FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/01/20(金)   CATEGORY: キリスト教
『詩篇』より
あなたを避けどころとする者は皆、喜び祝い
とこしえに喜び歌います。
御名を愛する者はあなたに守られ
あなたによって喜び誇ります。
主よ、あなたは従う人を祝福し
御旨のままに、盾となってお守りくださいます。
旧約『詩篇』5章12節〜13節
DATE: 2017/01/20(金)   CATEGORY: 自由詩
心象風景
今にも空から雨が落ちて来そうな予感
北からの季節風が強くキビがの葉を揺らす
刻々と変わってゆく空模様と私の心
言うべき事は言い尽くした
畜生に産まれ変わる官僚ども
虐待を受ける死の商人
正しく溜飲を下した…
時が過ぎてもキビの葉擦れの音は続く
人の心を知ってか知らずか
DATE: 2017/01/20(金)   CATEGORY: 自由詩
天使のはしご
鄙びた木造の教会で執り行われる礼拝
風に乗り讃美歌の合唱が遠くから聞こえる
足踏みオルガン細く永く日本のキリスト教徒は祈る
空気が変わる街の片隅の教会に宿るキリストの身体
輝きが空に増し街を覆うエーテルのキリスト
雲間から太陽光が地上に射し込む
天の父のご臨在を感じるのはキリスト教徒だけか
DATE: 2017/01/19(木)   CATEGORY: 自由詩
新たな生命
裏切りによってでも
しがらみが消え去り
自由を手に入れたのだ
しばらくの放心ののち
息を整えて手に取った
『聖書』ここから始まる
また新たな視点で読む
『命』と等価の書
『聖書』
DATE: 2017/01/19(木)   CATEGORY: 自由詩
己の決めた事
夜の何処かで氷山が崩れる音がして
刻々と時は過ぎて太陽フレアは活発だ
俺は神に祈るね人間の悪が一掃されますように
地球の新たなる姿切りつけるように明らかとなる
温暖化なのか?氷河期なのか?それは知らない
良くも悪くも新たな段階に突入したような…
太陽系が叫びガイアは荒海に乗り出す船
さあ 今日も一日己の決めた事を為そう!
DATE: 2017/01/18(水)   CATEGORY: 自由詩
夏のような日に
夏の虫 地虫 鳴く冬の宮古島
冬の1月 午後7時 23.6度
半ズボンにTシャツ羽織って
ジージージー地虫が鳴いて
与那覇の遊歩道の散歩の疲れから
夕餉の後はベッドで投稿文を綴っている
静かな夜 時々クルマが通る
午後8時になると那覇への最終ジェットだ
この島は文字どうり孤島となる
人の行き来が絶えた独特の寂寥の感覚
さあ 君よゆっくりゆっくり夢織るがいい
DATE: 2017/01/18(水)   CATEGORY: 自由詩
風の音
風がキビ畑を流れて
葉擦れの音が立つ
疾風が緑を打ちキビがしなる
太陽光線はその優しさを増して
無償の愛を大地へと注ぐ
そんな時の音が聞こえる
ジージー耳をすませる
風の音 光が降る音
私のかたくなな心が少し
花の蕾のように少しほころんだ
DATE: 2017/01/17(火)   CATEGORY: 自由詩
音が染みる
心を鎮めて
俺は腹式呼吸をして
静かに手を組んで丹田の上に置く
意識を手のひらに集めて
外気を腹の龍に玉として置いてやる
夢心地の時が過ぎてゆく
静かに心を鎮めて
パソコンは心を乱す 今日は遠慮して
活字に目を向けよう
沈黙の中ページをめくる音が染みる
DATE: 2017/01/16(月)   CATEGORY: 自由詩
死んだ列島
日帝のためにより、二次大戦のハルマゲドンで
日本は死んだ。残ったのは、形骸化したエセ文化
精神性など皆無の葬式仏教。騒ぎのハダカ祭り。
トドメは、3・11フクシマ。終わった日本にいる。
日帝、フクシマ。どちらもこの上なく凶々しい…
子よ!死んだ日本列島の腐臭を放つ大地だ。
DATE: 2017/01/16(月)   CATEGORY: 短歌
世界のお邪魔鎖国せい!
でき得れば泰平の夢織り続け面白おかしく鎖国日本
DATE: 2017/01/16(月)   CATEGORY: 仏教
龍神よ!ともに!
登れる地点までゆきつく果てまで
どこまでも高みを求めて進む
出来ることなら龍神よ!
我を高みへと誘って
満月の月夜に
ともに照らされて
DATE: 2017/01/16(月)   CATEGORY: 短歌
小惑星
小惑星群二首

マルディクと呼ばれた星は粉々の小惑星に悪魔戦争


惑星の一つ粉々 弦足りぬ太陽系の負う宿命は
DATE: 2017/01/16(月)   CATEGORY: 自由詩
霊的進化とマテリアリズム
我々はマテリアリズムを利用し霊的進化を
加速度的に速めるだろう。AVの来世への
影響も見通せない。映画俳優やROCK
アーティストが来世自身の出演している
作品を見てどう感じるか?スティール弦に
マイクを付けただけのローテク エレキギター
が世界を変えるって!
DATE: 2017/01/15(日)   CATEGORY: 自由詩
自己陶酔
電線をゴーゴーと唸らせる風も止み
静かな深い曇天の夜が過ぎてゆきます
部屋にLEDのスタンド一つベッドの上から
光を当てて布団に潜り込みドフトエフスキーの
『悪霊』読み始めました深々と更ける夜に
日本海側の様な曇りの日々に実存を問う様な
ロシア文学…少しこの設定に酔っています
DATE: 2017/01/15(日)   CATEGORY: ポエム 詩
宮古島の冬
冬の宮古島は大陸の冬の高気圧の淵に当たり
北風が強く曇り時々雨の天気が続く
島の整体師の先生が言っていたが
この島では活動的にしていなと
鬱になる人が多いと…
今 曇天の陰鬱な天気を前に
つくづく天候と精神につい思い考える
我が健康法は活発に投稿し頭を使うこと
これに尽きる読書 これだ!
DATE: 2017/01/14(土)   CATEGORY: 短歌
海消えるまで
愚かなる人の考え見て取って戦いは続く海消えるまで
DATE: 2017/01/14(土)   CATEGORY: 自由詩
アメリカ!
ギリギリの線さ
越えるか?
越境する…

時々メチャクチャにしたいと思う

元凶
分かっている
アメリカ
呪われよ

インディアンにかけて
戦争で殺された血にかけて

呪われよ
アメリカ…
DATE: 2017/01/14(土)   CATEGORY: 自由詩
気狂いの空爆
ほら!気狂いアメリカの爆弾が落ちてくる
ハリウッド!正当化させる為の国策プロパガンダ
DJは、心を揺する音楽を流し国策に奉仕させる
自由という隠れミノを着て親しげに近づき

気狂い みんな 気狂い
それにも程度アメリカの気狂いが一番罪深い
人殺しは常態化 国家が人を殺す 戦争 戦争神社

神の前に立つ『最後の審判』に善良な民衆は耐え
権力者は燃えさかる地獄の業火に焼かれて…
DATE: 2017/01/14(土)   CATEGORY: 自由詩
小さな部屋で
ろうそくに火を灯す
闇は駆逐され
青と赤の焔が揺らめく

小さな部屋
私の書架が並べらた
慎ましい空間が
明るみで満足げに満たされると

夢と幻想が絡み合い
遊戯する場所を見つけて
微笑みながら駆け回る

子供は遊ぶ
私も遊ぶ
小さな部屋で
DATE: 2017/01/13(金)   CATEGORY: 自由詩
苦しめアメリカ!
もうそろそろ、アメリカに焼き入れる奴…
出てきてもいい頃だ。インディアンの
虐殺から始まる開拓の国アメリカの戦争カルマ
清算を力づくで強制執行する奴が…
焦土作戦。B52やらB29が落とした爆弾の数・量
そのカルマを忘れまい。原爆もだ…苦しめアメリカ!
DATE: 2017/01/13(金)   CATEGORY: 自由詩
地獄の沙汰を教えくれ
マケイン、安倍、森…
お前らに死ぬ時の様子を喋ってもらいたい。
意識がもうろうとして、息も絶え絶え。
お決まりの酸素吸入。モニター付けられて、
拍動の電子音の中。お前が見る死に行く前の
意識の無意識の魑魅魍魎をそっと教えてくれよ。
お前らが間接的に殺した奴ら。お前らを死ぬほど
憎しんでいる奴ら。フフフ…お前らも馬鹿じゃなかろ…
DATE: 2017/01/13(金)   CATEGORY: 短歌
YBO2 (イボイボ)一首
YBO2 の妖気ただよう演奏は見れば触れれば邪気をはめ込み
DATE: 2017/01/13(金)   CATEGORY: 自由詩
シャブと利権
シャブと利権。これは、双子の兄弟。
一度やったら、やめられない…
いくらお前らに来世アメリカ産肉牛に
産まれ変わると説いたって、目先のカネ!
官僚!いくらペーパーテスト出来たからって
それ肉牛に産まれ変わるため?演習か…
ご苦労さん!
DATE: 2017/01/13(金)   CATEGORY: 自由詩
地獄の官僚社会主義
官僚社会主義の特権階級のご諸君!
何度も口が酸っぱくなる程言うが、
『日本霊異記』をば読み解くと、
日本の民衆を食い物にしたご諸君は、
因果の理法により来世、アメリカ産肉牛に
転生して、今度は日本の民衆に食われるそうな…
因果応報の宇宙法則は厳しい世界です。
そこんとこヨロシク!
DATE: 2017/01/13(金)   CATEGORY: 自由詩
幻想自由
アメリカではユダヤが、中国では天安門が、
ロシアではプーチン批判がタブー。なぜ
アメリカは自由の国なのか?オバマはB52で
2万5千発の爆弾を落とした。もう一度言う!
なぜアメリカだけが自由の国なんだ…
狡猾な洗脳!ハリウッド、ROCK、アメフト、
野球、バスケ!ペテンのやり口。自由の幻想。
我がアメリカ!
DATE: 2017/01/12(木)   CATEGORY: 自由詩
ロシア讃
東方キリスト教徒の屋根の上
大空に霊光の星 光り
正教のもと敬虔な祈りささげる
ロシアの大地に抱かれ産まれた人々がいる
DATE: 2017/01/12(木)   CATEGORY: 自由詩
惑星マルディク
主の言葉が私の骨肉を盛り上がらせ燃やす
世世限りなく焔となって神の情熱を伝える
何十億と言う人達 彼らの善良な祈りが
地球を精緻に自転させ今日も太陽は昇るのだ
悪がはびこり小惑星群に解体してしまった
惑星マルディクの二の舞は断固踏ませまい
DATE: 2017/01/11(水)   CATEGORY: 短歌
三大大国
地球上三大大国それぞれの表情を見せ自転は永遠(とわ)に
DATE: 2017/01/11(水)   CATEGORY: 短歌
空母巡航
海原を空母巡航 沈黙が世界を支配 冷静な目には
DATE: 2017/01/10(火)   CATEGORY: 自由詩
BOWIE『ブラックスター』



『ブラック スター』
作詞・作曲 DAVID BOWIE
愚か者どもの館に
愚か者どもの館に
燈がひとつ立つ

すべての中心に
すべての中心に
汝の瞳が

裁きの日に
処刑の日に
女たちのみが跪き微笑むのだ

全ての中心で
全ての中心で
汝の瞳
汝の瞳が

愚か者どもの館に
愚か者どもの館に
燈がひとつ立つ

すべての中心で
すべての中心で
汝の瞳
汝の瞳が
*ショスタコーヴィッチの共産官僚を批判した
死後に出版された手記のようだ。
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.