FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/02/14(火)   CATEGORY: 音楽
ロックアーティストのポスター
イコン画を見入るような目つきするロックアーティストのポスター見詰め
DATE: 2017/02/14(火)   CATEGORY: 短歌
コンサートはね
かりそめの一体感んに身を沈めコンサートはね体制安泰
DATE: 2017/02/13(月)   CATEGORY: 政治
天皇と習近平氏
天皇に尊崇の念、抱くように。
きっと中国では、紅皇帝、習近平氏に
畏敬の念を普通に抱くのだろう。
中国共産党の首席に抱く感情。
外からだから想像だが…
天皇に引っ掛けると理解し易いかも知れない。
DATE: 2017/02/13(月)   CATEGORY: 短歌
ロックアーティスト
結論を自ら出したと思わせる作詞続けるロックアーティスト
DATE: 2017/02/13(月)   CATEGORY: 合衆国
真の敵
真の敵たぶんアメリカ毒麦の混ぜた饅頭ハリウッドなどは
DATE: 2017/02/13(月)   CATEGORY: 自由詩
告発
攻撃すればその反動が帰って来る言葉の世界は
なおさらだしかし言わねばならない
官僚は悪と戦争屋は極悪と
戦争を意図的に起こすブルジョワ…
地獄で待ってる!
地獄の獄卒にもなろう
この世を地獄にした奴らの顔 顔 顔
DATE: 2017/02/12(日)   CATEGORY: 短歌
まどろみの絵皿
まどろみの絵皿に色を流し入れ夢と現(うつつ)は染め合いながら
DATE: 2017/02/12(日)   CATEGORY: 自由詩
綺麗に残酷
眩ゆいばかりに
デコレートされた
溢れかえる商品

小綺麗に着飾った娘たち
頬に手を当て 思案顔
一体 彼女らの目は何を見ているのか?

公害で白い腹を見せて魚が浮いている
緑の汚染水は垂れ流されて

限りなく広がる貧富の差
資本主義はミッキーマウスの
餌になったそうだ

恐ろしく美しくラッピングされた商品は
空爆で殺された子供達の血糊で包まれて

きれいに ざんこく
きれいに ざんこくに
あるいは資本主義
DATE: 2017/02/12(日)   CATEGORY: 自由詩
寒食
寒食
暖かい江南地方(長江下流の南)では、仲春二月に
なると、色とりどりの花が枝に咲きこぼれる。
異郷の地で迎えた寒食節は、さらに悲しい。
明朝、煮炊きの火をあげないのは、別にあの非業の
死をとげた介子推の御霊を弔うためばかりではない。
ひどい貧乏暮らしで、ともすれば、炊(かし)ぐ米が
ないからなのだ。(孟雲卿)
『唐詩歳時記』より植木久行著
DATE: 2017/02/12(日)   CATEGORY: キリスト教
沈黙
神在って「死者」を裁くと黙示録メーソンの死霊地獄へ堕ちぬ

ヨハネの黙示録11章16節〜18節
「今おられ、かつてもおられた方、
全能である神、主よ、感謝いたします。
大いなる力を振るって統治されたからです。
異邦人たちは怒り狂い、
あなたも怒りを現された。
死者が裁かれる時が来ました。
あなたの僕(しもべ)、預言者、聖なる者、
御名(みな)を畏れる者には、
小さな者にも大きな者にも
報いをお与えになり、
地を滅ぼす者どもを
滅ぼされる時が来ました。」


*これを発表したのが2016年2月11日でした。
建国記念日なので良く覚えています。
DATE: 2017/02/11(土)   CATEGORY: 音楽
デペシュモードの『革命』
デペシュ モードが革命家(歌)?
『革命』という表題のalbumを出すとか?
ならばオレ、読みさしの『トロツキー自伝』でも
デペシュはべらせて、読むかね?
どうせおとり捜査みたいなシロモノ!
今日はオオカミ人間が出るという満月。
怒りの血が騒ぐ…
DATE: 2017/02/11(土)   CATEGORY: 合衆国
フジヤマ
ウジ山を目指してこいよ米軍機 絨毯爆撃お前発明
DATE: 2017/02/11(土)   CATEGORY: 政治
日本の血の粛清
俺、時々考えるんだが…
俺、日本を安倍晋三と一緒で潰したいのか?
官僚社会主義の特権階級を目のカタキにして
末代までも祟ってやりたいのか?…
日本をこんな利権だらけのカネにまみれた国にして
自殺者が3万とも18万とも言われる国にした官僚に
泣き見せたい…自殺者の事は血の粛清より悪い。
DATE: 2017/02/11(土)   CATEGORY: 短歌
建国記念日
大雪の建国記念 先々が思いやられる日本の末路
DATE: 2017/02/11(土)   CATEGORY: 短歌
回心をしたメーソンの第一声
我は聴く回心をしたメーソンの第一声と顔の筋の音
DATE: 2017/02/11(土)   CATEGORY: 音楽
角松敏生
Mermaid Princess
作詞・作曲 角松敏生 GOLD DIGGER より

波の吐息の中
想い出をひとつずつ
海に流す
そう あなたはこのまま 人知れず
“サヨナラ”を するつもりだね
あの日 彼の胸にともった愛は
君からの やさしさ
だけど 誰もそれに気付かず
遠すぎる心は 忘れさられる
*Wedding Bell
聞こえないふりをしても
つくろう笑顔は悲しすぎる
たとえ 御伽話夢みても
人魚姫には なれない

二人過ごした日々
幻と想うには
まぶしすぎて
やさしかった彼の言葉あつめ
時間の中 きざみこめば
二度と めぐり逢うこともないと
もしも 君がそれでいいなら
彼の幸せを許しても
心は想い出に しばられたまま
You can be
泡と消えてしまう前に
もう一度だけ素直になれるさ
せめて 僕がそばにいるうちは
人魚姫には させない

*Repeat


*85年のalbum『GOLD DIGGER』
『人魚姫には なれない』『人魚姫には させない』
男の格好良さを感じる詩です。
DATE: 2017/02/10(金)   CATEGORY: 仏教
カルマの負債
瞑想と言えばそうなのかな?
ブッシュ、安倍晋三、マケイン。
彼らが回心する様、祈っていると。
彼らの様相が変化し始め、ろれつが回らず、
口から泡を吹き、しきりに何かを訴えている。
重度の脳性小児麻痺に犯された姿が見える。
奴らの来世の姿。今生ではカルマの負債を
払いきれず、来世に持ち越すカルマ。
因果応報は、それは厳しく恐ろしい。
DATE: 2017/02/08(水)   CATEGORY: 自由詩
文芸講話
中国人民解放のためのわれわれの闘争にはいろいろの
戦線があるが、なかでも、文武の二つの戦線があると
言えるだろう。それはつまり文化戦線と軍事戦線である。
<中略>われわれはさらに、文化の面での軍隊をもっていな
ければならない。これは、自己を結集し、敵に勝利するために、
どうしても欠くことのできない軍隊である。(毛沢東)
『文芸講話』

*ロックグループJAPANのTHE ART OF PARTIS(芸術党派)
多分ここいらの毛沢東からの影響か?
*「日本の古本屋」から待ちに待った毛沢東の『文芸講話』
届きました!総ページ数97頁。人生を変える一冊になりそう!
DATE: 2017/02/08(水)   CATEGORY: 自由詩
てん末は分かるね…
軍産と意識産業 身勝手を行う自由この世は保証
DATE: 2017/02/08(水)   CATEGORY: 自由詩
朝の太陽光
リーフの音が聞えて水中の生物たちが
そっと内海でゆめを織っている
気泡が上がる波が寄せて
白い珊瑚の砂浜をなめるように
海水がはしる
朝の太陽光は特別綺麗
何にも犯されていない処女光
濃いサングラスをかけて太陽を見て
光を食する
DATE: 2017/02/07(火)   CATEGORY: 短歌
骨を断つ
官僚に斬り付け骨断つ意志強く神よ見てくれ毛よ感じて
DATE: 2017/02/07(火)   CATEGORY: 音楽
毛沢東とYMO
YMO聴き読む毛沢東はひとしおの味酔っているオレ
DATE: 2017/02/07(火)   CATEGORY: 自由詩
アメリカはハリコの虎
いまアメリカ帝国主義はたいへん強いと言っても、
本当の強さではありません。アメリカ帝国主義は
政治的に極めて弱体です。なぜなら、広範囲な人民
から遊離し、皆から嫌われ、アメリカの人民からも
嫌われているからです。見かけはたいへん強そうでも
実際には、恐ろしいものではなく、ハリコの虎なのです。
見かけは虎ですが、紙で出来ており、風雨に耐えられません。
私の見るところ、アメリカはハリコの虎にほかまりません。
(毛沢東)
DATE: 2017/02/07(火)   CATEGORY: 自由詩
死ぬ時に
迫害者の断末魔をじっと見つめている。そいつは
大地の磁石から無数の蟻どもの残虐さをもぎ取り、
おまえの家族やおまえの希望に逆らって、その残虐
さを何百万の殺人者たちの中に投げ入れたのだ。
だからもう一度、抵抗する癌の卵を踏みつぶしてやれ…
(ルネ シャール1945年)
DATE: 2017/02/07(火)   CATEGORY: 短歌
昔マルディクと言われた惑星があった
マルディクと言われた星は粉々の小惑星に悪魔の戦争


惑星の一つ粉々 弦足りぬ太陽系の負う宿命は
DATE: 2017/02/06(月)   CATEGORY: 自由詩
『中国遊仙文化』より
気を行(めぐ)らして呑めば溜まり、溜まれば伸び、伸びれば
下り、下れば定まり、定まれば固まり、固まれば萌え、
萌えれば長じ、長ずれば退き、退けば天なり。天は幾たびか
春(つ)きて上にあり、地は幾たびか春きてしたにあり、順ならば
生き、逆ならば死す。鈴木博訳『中国遊仙文化』
DATE: 2017/02/06(月)   CATEGORY: 自由詩
唐の詩人
地の底に通ずる井戸に鶴がいて
悪を見つめけたたましく鳴き渡す
これを見ている唐の詩人がいる
北からの風は彼の髪と長く伸びた髭を揺らし
見詰める鶴を眺める人がいて
乾いた風は吹き続ける
詩人は何を思ったか長い杖を
地に打ち付け 詩吟を始める
『春近く 節を分け 紅梅咲き香り…』
DATE: 2017/02/05(日)   CATEGORY: 自由詩
『中国遊仙文化』より
道教の追求する生命の永久不変は、物質の量が変化過程、
すなわち、時間に支配される有限性から、時間を超越する
無限性への飛躍である。この飛躍を達成するには、相応の
物質の中に量的変化の蓄積が必要であり、それが道教では
生命自身の持久的修練にほかならず、みずから体験し実行
に努めて現実の信仰目標ー神仙の世界への進入ーを実現す
るのである。 鈴木博訳『中国遊仙文化』
DATE: 2017/02/05(日)   CATEGORY: 自由詩
南の島
南の島 孤島は
午後6:45でもまだ夕暮れ
今日は大陸の方 西の方に雨雲があり
雄大な日暮れの夕焼けは見えない
今日は一日中YMOの武道館散開コンサートを
YouTube で聞きながら『中国遊仙文化』なる本を
日がな一日読み進めるた 毛沢東の文芸講話
毛沢東の本も古本市場から仕入れてご満悦だ
こらから少し集中的に道教をやるつもり
もうすっかり日も暮れ 聖なる闇が空間を閉ざす
DATE: 2017/02/05(日)   CATEGORY: 自由詩
雨の日に
雨音を軽い寝息を立てて聴いている
シトリ シトリ シトリ シトリ
一生の記憶が積もり
大地へと還ってゆく
流れ行く時の音か…

夢を一つ見せてくれぬか
魂の大海に浮かぶ楽園よ

シトリ シトリ シトリ シトリ
雲が深く垂れ込めて
薄暗い寝間

読みさしの本が
呼吸とともに胸の上で
うねりを行く船のように
揺れて
夢は
深く
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.