FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/09/17(土)   CATEGORY: 自由詩
秋日
秋日

夕日の光が小さな村ざとに射し込んでくる
それにうながされたかのように、胸に憂愁の思いが
湧き上がって来るが、それを語る相手もいない
ただ古びた道がのびているだけで、そこを行く人も
ほとんどない、秋風が稲や黍(きび)の葉をそよがせて
いるばかりである。(耿湋こうい)『唐詩鑑賞辞典』
DATE: 2016/09/17(土)   CATEGORY: 自由詩
アメリカの生体解剖を!
アメリカの生体解剖を!ハリウッド、ROCK、スポーツの
生皮をはがす。腐臭を放つ筋肉。骨は欲望で黒ずみ。骸骨が
踊る。死の商人の臭いを嗅ぎつけて…カネが儲かる!
人殺しを効率よく作り出す。軍隊モドキが跋扈する。
ウフフ…アメリカの裕福層は、悪性の寄生虫。
神よ!殲滅を…
DATE: 2016/09/16(金)   CATEGORY: キリスト教
神よ!赦しを…
神よ!
アメリカの死の商人、シオニスト、
日本国の官僚を呪います。
旧約の神のごとく裁きを!
我に赦しを…
DATE: 2016/09/16(金)   CATEGORY: 政治
民進党の脱臼作戦
民進党上層部は、民衆の力を削ぐ「脱臼」作戦。
これ現代詩のお家芸。一昔前の学生運動を潰す
ために「外す」作品の多かった事…いわゆる
「精神衛生上良くない作品」ってわけ…
もう小沢氏、山本太郎、三宅、日本共産党。
信じられるのはそんな所。安倍晋三の不正選挙が
気になっている。因果の報いで三代で亡びるのは
勝手だが、まだ悪事をたくらむ大馬鹿もの…
DATE: 2016/09/16(金)   CATEGORY: 合衆国
アメリカ人死の商人
第一次第二次世界大戦で、焦土と化すどころか
巨万の富を溜め込んだアメリカ…アメリカ人だよ!
その後は戦争の輸出。死の商人。そしてあろう
はずのない「神の加護」呪われよ!死の商人…
神の裁きが降る。アメリカンROCKは、我が
戦利品として…
DATE: 2016/09/16(金)   CATEGORY: 自由詩
鸛鵲楼(かんじゃくろう)に登る
鸛鵲楼(かんじゃくろう)に登る

光輝く太陽はながめやるうち西の山にもたれかかる
ようにして、しだいに沈んでゆく。黄河ははるかかなたの
海に流れ込むばかりの勢いで流れ去ってゆく。この絶景に、
千里のかなたまでも眺めつくしたい気持ちになり、この楼の
一層上まで登ったのである。王之渙(おうしかん)
DATE: 2016/09/16(金)   CATEGORY: 自由詩
秋風引(しゅうふういん)
秋風引

どこから吹いて来るのか、この秋風。
雁の群れを送っているさびしい音が、
今朝がた庭の木に吹き込んだのを、
ひとりぼっちの旅の身が、誰よりも先に聞きつけた。
劉禹錫(りゅううしゃく)『唐詩鑑賞辞典』
DATE: 2016/09/15(木)   CATEGORY: 短歌
明鏡
満月に過去の因縁映し出す秋の名月の鏡のごとく
DATE: 2016/09/15(木)   CATEGORY: 自由詩
田園詩『代数ノート』より
田園詩

燕は空を切りひらく。空の後ろでは、別の空が
用意されている。彼等この努力のおかげで僕の
ところへ別の季節がやってくる。

太陽はかげを作るが自分はかげを持たない。


*太陽が守護星の獅子座に…
立原道造は、大正3年、1914年7月30日獅子座生まれ。
DATE: 2016/09/15(木)   CATEGORY: 自由詩
海には波は『立原道造全集6』
海には波は

海には波は白く炎のように散っていった
すばやい虹の雲が走りすぎた
鷗(かもめ)が追っていった
艪(ろ)はあわただしく波を切り
舟は濡れた水脈(みお)をひいていた
『立原道造全集6』
DATE: 2016/09/15(木)   CATEGORY: 自由詩
中国共産党賛
中秋の名月の夜
中国共産党幹部
東屋に人知れず集まり
結党当時のアルバムを紐解く

梁山泊の有志が共に
杯を交わしたように
煙草と紹興酒が用意され

往時を偲ぶ
「分からなくなったら」
「初心へ帰れ」とは永遠の真理
民草の為に在って欲しい

今 心に去来する言葉
DATE: 2016/09/14(水)   CATEGORY: 自由詩
浴み『立原道造全集6』
浴み

今日も日くれ方です。
一日の極軽い倦怠と、
自分のした仕事への軽い満足に、
何となく、興奮した心で、
今は、お湯につかっています。
静かに、静かに澄んだ、
湯気の少し立ち上がって来る、
そのお湯の中には
私のからだが、妙にうれしく見えます。
目を閉じると考えるともなしに
いろいろなことが思い浮かびます、
浴槽の楽しい一瞬です。
『立原道造全集6』
DATE: 2016/09/14(水)   CATEGORY: 自由詩
小鳥『立原道造全集6』
小鳥

手さぐりで僕は
追いかける それは明るいと
早く逃げてしまうからだ
お互いがまごついているうち
在外容易く僕の手に
捕らえられる

詩は小鳥たちのお祭りです
小鳥たちは籠のなかには居りません
楡の木のような心と
マイダス王のような力と
『立原道造全集6』
DATE: 2016/09/14(水)   CATEGORY: 合衆国
アメリカの老いたペテン師
アメリカ…お前に取り込まれて客観的な評価が
困難なほど、魂が侵食されているのだろう。
いわゆる3Sお前らの洗脳の武器、スポーツ、
セックス、スクリーン。プラスROCK…そして
盗聴か…自由!愛!正義!声高に叫ぶが権力者に
とっての自由、愛、正義。自由主義陣営の虚構を
暴いてやる!ROCK楽しく聞きながら…
DATE: 2016/09/14(水)   CATEGORY: 合衆国
軍産と呪物
軍産は、人間が発狂していて、その病識が無い
状態の狂った理性が、物資化させた「武器」と
言う呪物(フェティシュ)に支配された状態だろ。
DATE: 2016/09/14(水)   CATEGORY: 合衆国
アメリカンジョーク
アメリカンジョーク
東京ディズニーランドでミッキーマウスがおどけた
仕草でカラシニコフを客に向かって乱射したとな…
DATE: 2016/09/12(月)   CATEGORY: 自由詩
秋『立原道造全集6』


パン屋の店先に
黒犬とパン屋の主人がいる
ポストがある ポストは赤い

僕は身軽に町に浮かんでいた
蜃気楼のなかの人のように
魔術は四つ角がしてくれる
冬へ電報を打たねばならない
そろそろ青空がこわれはじめると

硝子屋が町を通りますから
静かに眠っていらっしゃい
『立原道造全集6』
DATE: 2016/09/11(日)   CATEGORY: 自由詩
ひとり林に
ひとり林に

だれも 見ていないのに
咲いている 花と花
だれも きいていないのに
啼いている 鳥と鳥

通りおくれた雲が 梢の
空たかく ながされて行く
青い青いあそこには 風が
さやさや 過ぎるのだろう

草の葉には 草の葉のかげ
うごかないそれの ふかみには
てんとうむしが ねむっている

歌うような沈黙(しじま)にひとり
私の胸は 溢れる泉! 高く
脈打つひびきが 時を進める
『立原道造全集4』
DATE: 2016/09/11(日)   CATEGORY: 仏教
不浄観
ここのところ2ー3日、季節の変り目か、幻覚
それも凶々しい幻想、幻覚をふとした瞬間に
見る事が多かった。髑髏に黒髪が絡まっている。
骨壺から飛び出す大腿骨。ムカデがベッドを這う。
夜叉が火葬場で死者の魂を喰う。まあ上げれば
こんな感じだ。こういう時には、毒には毒。
「不浄観」と言ってわざと凶々しいイメージを作り
不動の己を観想すると言うのがあって。今朝その瞑想を
やったら二度寝してしまいました。おかでスッキリ!
DATE: 2016/09/10(土)   CATEGORY: 合衆国
「アメリカの正義」だとよ…
「アメリカの正義」を無批判に信じていた日々。
洋楽が好きだから…だますのも簡単。ハリウッド
好きな奴も重症。「アメリカの正義」なるものは
世界の武器輸出の7割以上を占める…それにぶら
下がって金儲けしている奴ら…よくのまあ北朝の
事、あれだけ言うよ。自身のウソ汚れた手を
見てからにしろ。
DATE: 2016/09/10(土)   CATEGORY: 自由詩
遠雷
遠く微かに 遠雷
秋の虫はすだき
心はいっぱいだ

寝間に昨夜の読みさしの本
ページが風に誘われて
活字に羽が生え
宙を舞い始める

悲しみに溢れる
この世の事が脳裏をかすめる
ベッドに倒れこみ逡巡する心

細く長い息を数え
額に風を感じて

詩らしきものをしたためる
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 自由詩
『薔薇篇』


森。
彼女にひそむ無言。

夜を行く裸形の群。
彼らは踊る。

魚。
愚かなる野の祭り。
(吉田一穂)『薔薇篇』
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 自由詩
反共プロパガンダがうるせえんだよ!
地上波のニュースつけりゃ、北朝の核実験。
反共プロパガンダが、うるせえんだよ!
アメリカが世界中に武器売っているのは
良いのかよ…空爆で爆弾落としてるの
良いのかよ…バカも休み休みにしろ!
反共プロパガンダがうるせえんだよ…
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 政治
民進党の「脱臼」作戦
民進党上層部は、民衆の力を削ぐ「脱臼」作戦。
これ現代詩のお家芸。一昔前の学生運動を潰す
ために「外す」作品の多かった事…いわゆる
「精神衛生上良くない作品」ってわけ…
もう小沢氏、山本太郎、三宅、日本共産党。
信じられるのはそんな所。安倍晋三の不正選挙が
気になっている。因果の報いで三代で亡びるのは
勝手だが、まだ悪事をたくらむ大馬鹿もの…
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 自由詩
コップに一ぱいの海がある
コップに一ぱいの海がある

コップに一ぱいの海がある
娘さんたちが 泳いでいる
潮風だの 雲だの 扇子
驚くことは止まることである
『立原道造全集2』
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 政治
三代で亡びる安倍晋三
三代でものの見事に亡びる安倍晋三へ
「不正選挙をやってのうのうとしてるんじゃない」!
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 自由詩
地球規模の気候変動に
大地はすべて打ち捨てられ
心にかける者もない。
荒野の裸の山に略奪する者が来る。
主の剣は貪る
地の果てから果てまで。
すべての肉なる者に平和はない。
麦を蒔いても、刈りとるのは茨でしかない。
彼らは収穫がなくてうろたえる。
主の怒りと憤りゆえに。
『エレミヤ書』12章11節〜13節
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 自由詩
『立原道造全集2』
Hに

風が暴れている 思い出のひとよ
もう秋が近い窓をしめ
今日 僕は本に向かう
たのしく 思い出のひとよ

『立原道造全集2』
DATE: 2016/09/09(金)   CATEGORY: 自由詩
悪・権力
「悪」だから「権力」を持つのか?
「権力」自体が「悪」なのか?
「悪」と「権力」は、同じ腹から産まれた双子。

「悪」を「権力」を告発するぜ!

その規範は「聖書」それも旧約。
三預言者の神から預かった「言葉」
「イザヤ書」「エレミヤ書」「エゼキエル書」

思う様「発砲」いや「引用」させてもらいます。
DATE: 2016/09/08(木)   CATEGORY: 自由詩
善行を!
この世に「生きている」とは、必ず必ず「死」が
待っているという事。全ての人に等しく「死」は、
割り当てられ、その必然から逃れるすべは無い…
人は人として平等の意味も分かってくる。「悪」を
告発するのは、多くの人に影響が出るから。
「善行」を天に積もう!
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.