FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/05/31(水)   CATEGORY: 自由詩
夏の野外ロックコンサート
野外ロックコンサート。
湿った疾風が吹いたかと思うと、
空は一転、積乱雲が押し寄せ、雨が落ち始める。
スタッフがPAやら楽器やらにビニールシートをかける。
PAの巨大なスピーカーから雨の雫が落ちる。
とてつもない音圧でクジラが水中で発する鳴き声が、
さざ波の音にかぶさる。
スポンサーサイト
DATE: 2017/05/31(水)   CATEGORY: 自由詩
トーキングヘッズの歌詞を分析
ネットラジオからピンクフロイドの
「我々は凡庸な人間だった」
と言う歌詞を聞きながら
鎮魂される何人の人が諦めたか?
などと考えつつ
トーキングヘッズの邦訳を分析している
ここが踏ん張りどころ努力して負けない
気迫を漲らせ歌詞を読み込む精読
努力は来世のために天に富積む
DATE: 2017/05/31(水)   CATEGORY: 自由詩
ペガサス
梅雨の合間の夕暮れ
大いなる日輪が沈みゆく

遠くはなれた茂みにミミズクの声
神秘の闇を呼び込む

昼間の鳥たちは寝ぐらへと急ぐ
また梅雨曇りの空を飛翔する
私の内部の魂は空へと憧れ出て
天空を思い通りに駆け回る

白い天馬を一瞬見た
DATE: 2017/05/31(水)   CATEGORY: 自由詩
太子毒殺日本人
太子毒殺 日本人

聖書の聖句で太子毒殺者にぴったりの言葉

正しい方が来られることを預言した人々を殺しました。
そして今や、あなたがその方を裏切る者、殺す者となった。
『使徒言行録』7章52節
DATE: 2017/05/30(火)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』シュタイナー高橋巖訳

『魂のこよみ』シュタイナー高橋巖訳

この強い日ざしの中で
叡智の知らせを 受けなさい
宇宙の美に帰依しつつ
お前の中に お前を感じながら 生きなさい。
そうすれば 人間自我が 自分を見失っても
宇宙自我の中に 自分を見つけ出すことができる。

*『魂のこよみ』高橋巖訳は、ちくま文庫。
税込972円。座右の銘に!
DATE: 2017/05/30(火)   CATEGORY: 自由詩
夏の意志
夏の意志は、私たちを宇宙の彼方に導く。夏の意志、
暖かい意志はいたるところに、私たちの思考を運んで
いく。冬の意志は思考を私たちの頭の中に運び込む。
『秘儀の歴史』シュタイナー 西川隆範訳
DATE: 2017/05/30(火)   CATEGORY: 自由詩
不死身の芸術家
高貴な人間が何百年にもわたって
自らに等しいものに働きかける。
善き人間が目指すものは、
人生という狭い空間の中では到達できない。
それゆえに人間は死ののちも生きて
生きていたときと同じように働く。
善き行い、美しい言葉を求めて、
死ぬほど努力したように、いまや死ぬことなく努力する。
芸術家よ、君は限りない時を貫いて生きる。
不死を楽しむがよい。(ゲーテ)
DATE: 2017/05/30(火)   CATEGORY: 自由詩
神はハンディキャップ戦を戦う
皆さまご存知の通り神は『全知全能』。だから
倦怠に包まれているのでは?彼は決して新約に
記述されている以上の能力をこの世に顕現しない。
一種のハンデキャップ戦を戦うのではないか?
就寝前にふと思ったこと…だけれど。
道義的に正しき民衆に神の豊かな恩寵があるように。
お休みなさい。アーメン
DATE: 2017/05/29(月)   CATEGORY: 自由詩
黄金の時代
黄金の時代

ますます混迷を深め
酩酊している為政者
言葉はいらない
その方が真実を事実を伝える

混乱した頭 感覚 理性
魔物に憑依された権力者
言葉は保身の為だけの嘘っぱち

しかし我々は確かに在天の父の
足音を聴いた彼がいる 彼が来る
我々は確かにエデンの夜に眠れるのだ
神に天使たちに護られ見とられて休む
DATE: 2017/05/29(月)   CATEGORY: 自由詩
古代の学問
古代においては宗教と芸術と学問は分離されておらず、
この三つは一体を成していたと、人智学的世界観の中で
しばしば強調されました。宗教と芸術と学問の統一は
秘儀の中で守られてきたのです。
『芸術と美学』シュタイナー 西川隆範訳
*Amazonでシュタイナーで検索して、彼の著書を読んで
見てください。比較的安価で手に入ります。
DATE: 2017/05/28(日)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』高橋巖訳



『魂のこよみ』シュタイナー高橋巖訳

こうして私は 今
自分の存在を こう感じるーーー
宇宙存在から遠くはなれ
自分の中で 自分を消滅させようとする。
自分だけを 拠(よ)りどころにしていれば
自分の中で 自分を殺すしかない。

*『魂のこよみ』高橋巖訳は、ちくま文庫。
税込972円で購入できます。ヨロシク!
DATE: 2017/05/28(日)   CATEGORY: 自由詩
雨の日には
雨の日には、きみの銃の手いれをするがよい
(武器を、ものを、言葉を、ととのえるのか。
自由と虚偽と、火と罪の火とを、見わける
すべを心得ることだ)。
ルネ シャール『痙攣した晴朗さのために』
DATE: 2017/05/28(日)   CATEGORY: 自由詩
宮古島は梅雨
雨音を軽い寝息を立てて聴いている
シトリ シトリ シトリ シトリ
一生の記憶が積もり
大地へと還ってゆく
流れ行く時の音か…

夢を一つ見せてくれぬか
魂の大海に浮かぶ楽園よ

シトリ シトリ シトリ シトリ
雲が深く垂れ込めて
薄暗い寝間

読みさしの本が
呼吸とともに胸の上で
うねりを行く船のように
揺れて
夢は
深く
DATE: 2017/05/28(日)   CATEGORY: 自由詩
金正恩氏にその5
金正恩氏にその5

まだ君を信じているんだこの空を見晴らしながら半島を呼ぶ
DATE: 2017/05/27(土)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』シュタイナー高橋巖訳

『魂のこよみ』シュタイナー高橋巖訳

不思議な力で
新しく受けとったものを
思い出に包み込む。
それが 私の努力の さらなる目標だ。
この目標が 私の内部の力を
呼びさまし
成長する私を 私自身に授ける。
DATE: 2017/05/27(土)   CATEGORY: 自由詩
宮古島の海風
窓を開け放ち
風をこの海風を
部屋に招き入れると
季節は初夏 胸いっぱいに
湿り気を帯びた大気を吸い込み
午後の微睡みは近い

遠く微かに蝉鳴く声が風に乗る
夢織ろう…地球の未来の子供達の

この海風が吹き抜け
想いを全世界に運ぶ
DATE: 2017/05/27(土)   CATEGORY: 自由詩
『現代の神秘学』高橋巖著
ものを誰かに分けてあげるという行為は、そのことだけを
唯物論的にとりあげれば、自分からなにかが減ってゆくこと
なのですけれども、目に見えないところでは、その人自身を
豊かにしているのです。『現代の神秘学』高橋巌著
DATE: 2017/05/27(土)   CATEGORY: 自由詩
日蓮の比喩

「人の前を照らすと、自分のの前も明るくなる」

*自身が創価学会員だった時、習った日蓮の比喩。
池田大作先生も亡くなったか前後不覚の植物人間…
公明党はCIAの手先。時代は歴史は動いてるもの。
DATE: 2017/05/26(金)   CATEGORY: 自由詩
トッドラングレン『白騎士』より
Todd Rundgren『White Knight』より

『Come』翻訳Kuni Takeuchi
そこには自由がない
僕らは自由ではない

時の流れは僕らが作ってきたものを消し去る
人は何を残したかによって評価される
他の連中は背を向けるが僕らは
大いなる変化を目撃することになる

最前線は僕らの裏庭にあり
僕らは誰の目にも見える所に旗を掲げる
あなたはその時が訪れた時には
あなたは来てくれますか
僕と一緒に

トッド20年ぶりの「本気」のアルバム!
やった!トッド!
DATE: 2017/05/26(金)   CATEGORY: 自由詩
ヴォーカルの秘密
言葉を発すると、空気の動きの中に思考をこめることが
でき、波動がその動きの中を進むことによって、言葉が
人々の耳に達します。
『芸術と美学』よりシュタイナー 西川隆範訳
DATE: 2017/05/26(金)   CATEGORY: 自由詩
オカルティズムの勉強
オカルティズムを初めて勉強するなら高橋巌先生の
『神秘学講義』『神秘学概論』が分かりやすいです。
先生の講義を直接聴きたければ、日本人智学協会の
ホームページですと分かると思います。確か東京、横浜
京都でご講義なさっていると、記憶しています。
本はAmazonで手に入れて下さい。
DATE: 2017/05/25(木)   CATEGORY: 自由詩
アメリカの腑分け
アメリカの腑分けをしたしハリウッド死の商人や野球選手やら
DATE: 2017/05/25(木)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』

『魂のこよみ』シュタイナー 高橋巖訳

霊の贈り物を
内部に生かすために
予感が私にきびしく命ずるーーー
神の豊かな賜物(たまもの)が
魂の奥底で 自分である という果実になって
実をむすぶようにせよ。
DATE: 2017/05/17(水)   CATEGORY: 自由詩
日本滅びよ!
日本亡びよ!

じゃ、上京のため。
搭乗手続きに入ります。
日本滅びよ!
DATE: 2017/05/17(水)   CATEGORY: 自由詩
肉牛官僚
シャブと利権。これは、双子の兄弟。
一度やったら、やめられない…
いくらお前らに来世アメリカ産肉牛に
産まれ変わると説いたって、目先のカネ!
官僚!いくらペーパーテスト出来たからって
それ肉牛に産まれ変わるため?演習か…
ご苦労さん!
DATE: 2017/05/17(水)   CATEGORY: 自由詩
アメリカ殺人人種
オレ達、たちの悪いとんでもない詐欺にあっている。
自由の幻想を植え付けられ、遺伝子組み換え、ホルモン
を注入された肉を食わされ、医療は、利権だらけ。
真の敵は誰なんだ?アメリカと即答できたらまだ脈がある。
アメリカ悪魔は、殺人人種!
DATE: 2017/05/17(水)   CATEGORY: 短歌
アメリカのカルマ
流された血が呼んでいる開拓者カルマの執行ギロチンの如く
DATE: 2017/05/17(水)   CATEGORY: 自由詩
太子毒殺 日本人
太子毒殺 日本人

聖書の聖句で太子毒殺者にぴったりの言葉

正しい方が来られることを預言した人々を殺しました。
そして今や、あなたがその方を裏切る者、殺す者となった。
『使徒言行録』7章52節
DATE: 2017/05/17(水)   CATEGORY: 自由詩
アメリカのカルマ
幻想の「自由」の中で、映画を見て、スポーツ観戦、
ROCK 聞いて踊れよ!そうそうポルノもあったっけ…
意識産業がお前の視聴覚を直撃。洗脳します。洗脳を
洗脳とわからせるほどバカじゃない。狡猾なキツネども。
アメリカ、白人どもそろそろ流した血の代償、カルマを
清算する時が来ている。神は我が味方。アーメン
DATE: 2017/05/17(水)   CATEGORY: 自由詩
発砲する
不機嫌な共産主義者に学びつつ思いのままに発砲する我
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.