんで、背丈が
3000キュビトというとてつもない巨人を生んだ。<中略>
そこで巨人たちは人間を食わんものと彼らに目を向けた。彼ら
は鳥や獣地を這う生き物や魚に対して罪を犯し、互いの肉を
くらいあい、血をすすりはじめた。その時、地はこの狼藉者
たちに対して非をならした。(第7章)
DATE: 2020/08/24(月)   CATEGORY: 自由詩
ヤァヴェの前に呪われる支配層
ヤァヴェの前に呪われる支配層
DATE: 2020/08/24(月)   CATEGORY: 自由詩
制服組か………
制服組に警告!

軍隊も公安も幹部の一部のみ再利用。

ほとんど奴らは、使い捨ての消耗品。

微々たる俸給で魂を売り悪業を積む。

子供や家族が可愛いのは誰も一緒!

善良な民衆を打ちのめした警棒を握る

その手で子供を抱くのか?無人攻撃機を

操ったその指で恋人を愛撫するのか?
DATE: 2020/08/24(月)   CATEGORY: 自由詩
終末の乱痴気騒ぎ
おい…支配層!

終末の乱痴気の塩梅はどうなんだい?

お前らご自慢のHAARPとやらで

一層 地球真っ二つに割裂いたら

イカガ(^。^)
DATE: 2020/08/22(土)   CATEGORY: 自由詩
エイトビートが…
支配層!あらゆるビート魂をブチ抜き邪悪遺伝子チリへ摧滅

*摧滅。砕け亡びる事。また砕き亡す事。
DATE: 2020/08/22(土)   CATEGORY: 自由詩
堕ちる白人
米英の自業自得のカルマ在り宇宙の掟堕ちる白人
DATE: 2020/08/20(木)   CATEGORY: 自由詩
カルマの借金
悪業を積みに積みにし支配層何度も受胎因果の支配は
DATE: 2020/08/20(木)   CATEGORY: 自由詩
着脱可能
コニュミズム着たり脱いだり自在なる毛沢東の思想を追いつつ
DATE: 2020/08/19(水)   CATEGORY: 自由詩
千年王国

『至福の時に』

仰向けに横になって静かに息

地球と大地に身体が溶けて

微睡みのエーテル遊泳の中

千年王国は中国共産党だと言う

想念が魂の光と共に浮かび上がる
DATE: 2020/08/17(月)   CATEGORY: 自由詩
恐怖のディズニーランド❣️
奴らは言うだろう。

「ようこそ恐怖のディズニーランド❣️地球へ」!と

メディア、権力者のフカシ、嘘っぱちを賢く見破れ!

この終末期の様な作為的乱痴気騒ぎを余裕を持って

勇気を持って遊泳セヨ!!!
DATE: 2020/08/17(月)   CATEGORY: 自由詩
我ら肉体派

『我々の肉体について』

あなた方は肉と骨の存在であると考えていますが、

実際は知的な電磁波の信号の組み合わせなのです。

『プレアデス+地球をひらく鍵』6章「光の定着」

バーバラ マーシニアック著
DATE: 2020/08/17(月)   CATEGORY: 自由詩
短歌二首
邪霊降りブードゥーマイルス白い粉鼻の粘膜充血出血


真言の法主呼び出し寝間急襲 頭蓋粉砕 血のキャタピラー
DATE: 2020/08/16(日)   CATEGORY: 自由詩
黒いオンナの太陽
黒い太陽

黒い太陽が
ロンドン ワシントンの天頂に置かれる
その時に子午線はギザのピラミッドに
その拠点を移した

黒い太陽は霊的な太陽
善であり悪であり
男であり女であり

真夜中の太陽
降霊のオレの屋根裏部屋で
オレをしっかり抱きしめる
黒いオンナの太陽
DATE: 2020/08/16(日)   CATEGORY: 自由詩
聖餐式について
キリストの身体=パンを食べ、キリストの血=ブドウ酒を飲む
ように言われます。「これは私の血である。これは私の身体で
ある」と…この儀式は、身体を食べ、血を飲むというのは共食いを
彷彿とさせる、古代からの爬虫類の影響の名残りです。

バーバラ マーシニアック
DATE: 2020/08/16(日)   CATEGORY: 自由詩
女性性について
女性は長い期間にわたって月経時の血は呪いであると

いい聞かされてきたため、自分自身の血を恐るように

なってしまいました。血液こそ女性の存在の根源であり

力であるということが分からなくなってしまいました。

『プレアデス+地球をひらく鍵』バーバラ マーシニアック著
DATE: 2020/08/15(土)   CATEGORY: 自由詩
『立原道造全集』6巻
かばの木の葉の葉むらの上に

水源の青い雲 白い空


かばの木の葉むらのかげに

水源の光のそよぎ

てりかへし


水音に隠れる蝶のかたち

しぶきに座ってゐる僕の姿

『立原道造全集』6巻
DATE: 2020/08/15(土)   CATEGORY: 自由詩
楽は虚より出ず
楽は虚より出ず。

『荘子』斉物論

音楽は何もないうつろな管の穴から生まれる。

同様に人間の感情の変化、起伏も特にそれを

引き起こす何かがあるわけではない。事実あるのは

奏でられた音であり、人間の喜怒哀楽だけである。
DATE: 2020/08/14(金)   CATEGORY: 自由詩
『礼記』より
仁は楽に近く、義は礼に近し。

仁すなわち真心の徳は、和合のはたらきを持つ音楽に
性質が近く、義すなわちまもるべきすじみちの徳は、
けじめを重んずる礼儀に性質が近い。

『礼記』楽記
DATE: 2020/08/13(木)   CATEGORY: 自由詩
立原道造

『詩は』

その下に行って 僕は名を呼んだ

詩は だのに いつも空ばかり

眺めてゐた 空の小鳥を 空の雲を

こはい顔をしてゐることがある

爪を切ってゐることがある

詩はイスの上で眠ってしまったのだ

『立原道造全集』第6巻
DATE: 2020/08/12(水)   CATEGORY: 自由詩
支配層落雷が
高みから雷(いかづち)落とす勢いで支配者どもを監視している
DATE: 2020/08/12(水)   CATEGORY: 自由詩
バチカン占領軍
バチカンの偽善者ども

バチカンの奥の倉庫に独占の古代魔術の公開迫る
DATE: 2020/08/12(水)   CATEGORY: 自由詩
『花』立原道造全集


窓ひらいた家に凭(もた)れ

人が本を読んでゐる

麦藁帽子 壁の百合の花

その顔に蝶が飛んでゐる

『立原道造全集』第6巻
DATE: 2020/08/12(水)   CATEGORY: 自由詩
アグネス チョウの今後
アグネス チョウの今後の身の振り方

秋元康に頼んでアイドルにしてもらう。

歌う時 雨傘を小道具に使う。

ゴタゴタとノイズはいいからさ………

お歌歌って(^。^)
DATE: 2020/08/10(月)   CATEGORY: 自由詩
大ユーラシア共栄圏
大ユーラシア共栄圏

ロシア、共産中国を中心とした

政治、経済、文化の共栄圏。

グローバリズムの真逆の政策。

固有の文化、言語、政策を大切に‼︎
DATE: 2020/08/10(月)   CATEGORY: 自由詩
中国共産党思想工作部神秘主義分室
中国共産党思想工作部オカルト分室

我が思想遍歴の果てに………

64歳を目の前にして。
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.