FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/08/31(金)   CATEGORY: 自由詩
悪魔の所産現代文明
消え去れや現代文明どん詰まり悪用・誤用 神の怒りが
スポンサーサイト
DATE: 2018/08/30(木)   CATEGORY: 自由詩
アメリカのカルマ鍋
コトコトと煮えるアメリカ カルマなべ因果は巡る殺人人種
DATE: 2018/08/29(水)   CATEGORY: 自由詩
安倍晋三様様は神様です!
安倍晋三さん……???

アメリカにゴマスリ。
アメリカポチしてりゃ!
CIAかどっか、ダーキーな勢力が
不正選挙でもマスコミ黙らす事でも
暗殺でも何でもしてくれるってサ!!!
DATE: 2018/08/29(水)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』高橋巖訳
9
私の我意を忘れさせるほどに
夏のおとずれを知らせる 宇宙の熱が
私の霊魂を 充す
霊視が 私に
自分を光に委ねよ と命じる
予感が 力をこめて 私に告げる
「おのれを見出すために
おのれを すてなさい。」
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
DATE: 2018/08/29(水)   CATEGORY: 自由詩
コーラ缶の鑑賞
もう半世紀も前の事…

缶コーラ目立つポストの上に置き鑑賞したは我が初めて
DATE: 2018/08/28(火)   CATEGORY: 自由詩
静まり返った夜
秒針が時の過ぎることを教える
身体を横たえて呼吸を聴く リズム
リズムが部屋を満たし始める
すると今日一日の印象が流れ出す
心が鎮まり鏡のような海面に風が立つ
陽光の輝きを思い出している
微睡みの寝息の中で
夢とうつつを行き交う 心
DATE: 2018/08/28(火)   CATEGORY: 自由詩
小惑星群の秘密
星一つ粉々になり弦足りぬ太陽系の負う宿命は
DATE: 2018/08/27(月)   CATEGORY: 自由詩
物欲に決着
物資の身体、物資に対する思い入れ、物に囲まれた
この生活、生命形態と如何に決別をつけるか、決着
するか?私の呟きはその事に尽きる。キリスト教的に
言えば肉の欲望とどう折り合いをつけるか?それを納得
する為に書き続けるのだろう。自らをのみ満たせばいい。
DATE: 2018/08/27(月)   CATEGORY: 自由詩
物理的宇宙ね…
まぁ…物理的宇宙もそれなりに美しかった。ハッブル光学
望遠鏡が映し出す、加工されているとは言え、光学的宇宙も
美しかったよ。しかし最後の審判後、我々が行く神の近くの
世界は音響、色彩、香り…言葉に尽くせないだろう。そこで
皆と再会だ!楽しみにしている。
DATE: 2018/08/27(月)   CATEGORY: 自由詩
完璧な解放の時
善良な者にとっての完璧な解放の時 審判の時
DATE: 2018/08/27(月)   CATEGORY: 自由詩
最後の審判で生命形態が変わっても
善性の完璧な勝利

「心の貧しい人々は、幸いである、
天国はその人たちのものである。
悲しむ人々は、幸いである、
その人たちは慰められる。
柔和な人々は幸いである、
その人たちは地を受け継ぐ。
義に飢えた人々は、幸いである、
その人たちは満たされる。
憐れみ深い人々は幸いである、
その人たちは憐れみを受ける。
心の清い人々は幸いである、
その人たちは神を見る。
平和を実現する人々は、幸いである、
その人たちは神の子と呼ばれる。
義のために迫害される人々は、幸いである。
天国はその人たちのものである。
私のためにののしられ、迫害され、身に覚えのない
ことであらゆる悪口を浴びせられるとき、あなたがたは
幸いである。喜びなさい。大いに喜びなさい。天には大きな
報いがある。あなたより前の預言者たちも、同じように迫害
されたのである。(マタイによる福音書5章)

*今、娑婆世界、煉獄で苦労に苦労を重ねている清き民衆は、
主の栄光の日に永遠の命にあずかるだろう事。今、権力とカネ
で我が世の春を謳歌している連中は、確実に堕地獄…自らの心
に聞いてみるがいい。悪事、狡猾な策略で今の地位を築いた…
権力者、カネ持ち…堕地獄だ!
DATE: 2018/08/27(月)   CATEGORY: 自由詩
生き死にかかる対決
星一つ生き死にかかる対決と肝に命じて悪に切り込む
DATE: 2018/08/26(日)   CATEGORY: 自由詩
詩人ルネ・シャール
お前は重荷を背負わずに横たわるほうが良い。翌日を夢見よ。
そうすれば、お前のベッドは軽くなりるだろう。お前の家に
もう窓ガラスがなくなる事を夢見よ。(ルネ・シャール)

*お前の家。おのれの内面。
*窓ガラス。意識。
DATE: 2018/08/26(日)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』高橋巖訳
9
私の我意を忘れさせるほどに
夏のおとずれを知らせる 宇宙の熱が
私の霊魂を 充す
霊視が 私に
自分を光に委ねよ と命じる
予感が 力をこめて 私に告げる
「おのれを見出すために
おのれを すてなさい。」
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
DATE: 2018/08/26(日)   CATEGORY: 自由詩
ロックデュオ
ロックデュオ産み出せなくて死んだ子の歳を数える君CDの中
DATE: 2018/08/25(土)   CATEGORY: 自由詩
李白
静夜の思い。

寝台の前にさしこんだ月光を、じっと見ている。
もしかしたら、地上におりた霜なのかと。
顔をあげて山の端(は)の月を望み、
顔をふせて遠い故郷を思うのだ。
『李白詩選』岩波文庫 松浦友久編訳
DATE: 2018/08/25(土)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』高橋巖訳
8
感覚の力が 勢いを増す。
神々の創造行為に助けられて
その力が 私の思考の力を 夢のくらい作業に引き下げる。
神的な存在が
私の魂に結びつ公とするとき
人間的な思考は 夢の中に
安んじて 身を委ねる
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
DATE: 2018/08/25(土)   CATEGORY: 自由詩
小惑星群の由来
マルディクと言われた惑星 粉々の小惑星へ魔術の戦で
DATE: 2018/08/24(金)   CATEGORY: 自由詩
フカシのウォーホール
レーニンやら毛沢東の肖像画かかげる君の身のほど知らず
DATE: 2018/08/23(木)   CATEGORY: 自由詩
銀河の恥
銀河の恥辱

原爆屋、原発屋、トランキライザー麻薬売りの医者。
ここの文明は、キチガイと守銭奴が大忙し。科学は、
黒魔術だし…銀河の恥、銀河の恥辱。まぁそんなとこ。
味噌糞一緒に終わります!善性の完全勝利!ワッハッハー
DATE: 2018/08/23(木)   CATEGORY: 自由詩
音楽三昧郷
音楽の三昧郷の住人は夢織る思い魂に積む
DATE: 2018/08/23(木)   CATEGORY: 自由詩
地球紀の進化
身体捨て今こそ進化善良な地球の民よ神を讃美し
DATE: 2018/08/22(水)   CATEGORY: 自由詩
主の栄光の日に狼狽えないために
大地に聞いてみるがよい。大地は自分こそその上に生まれてきた
全ての者のために嘆くのが当然だと答えるだろう。今迄に生じた
全てのものは大地から生まれ、その他のものもこれから生まれる
であろう。しかし、見よ、殆ど全てのものが滅びに向かって急ぎ、
多くのものは破滅する運命にあるではないか。『第四エズラ』
DATE: 2018/08/21(火)   CATEGORY: 自由詩
至高者のお告げ

『みよ、お前たちは誰を否定し、誰に仕えなかったか、誰の
戒めを守らなかったか。今こそ思い知れ。こちら側と向こう
側とを比べてみよ。ここには悦びと休息があり、向こうには
火と刑罰がある』。
DATE: 2018/08/21(火)   CATEGORY: 自由詩
第四エズラ書
お前はなぜ悩むのか、滅びるべき者である事を悟っているのに。
なぜ動揺するのか、死すべき者であると知っているのに。どうして
今あるものではなしにやがて来るべきものに心の思いを集中しないのか。
『旧約聖書外典』第四エズラ
DATE: 2018/08/21(火)   CATEGORY: 自由詩
Lennon坂
Lennon坂 登り切ったら見晴らしのチェスターの墓 花を手向けて
DATE: 2018/08/20(月)   CATEGORY: 自由詩
ウォーホールの罠
魔術だろウォーホールのかけた罠コマーシャリズムの入れ墨を消す
DATE: 2018/08/19(日)   CATEGORY: 自由詩
ウォーホールのご乱行
ウォーホール小刀持って自画像のシルク印刷切り裂き笑え
DATE: 2018/08/18(土)   CATEGORY: 自由詩
リンキン・パーク
知恵、正義そして愛(リンキン・パーク『ア サウザント サンズ』)
2010年作品
「今夜この偉大な教会へとやってきたのは、私の良心がほかに選択肢を
与えないからだ…真の価値観の変革は、世界の秩序に手をかけ、戦争に
ついてこう語るだろう、『こんなやり方で意見の相違を解決するのは
間違っている』と。人間をナパーム弾で焼き、この国の家を孤児と未亡人で
あふれさせ、本来は人道的な人々の血管に憎しみの毒薬を注射し、真っ暗で
血まみれの戦場から身体も精神にも異常をきたした兵士を送り返す、そんな
やり方は決して、知恵、正義そして愛とは相容れないものである…」


*なお、後半部「本来は人道的な人々の血管に憎しみの…」以下は、
●●水脈、麻生太郎、フランスでの河野太郎などの行状に端的に現れ
ている。自分が地獄行きだから皆を巻き込もうという事…
DATE: 2018/08/17(金)   CATEGORY: 自由詩
狂気の天気
ふと晴れ間 狂気の天気ウソのよう穏やかに過ぎ青空に神
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.