FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/11/18(金)   CATEGORY: 自由詩
「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」(那珂太郎)
黒い水母(那珂太郎)全文

どろどろどろどろどろどろどろどろ
葬列の太鼓の響きよりものうく
老い朽ちた陸橋を渡ってゆく
跫音(あしおと)のかげ
黄昏のレントゲン線に透けてみえる
黒い水母のむれ
びれびれと触手そよがす海藻の間をぬって
どこまでそれは流れて行くか
海底にくらく蹲(うずくま)る
煉瓦の巨体の雁首から
無意味な煙はたえずきな臭く立ちのぼる
それは屍を焼く火葬場ではない
無期徒刑囚の
牢獄でもない
しかしそこから吐き出されるのは
口の縫いふさがったやつ
眼玉を刳りぬかれたやつ
手足の関節を外されてぶらんぶらんさせてるやつ
垂れこめた雨に朦朧とけぶる
それから歪曲された 畸形の生物
やぶれた皮膚に紫の血をにじませ
黄い蛔虫(かいちゅう)を尻からたらして
へんに透明な 揺れうごくうどんこの
臓腑
に詰まった古い記憶ーー
不滅の真理
自由

それは腐って屍体にひとしい悪臭をはなつ

醜怪な文明のメカニズムの中から吐き出された
メタンガスの暖気のような 気泡のような
黒い水母たち
彼等は向かうべき方向をしらない
行きつくべき目当てをもたない
かなしい
盲の
実存よ

砕かれた時間の夜光虫きらめく
焦げ残りの肋骨
ひん曲った鉄柱の錆びた傷口
をひざらして注ぐ雨


西北の空を稲妻が引き裂けば
映し出されたアスファルトの背筋のうねりに
白濁の膿汁と
赤黒い血液と
互いに交ざらぬニすじの流れ
その無気味な電流のエスカレーターにのって
意志もなく彼等はどこへ漂うーー
虚妄の明日の希みを灯す
贋造ダイヤの光ゆらく街区の方へ?

ああ 陰湿なこの国の梅雨季のなかを
萎えた手足は右にゆれ 左にゆれ
眼もない
口もない
喪神のパラシュートのむれはただただ沈降して行く

*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2016/11/17(木)   CATEGORY: 自由詩
「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
黒い水母(那珂太郎)

<前略>
西北の空を稲妻が引き裂けば
映し出されたアスファルトの背筋のうねりに
白濁の膿汁と
赤黒い血液と
互いに交ざらぬ二すじの流れ
その無気味な電流のエスカレーターにのって
意志もなく彼らはどこへ漂う
<後略>

*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
*明日、「黒い水母」の全文を載せるつもりです。
DATE: 2016/11/17(木)   CATEGORY: 自由詩
黒い水母(那珂太郎)
黒い水母(那珂太郎)
<前略>
醜怪な文明のメカニズムの中から吐き出された
メタンガスの暖気のような 気泡のような
黒い水母たち
彼らは向かうべき方向をしらない
行きつくべき目当てを持たない
かなしい
盲の
実存よ
<後略>

*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2016/11/16(水)   CATEGORY: 自由詩
黒い水母(那珂太郎)
黒い水母(那珂太郎)
<前略>
それは屍を焼く火葬場ではない
無期徒刑囚の
牢獄でもない
<中略>
やぶられた皮膚に紫の血をにじませ
黄いろい蛔虫を尻からたらして
へんに透明な 揺れうごくうどんこの
臓腑
に詰まった古い記憶ーー
不滅の真理
自由
⚫️
それは腐って屍体に等しい悪臭をはなつ
<後略>
「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2016/11/16(水)   CATEGORY: 自由詩
薊「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
薊(那珂太郎)
<前略>
はるかな虹色の雲と化した生とは不治の疾患で
あったか 今こそお前はそれから癒されたというか
はらからよ

かつてその胎内から この世に産みおとされたお前は
すでに土塊と化した母の傍に 今一握の骨片となって
還る 梢を渡る無言の子守唄 露にきらめく骨壺に挿された
透明な薊の花
「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2016/11/15(火)   CATEGORY: 自由詩
宣戦布告!
想えばここ1世紀…戦争の時代だった。
ブルジョワ、メーソン、死の商人。
戦争を演出しては儲け、肥え太り。
戦争を画策しては濡れ手に泡。今も
奴らは活発に戦争を画策しています。
「戦後詩によるブルジョワ、メーソン、
死の商人の殲滅作戦」をスーパームーンの
日から開始します。宣戦布告!
DATE: 2016/11/15(火)   CATEGORY: 自由詩
入沢康夫「賤しい血」
歌 耐える夜の(入沢康夫)

賤しい血
1
なべて有情の吐息を押し流す大河のほとりで
ばらばらにされた四肢を 人目を忍んで
生木の枝のように藤蔓(ふじずる)でたばねる
そして恋の焼棒杭に高々と吊るす

*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2016/11/14(月)   CATEGORY: 短歌
神とトロツキー
神とトロツキー

満月にトロツキー読むカルマ在り神と彼に我深い縁(えにし)が
DATE: 2016/11/14(月)   CATEGORY: 自由詩
野村喜和男


「言葉たちは 芝居をつづけよ、つまり 移動を、移動を」
(野村喜和男)

薄明

私らは還ってきた、
ーー私ら、私とそのかたわれども
またその淡い影たち
おしなべてはぐれものの系譜をひき
眼欠き、ホシ欠いて
ほこりのない貘(バク)という貘は還ってきた

*貘。かたちどる。
*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」
DATE: 2016/11/14(月)   CATEGORY: 自由詩
戦後詩によるメーソン殲滅作戦
魚の骨のある風景より(那珂太郎)

ガラスの螺旋階段を
全身毛の抜けた よぼよぼの怪獣がのぼってゆく
ただ孤り取り残された 盲の生物
のはるか眼下に茫々とひらける砂漠
巨大な魚の骨のようなものが疎(まばら)につき刺さり
そのひとつに
紙凧(かみだこ)のようにひっかかっている
ひからびた神の幻像

*「戦後詩によるメーソン殲滅作戦」開始
DATE: 2016/11/13(日)   CATEGORY: 自由詩
あなたとわたしの間の天国
残念だけれど
ここは天国でも浄土でもない
ここは煉獄または娑婆世界

悲しみも苦しみも憎悪さえ絶えない

悪の芽を根気良く摘み取り
善性の種を撒くしか
凡人の俺にはいい考えが浮かばない

悪を徹底的に叩き
善性を醸し出すさ

あなたとわたしの間にしか
天国は無いそうだ
DATE: 2016/11/13(日)   CATEGORY: 自由詩
国家
そもそも「国家」とは、富の分配をできるだけ
公平にするシステム…資本主義は、富む者は益々
富、富まざる者は益々貧困へ…それでは「国家」と
いう共同体を作る意味がない。マルクスなどは
その後に共産主義の出現というが、私は「神」
中心の社会を考えたい。
DATE: 2016/11/13(日)   CATEGORY: 短歌
インディアンの魂
インディアン綺麗な心永遠の想い出となり語り継がれる
DATE: 2016/11/11(金)   CATEGORY: 自由詩
資本主義との闘い
拳闘士が資本主義者との闘いの出番を待つ
コロシアムに真昼の月が蒼白と昇る
DATE: 2016/11/11(金)   CATEGORY: 自由詩
つぶやき
400人につぶやく
社会正義を

まるで秘密の手紙のよう…
儀式めいていて

このバビロンに点る
希望の灯火を消すな

この夜景 なに?

秘密結社の伝言のように
伝わって来る 言葉の強靭なしなやかさ

神とともに必ず
正義を信じ この手で実現すると
つかみ取る 奪取する

DATE: 2016/11/10(木)   CATEGORY: 自由詩
あるいは資本主義
眩ゆいばかりに
デコレートされた
溢れかえる商品

小綺麗に着飾った娘たち
頬に手を当て 思案顔
一体 彼女らの目は何を見ているのか?

公害で白い腹を見せて魚が浮いている
緑の汚染水は垂れ流されて

限りなく広がる貧富の差
資本主義はミッキーマウスの
餌になったそうだ

恐ろしく美しくラッピングされた商品は
空爆で殺された子供達の血糊で包まれて

きれいに ざんこく
きれいに ざんこくに
あるいは資本主義
DATE: 2016/11/01(火)   CATEGORY: 短歌
『未來』より
同人誌ガリ版切って作ろうと約した友は自死を選んで


浅黒い端整な顔鮮やかに尊崇の情君に抱いて


顧みて男惚れする孤高さよ逝った奴らを指折り数え

*『未來』に載せた作品です。
都合で1週間ほど投稿を休みます。
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.