FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/05/31(木)   CATEGORY: 自由詩
『戦いの規律』死海文書
いにしえよりあなたは、み手のみ力がキッテムの上に挙げられる時を
予告しておられた。
「アッスリアびとはつるぎによって倒れる、人のつるぎではない」
(死海文書『戦いの規律』11巻)

*あなた。神自身。
*アッスリア。今で言う米英仏、NATO、有志連合の国々。
スポンサーサイト
DATE: 2018/05/31(木)   CATEGORY: 自由詩
子宮頸がんワクチンと松たか子
子宮頸がんワクチンと松あきら

特に、公明党の松あきら議員の夫・西川知雄氏は、
子宮頸がんワクチン「サーバリックス」の製造メーカー
であるグラソスミスクラインの顧問弁護士だということが
大きく関係しているのでしょう(医療情報誌月刊「集中」)
DATE: 2018/05/31(木)   CATEGORY: 自由詩
天変地異の理由
天変地異の理由

主の怒りは燃え上がり、地は揺れ動く。
山々のもといは震え、揺らぐ。
み怒りに煙は噴き上り
み口の火は焼き尽くし、炎となって燃えさかる。
主は天を傾けて降り
密雲を足もとに従え
ケルブを駆って飛び
風の翼に乗って行かれる。
<中略>
み前にひらめく光に雲は従い
雹と雨が続く。
主は天から雷鳴をとどろかせ
いと高き神はみ声をあげられ
雹と火の雨が続く。
主の矢は飛び交い
稲妻は散乱する。
(旧約聖書 詩篇18章8節〜15節)
DATE: 2018/05/31(木)   CATEGORY: 自由詩
メーソンの目的
悪魔主義者は、医薬や添加物や農薬や放射能といった毒が
我々の肉体だけでなく我々の「霊性」と言われれるものまで
傷つけると信じているのだ。内海聡著『この世界の秘密』
*悪魔主義者。メーソン、イルミナティー。


悪魔が欲しているもの、それはあなた方が現在も苦しみ
近未来でも苦しみ死ぬときも苦しみ死んだ後も苦しみ、
そして生まれ変わってからも苦しむ姿なのである。
*悪魔、イルミナティー、メーソン。
内海聡著『この世界の秘密』
DATE: 2018/05/31(木)   CATEGORY: 自由詩
科学の進歩
人間のおごりについて

科学技術の進歩……???
まあ、あれだけの論理脳とカネとヒマをかけて、
たったこれだけの進歩?自然界の下の下、自然を
模倣しても全く追いつかない幼稚な技術。たった一枚の
木の葉の光合成さえ模倣できない。人間の理性。もう
いい加減、その高慢な態度を改めたら…人間の限界を
いやとう程、突き付けられていることを分かっているの⁇
DATE: 2018/05/30(水)   CATEGORY: 自由詩
この世の平和
アメリカとイスラエルとも亡きものにこの世は何と平和に満ちて
DATE: 2018/05/30(水)   CATEGORY: 自由詩
ゲバルト
ゲバルト(北村太郎)
<米兵・イスラエル兵は 今。或いは米将校の日常>

きみの快楽はせいぜい
悩めるナルキッソスをなぞり
きみの泥酔は
パスカルくんの臨終の
糞の詰まったはらわたの
痛さをイメジするくらいだ
そこからさきは
時が死ぬ

罐詰の鮭肉みたいに
さえない思想
人体解剖図は自動車構造図と
おなじであります
ぼくは信ずる
反思想を
<後略>
DATE: 2018/05/30(水)   CATEGORY: 自由詩
断頭台に消えるブルジョアの懺悔
或る光栄
(断頭台に消えるブルジョアの懺悔)

おれは村を知り 道を知り
灰色の時を知った
明るくもなく 暗くもない
ふりつむ雪の宵のような光のなかで
おのれを断罪し 処刑することを知った
焔のなかに炎を構成する
もえない一本の糸があるように
おれはさまざまな心をあつめて
自ら終わろうとする本能のまわりで焚いた
世のありとあらゆる色彩と
みおぼえのある瞳がみんな
苦悩のいろに燃えあがったとき
おれは長い腕を垂れた
無明の時のしるしを
額にながしながら
歩いてゆくおれに
なにか奇妙な光栄が
つきまといするというのか
(谷川雁詩集より)

*(断頭台に消えるブルジョアの懺悔)は、私の編集。
*ブルジョア…断頭台に消える事がお前らの光栄。
*フランス革命でお前らが為したことのカルマ…
DATE: 2018/05/29(火)   CATEGORY: 自由詩
光の子と闇の子の戦い 死海文書
光と闇の子の戦い 死海文書より

(戦いの規律 第15巻)

この時こそが、イスラエル(シオニストではない)の神にとって
悩める時であり、あらゆる諸族との戦いに招集がかけられる時
である。そこには、神の陣営にある者に対する永遠の救済があり、
よこしまな者に対する破滅がある。
戦いの準備ができている者は、繰り出して行き、キッテムの王と、
神の軍団による報いの日のために集まったベリアルの全軍の前に、
宿営する。その後、祭司長は他の祭司やレビ人、軍の全戦士とともに
立ち上がり、来るべき時を目前にして、「規律の書」に書かれた
「戦いの時」という祈りを暗唱し、賛美歌を歌う。<後略>

*支配者1%の闇の子のと99%の善良な民衆、光の子の戦い………
DATE: 2018/05/29(火)   CATEGORY: 自由詩
神の光線
銀線で神と結ばれ祈る日は誰一人とて口は出させぬ
DATE: 2018/05/28(月)   CATEGORY: 自由詩
恐怖政治

「恐怖政治(テロル)が私たちを包囲する。合衆国と言う
芸術的反=生命と余暇のあらゆるハンドルを独占し、
絶対的な屠殺(とさつ)解体業者として支配しようとしている。」
(1937年7月ルネ・シャール)
*ナチズムと言うを合衆国と言うに編集。
ナチズムは肉体を屠殺したが合衆国は「意識産業」を使って
魂を屠殺、大虐殺する。
DATE: 2018/05/28(月)   CATEGORY: 自由詩
吐き捨てる音楽
吐き捨てるゾウリのようなCDに生命を張るも勝手気ままだ
DATE: 2018/05/28(月)   CATEGORY: 自由詩
マンモン
アメリカの神 父でなくドル札インクが臭うマンモンの神

*マンモン=カネの神、悪魔
DATE: 2018/05/27(日)   CATEGORY: 自由詩
法治国家にあらず
巨悪は見ても見ぬふり。
微罪の民衆を検挙。
警察は権力のイヌ。
我が日本国は法治国家にあらず。
それなりの対応!
DATE: 2018/05/27(日)   CATEGORY: 自由詩
張りぼて文化
ペラペラのアメリカ文化つまみ食いヒマを潰すに程よい出来の
DATE: 2018/05/27(日)   CATEGORY: 自由詩
支配層の行方
支配者1%のゆくえ

誰も知らない。お前らの血塗られたその手を。
すべて知っている。お前と神は…
権力の人殺しのカルマ、何処へ行く。
死後の世界の審判は、それは、それは、厳しい。
俺は確信する。お前ら耐えられずに、因果応報。
「気狂い地獄」へ堕ちる。
DATE: 2018/05/27(日)   CATEGORY: 自由詩
支配者は 今
殺人よりも凶悪に支配者は…

全体主義の催眠の中で、魂を屠られて行く民衆。
DATE: 2018/05/27(日)   CATEGORY: 自由詩
父の持ち物
キリストの血を流すほどヒト愛す人類どもは父の持ち物
DATE: 2018/05/26(土)   CATEGORY: 自由詩
天使を見る 歌詞について
天使は雲の動きや
太陽光線の中に存在するだろう

間違っちゃいけないのは人間を天使に仕立て
翼の生えただの折れた翼がどうしたこうした

よく三流ロック職人の唄に出てくるヤツ
聞いている側に幻想を与え
俺は天使だ!と言いたげな凡庸な歌手
天使の街角…これ人間が天使だと暗黙の了解

天使は霊眼が無くとも
空を見上げ ゆっくり動く雲を眺めていと
確実にその青空と白い雲の流れに天使は見える
DATE: 2018/05/26(土)   CATEGORY: 自由詩
ハリウッド エジプト魔術
イメージやらメロディーやらをハリウッド幻想見せてエジプト魔術
DATE: 2018/05/17(木)   CATEGORY: 自由詩
ペテン帝国 アメリカ
ゆらゆらとペテン帝国アメリカの言う事聞いて戦争戦争

*明日から一週間ほど、投稿を休みます。
いつも閲覧ありがとうございます。
DATE: 2018/05/16(水)   CATEGORY: 自由詩
『死のレッスン』石田秀実著
欲望の網の目は、快楽の糸で織り上げられた、幻の地獄だ。
快楽原理が導いていく、差異と位階の迷路地獄。功利主義や
人間中心主義が、その地獄を天国であるかのように飾り、歪め
続ける。死は、この幻の網の目から抜け出る方向を、私達に
教えてくれるのだ。
『死のレッスン』石田秀実著
*メーソンの33位階。会社組織。etc。
DATE: 2018/05/16(水)   CATEGORY: 自由詩
エルサレムの神殿
ありありとニュー エルサレム魂の中に存在 大地はいらぬ
DATE: 2018/05/15(火)   CATEGORY: 自由詩
内面の旅
ミゾオチに煙る荒野の広々と内面の旅小屋をまず建て
DATE: 2018/05/14(月)   CATEGORY: 自由詩
アメリカの公共事業
アメリカの公共事業 戦争のカルマ熟して今 落ちるとこ
DATE: 2018/05/13(日)   CATEGORY: 自由詩
毛沢東のゲリラ論
ジョン・レノンのマインド ゲームを聴きながら

毛沢東のゲリラ論の中に「農村部が都市部を包囲する」と
言うのがあったと思う。現代風に焼き直せば「民衆99%が
支配層1%を包囲する」みんなスマホで支配層1%の挙動を
動画で映しNSNに投稿だ!政治屋、経済界、高級役人…
白日の元に奴らを晒し者にする。
DATE: 2018/05/13(日)   CATEGORY: 自由詩
在天の父の仕事
チェーンソウ不動の首を削ぎ落とし父の仕事が一つ終わった
DATE: 2018/05/13(日)   CATEGORY: 自由詩
今の権力者は人身御供
トランプ、ネタニアフ、メイ、マクロン、サウジの王子。
NATO、有志連合の高級将校…マヤの儀式の人身供養の
格好の要員。ピラミッドのてっぺんでマヤの司祭にナイフで
心臓をくり抜かれる。ウフフ…せいぜいカネのために人殺し
するがいい。因果の理法は冷徹でギロチンのようにその首を
落とし。マヤの司祭の如く石斧でその心臓をくり抜く。
今の旧西側自由主義諸国の権力者は人身御供の材料。
マッテロヨ………!!!
DATE: 2018/05/12(土)   CATEGORY: 自由詩
自由幻想
アメリカの自由幻想しょい込んで健全娯楽に義務の9時5時
DATE: 2018/05/12(土)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』シュタイナー
52
霊が 魂の深みから
宇宙存在へと 向きを変える時
そして美が 宇宙の拡がりから湧き出る時
生命の力が 天空の彼方から
人体の中に入り、
そして力強く働きながら
霊の本質を 人間存在とひとつにする。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
*今日で『魂のこよみ』最終です。
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.