FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/11/19(日)   CATEGORY: 自由詩
アメリカ人は
アメリカ人殺人王の異名持ち無差別乱射 空爆の日々
DATE: 2017/11/19(日)   CATEGORY: 自由詩
ロックフェラー家、ロスチャイルド家への警告
あなたの御手は敵のすべてに及び
右の手はあなたを憎む者に及ぶ。
主よ、あなたが怒りを表されるとき
彼らは燃える炉に投げ込まれた者となり
怒りに呑み込まれ、炎になめ尽くされ
その子らは地から
子孫は人の子らの中から断たれる。
彼らはあなたに向かって悪事をたくらみ
陰謀をめぐらすが、決して成功しない。
かえって、あなたは彼らを引き倒し
彼らに向かって弓を引き絞られる。
詩篇21章9節〜13節
DATE: 2017/11/19(日)   CATEGORY: 自由詩
秘密結社殲滅作戦
歌 耐える夜の(入沢康夫)

賤しい血
1
なべて有情の吐息を押し流す大河のほとりで
ばらばらにされた四肢を 人目を忍んで
生木の枝のように藤蔓(ふじずる)でたばねる
そして恋の焼棒杭に高々と吊るす

*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2017/11/19(日)   CATEGORY: 自由詩
ナグ・ハマディー文書
ナグ・ハマディー文書

霊の泉が光の活ける水から流れ出て、すべての
アイオーン(流出)とあらゆる形の世界の支度をした。
彼は自分を取り巻く純粋な光の水の中に自分自身の
像を見たとき、それを認識した。すると彼の「思考」が
活発になって現れた。それは光の輝きの中から彼の前へ
歩みだした。
DATE: 2017/11/19(日)   CATEGORY: 自由詩
古代中国の格言
出典は、明らかではないが。古代中国では
人心が乱れると天変地異が多くなると説いている。
道教か諸子百家が言った事と心得る。太陽フレアが
活発だ。人間の行為が太陽系に影響を与える。
人、人は不思議だ。人智学のシュタイナーなどは、
宇宙は人間存在のためにあるとまで言っている。
DATE: 2017/11/18(土)   CATEGORY: 自由詩
きれいにざんこくに或いは資本主義
眩ゆいばかりに
デコレートされた
溢れかえる商品

小綺麗に着飾った娘たち
頬に手を当て 思案顔
一体 彼女らの目は何を見ているのか?

公害で白い腹を見せて魚が浮いている
緑の汚染水は垂れ流されて

限りなく広がる貧富の差
資本主義はミッキーマウスの
餌になったそうだ

恐ろしく美しくラッピングされた商品は
空爆で殺された子供達の血糊で包まれて

きれいに ざんこく
きれいに ざんこくに
あるいは資本主義
DATE: 2017/11/17(金)   CATEGORY: 自由詩
黒い水母
黒い水母(那珂太郎)全文

どろどろどろどろどろどろどろどろ
葬列の太鼓の響きよりものうく
老い朽ちた陸橋を渡ってゆく
跫音(あしおと)のかげ
黄昏のレントゲン線に透けてみえる
黒い水母のむれ
びれびれと触手そよがす海藻の間をぬって
どこまでそれは流れて行くか
海底にくらく蹲(うずくま)る
煉瓦の巨体の雁首から
無意味な煙はたえずきな臭く立ちのぼる
それは屍を焼く火葬場ではない
無期徒刑囚の
牢獄でもない
しかしそこから吐き出されるのは
口の縫いふさがったやつ
眼玉を刳りぬかれたやつ
手足の関節を外されてぶらんぶらんさせてるやつ
垂れこめた雨に朦朧とけぶる
それから歪曲された 畸形の生物
やぶれた皮膚に紫の血をにじませ
黄い蛔虫(かいちゅう)を尻からたらして
へんに透明な 揺れうごくうどんこの
臓腑
に詰まった古い記憶ーー
不滅の真理
自由

それは腐って屍体にひとしい悪臭をはなつ

醜怪な文明のメカニズムの中から吐き出された
メタンガスの暖気のような 気泡のような
黒い水母たち
彼等は向かうべき方向をしらない
行きつくべき目当てをもたない
かなしい
盲の
実存よ

砕かれた時間の夜光虫きらめく
焦げ残りの肋骨
ひん曲った鉄柱の錆びた傷口
をひざらして注ぐ雨


西北の空を稲妻が引き裂けば
映し出されたアスファルトの背筋のうねりに
白濁の膿汁と
赤黒い血液と
互いに交ざらぬニすじの流れ
その無気味な電流のエスカレーターにのって
意志もなく彼等はどこへ漂うーー
虚妄の明日の希みを灯す
贋造ダイヤの光ゆらく街区の方へ?

ああ 陰湿なこの国の梅雨季のなかを
萎えた手足は右にゆれ 左にゆれ
眼もない
口もない
喪神のパラシュートのむれはただただ沈降して行く

*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2017/11/17(金)   CATEGORY: 自由詩
アフォリズム
朝間のやわらかい陽光にまどろみ風の吹く
場所で追憶の音楽ハープが奏でられ
クリスマスツリーの様に輝く噴水


白光のミカエルのような米兵がエデンの園を
銃で守る 今日もショピングモールはキラキラ
にぎわう


私に残された時間を考える
時は益々その矢の速度を早め飛んでゆく
一つでも多く言葉を残す 思索セヨ!
DATE: 2017/11/17(金)   CATEGORY: 自由詩
自由律短歌三首
風の強く吹く午後は異星の都市の我の
片割れ想う もう日が暮れてゆく我一人見詰めて


世界を照らし出した陽も傾いて
暗くなった部屋 窓辺に近づき本を読む


風がコーコーと鳴いて鳥も飛ばぬ夕暮れ
原付バイク一台路地を通り過ぎて
DATE: 2017/11/06(月)   CATEGORY: 自由詩
権力者を叱る
権力者に怒るのではなく叱る。
このまま悪行を続けて行くと今生に結果が出なくても
来世重いカルマを背負い込むことになると諭す。
自身が見境なく怒れば自身のカルマに良くない影響がある。
怒るのではなく権力者を叱る。もう手遅れの奴も居そうだが…
DATE: 2017/11/06(月)   CATEGORY: 自由詩
聖書が地上に降りて来る
高橋巌先生のシュタイナー講義読み返して見る
一流の思想家に一流の翻訳家 宝の福音書講義



北極に向かって聖書が回転しながら降りてくる
夢 何度も見ているこの日々


多くの世代を通過して文字が踊る
思考の後を追って多くの言葉が語られてゆく


*投稿を都合で10日ほど休みます。
DATE: 2017/11/05(日)   CATEGORY: 自由詩
不安
世界に漠とした不安が広まっても 神 想うだけで
心の安らぎ得られて キリストは我が友
DATE: 2017/11/05(日)   CATEGORY: 自由詩
幻の城
ロックミュージシャンよ長い長い理想の地へのたびの途中
大きなツアーを企画して我々に勇気と休息を与えてくれ
幻の城のような
DATE: 2017/11/04(土)   CATEGORY: 自由詩
詩人 ルネ・シャール
夜の土地(死の商人に)

いぶる この炉に
血を流す この家に
おなじ愛が まためぐり来るためには
だが うつろなままの方がよいだろう
蛇のとぐろまく屋根裏部屋で
人殺しをした者たちが 幸福であるよりは

ルネ・シャール『原初の沖積土』
DATE: 2017/11/04(土)   CATEGORY: 自由詩
生きている神
キリストを磔刑にかけてしまった人たち
愚かさと無知とそねみ それら合わせ持つユダヤ


神のご臨在信じる者この地球の生命圏の奇跡
神のご計画の一部と知った目に心は開ける
DATE: 2017/11/03(金)   CATEGORY: 自由詩
アメリカに明日はない
U2が、音楽ヴィデオでアメリカの融和を画策しようとも
それは徒労に終わる。テロ一発!全ては灰塵に帰す。
ウフフ…分断がアメリカを覆い、怒りと憎しみで大陸は
沈み込む。まるで一頃の日本のように…ウフフ。
アメリカに明日はない!
DATE: 2017/11/03(金)   CATEGORY: 自由詩
アメリカの老ペテン師
もうアメリカには騙されない

どんな民衆を魅了するメロディーを聞かせようが、
どんな刺激的な映画のストーリーだろうが、
ヤンキーズが勝とうが、スーパーボウルが中継されようが
もうアメリカには騙されない。戦争の犬アメリカ!
敵も味方も見境なく武器を売りつけ、ほくそ笑む奴が
アメリカ大陸に一人でもいるなら…大西洋に叩き落としてやる!
DATE: 2017/11/03(金)   CATEGORY: 自由詩
寄生虫の巣
徳政が敷かれなければならないカスミガセキは
エルサレムの神殿のように
キリストの祈りの家が強盗の巣になったように
国民民衆の祈りの家 が変わり果て
カスミガセキは強盗利権集団の巣窟になって
DATE: 2017/11/03(金)   CATEGORY: 自由詩
息づかい
風は一日騒いで 僕は静かに読書にふける
明るい部屋で陽光の中で希望を見つけた
神は必ずそこにいる その息ずかいが聴こえた
DATE: 2017/11/02(木)   CATEGORY: 自由詩
サーファーのごとく
波乗りの波待ちのようにチャンスを待っている
言葉の海から湧き上がる一言心動かす瞬間があることを
DATE: 2017/11/02(木)   CATEGORY: 自由詩
夢を置き忘れて
明るい空に小鳥の鳴き止まぬところで
ベランダに椅子をしつらえ読み散らかした本に目を落とす


夢を一つ街角に置き忘れて空を舞う光に
しだいに溶け込む夢はもう自然の環境の一部だ
DATE: 2017/11/01(水)   CATEGORY: 自由詩
アメリカの占領下
天では太陽フレアが激しく爆発し
大地では大地震 天変地異が絶えない

国々ではナチス、国粋主義、ファシズム
人々は天使、悪魔、空想の存在に翻弄されて
かたや砂を噛むような現実が待っている
何かが違う 大ウソが大手を振って闊歩する
悪魔の自由幻想まるで映画の『マトリックス』…
数値化と空想・幻想。何かが画策していると思う?

俺は、静かな南の孤島に引っ込んだ
少なくとも感覚は正常でいられるから…
日本はいまだにアメリカの占領下!
一人、真の独立を叫ぶ…
DATE: 2017/11/01(水)   CATEGORY: 自由詩
『ブラックスター』.DAVID BOWIE

『ブラック スター』
作詞・作曲 DAVID BOWIE
愚か者どもの館に
愚か者どもの館に
燈がひとつ立つ

すべての中心に
すべての中心に
汝の瞳が

裁きの日に
処刑の日に
女たちのみが跪き微笑むのだ

全ての中心で
全ての中心で
汝の瞳
汝の瞳が

愚か者どもの館に
愚か者どもの館に
燈がひとつ立つ

すべての中心で
すべての中心で
汝の瞳
汝の瞳が
*ショスタコーヴィッチの共産官僚を批判した
死後に出版された手記のようだ。
愚か者とは、メーソン、イルミナティ、死の商人。
DATE: 2017/11/01(水)   CATEGORY: 自由詩
強欲の米国
強欲の米帝国に乗っ取られ民衆抑圧3S輝く
DATE: 2017/11/01(水)   CATEGORY: 自由詩
独立運動
米からの真の独立このコブシ振り上げ振り上げ声枯れるまで
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.