FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2016/05/31(火)   CATEGORY: キリスト教
『オカルト生理学』より
人間の進化の全過程は、人間のために
存在しているのではなく、全宇宙の
神性の一つの現れなのだ。
『オカルト生理学』シュタイナー著 高橋巌訳
スポンサーサイト



DATE: 2016/05/31(火)   CATEGORY: 自由詩
白日夢
沢音のする天理教の会館に妹夫婦と訪れる。
世話人を待つ間に柱に綺麗な沢蟹が登り。
三人で水の流れる音を聞きながら、
出された麦茶を飲んだ。
DATE: 2016/05/31(火)   CATEGORY: 短歌
神の怒り
雹が降り神の怒りを感じてる天気情報 科学 盲目
DATE: 2016/05/29(日)   CATEGORY: キリスト教
黒魔術の意味
『千年紀末の神秘学』高橋巌著
オカルト結社のオカルトとは基本的に何なのかと言うと、
ある人物がこの世で巨大な権力を財力を身につけた時に、
自分が手塩にかけて育てた人材と財産を死後になっても
管理するためのシステムなのです。
自分が死んだ後でも、権力を失うこと無く、死者として、
いかにこの世に遺した人々に影響を与えうるか、
いわゆる魔術というのは、基本的にはそのことを目指すのです。
権力者が儀式に関心を持つのは、そういうことからきています。
結社のトップは、魔術的な儀式の中で、霊媒を通じて語る
死者の言葉にしたがって、態度を決定します。結社とは
自分が死んだら、自分が霊媒を通してこの世を支配できると思える
ようなシステムなので、金持ちになり、権力を身につければ
つけるほど、結社の存在が重要になってくるのです。


ヨハネの黙示録11章16節〜18節
「今おられ、かつてもおられた方、
全能である神、主よ、感謝いたします。
大いなる力を振るって統治されたからです。
異邦人たちは怒り狂い、
あなたも怒りを現された。
死者が裁かれる時が来ました。
あなたの僕(しもべ)、預言者、聖なる者、
御名(みな)を畏れる者には、
小さな者にも大きな者にも
報いをお与えになり、
地を滅ぼす者どもを
滅ぼされる時が来ました。

*ロックフェラー、ロスチャイルド、岩崎。
ブルジョワは、こう言う黒魔術使ってると
思います。凶々しい奴らだ!
DATE: 2016/05/29(日)   CATEGORY: 短歌
名刀
発動す因果応報 冷徹な光る名刀法則は切る
DATE: 2016/05/29(日)   CATEGORY: キリスト教
『千年紀末の神秘学』より
高橋巌著『千年紀末の神秘学』より
親たちは、たとえば、日帝三十六年の朝鮮における
差別、被差別部落に対する非人間的な対応、沖縄に対する
土地の買い占め等々に関して、なるべく知りたくないし、
そういうことを知ると気持ちが重くなってしょうがないから、
今は考えない、これからいいことをすればいいという感じで、
そういう問題を処理しようとします。その結果が、子供の世界を
地獄にしてしまうのです。子供たちの世界を地獄にすることは、
親や教師の歴史に対する反省が足りないところからきていると
いうことが見えていませんと、今日の日本人の地獄の堂々巡りの
第八領界的な道徳生活から立ち直れるはずがないのです。
日本人の精神性を甦らせる唯一の方法は、過去をどこまでも
徹底して認識できるかということです。
DATE: 2016/05/29(日)   CATEGORY: 短歌
ノートを汚す
時として抑制出来ぬ怒り持ち一心不乱にノートを汚す
DATE: 2016/05/29(日)   CATEGORY: 音楽
不協和音
今聴いて現代音楽身に沁みる不協和音は社会の鏡
DATE: 2016/05/29(日)   CATEGORY: 音楽
官僚とショスタコーヴィチ
ソ連邦ショスタコーヴィチ官僚と一人闘うまさに英雄
DATE: 2016/05/29(日)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』より
(第3週)
自分自身を忘れ
しかも 自分の根源を忘れることなく
人間の成長する自我が
宇宙の万象に 語りかける。
「個我の呪縛から私を
解放するお前の中でこそ
私は 自らの真実を きわめたい。」
『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巌訳
DATE: 2016/05/28(土)   CATEGORY: 政治
よっ!トランプ大統領!
もしもトランプがアメリカの大統領に成ったら…
困り果てるのは、各国の政府高官とやら…
おもちゃの様に軍隊動かすは。
ロシア、中国に喧嘩売るは。
弱い北朝潰そうとするは。
メチャクチャだけど、困るのは政府高官、軍隊、
警官、政府関係者ぐらい…庶民は高みの見物と決め込もう!
どんな悪態つくやら…面白いかも!
DATE: 2016/05/27(金)   CATEGORY: 合衆国
オバマの戦略
オバマは戦略家
大統領就任直後、プラハで核軍縮の演説を行ない
ノーベル平和賞。任期僅かの時に広島で核軍縮で
演説。大統領の間は、好きな事も出来ないが、
任を解かれてからが、彼の真の勝負の時。最初と
最後が繋がる。ノーベル平和賞受賞者として、
思う存分、行動するが良い。
DATE: 2016/05/27(金)   CATEGORY: キリスト教
『魂のこよみ』より
(第4週)
「私は 自分であることの本質を 感じる。」
そう語る感情は
陽光の明るい世界の中で
光の流れと ひとつになる。
そして 思考の明るさに熱を贈り
人間と世界を
かたく ひとつに 結びつけようとする。
『魂のこよみ』よりシュタイナー著 高橋巌訳
DATE: 2016/05/26(木)   CATEGORY: 自由詩
気の触れた日本軍
毛サン金日成サン…気の触れた日本軍が
漢民族、朝鮮民族に野蛮なことしなければ
両国は共産化することはなかったのでしょうか?
日本のせいで両国は共産化したと思っています…
ご迷惑をかけてすみません。
DATE: 2016/05/26(木)   CATEGORY: 仏教
自殺者の祟りか?
自殺者の無念の祟り日本国 天変地異が続く理由は
DATE: 2016/05/26(木)   CATEGORY: 短歌
日本が法治国家だとよ…
日本国 法治国家と言わざりき勝俣どこだ?甘利はどうした?
DATE: 2016/05/17(火)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』より
自分自身を絶えず創造しつつ
魂は 自分自身を認識する。
宇宙霊は この自己認識によって
新たな甦(よみがえ)りを続ける。
そして 魂の闇の中から
自覚せる意志を実らせる。
『魂のこよみ』よりシュタイナー著 高橋巌訳
*所用で一週間ほど休みます。
DATE: 2016/05/17(火)   CATEGORY: キリスト教
『魂のこよみ』より
(第17週)
宇宙の言葉が語るーー
「お前の霊の深みを
私の宇宙の拡がりで充しなさい。
そうすれば いつか私を
お前の中に見出すであろう。」
この言葉を
感覚の門を通して
魂の奥底にまで 私は沈めたい。
『魂のこよみ』よりシュタイナー著 高橋巌訳
DATE: 2016/05/16(月)   CATEGORY: ヒーリング
沖縄は梅雨に
沖縄は、梅雨に入り曇天から雨が滴り落ちています。
細く窓を開けて、雨音を吸う息、吐く息の静かな音と
共に聴き耳を立てています。自身が出版した書籍を
パラパラめくっています。『精神活動体2』Amazonで
検索すると古本として購入出来ます。今、メルヘン3部作
「伝説のたてがみ売り」を読んでいます
DATE: 2016/05/16(月)   CATEGORY: キリスト教
『魂のこよみ』より
(第5週)
光は 霊の深みから現れ
空間の中で 実りゆたかに働きながら
神々の創造行為を 明らかにする。
その光の中で 魂の本質は
宇宙存在にまで拡がりつつ
狭い みずからの内なる強制を脱して
今 新たに甦(よみがえ)ろうとする。
『魂のこよみ』よりシュタイナー著 高橋巌訳
DATE: 2016/05/16(月)   CATEGORY: ポエム 詩
『モモ』
『モモ』冒頭の詩文より

やみにきらめくおまえの光、
どこからくるのか、わたしは知らない。
ちかいとも見え、とおいとも見える、
おまえの名をわたしは知らない。
たとえおまえがなんであれ、
ひかれ、ひかれ、小さな星よ!
(アイルランドの子どもの歌より)
DATE: 2016/05/15(日)   CATEGORY: ポエム 詩
夢うつつ
荒野の焚火を中心にインディアンのシャーマンの踊りを
見続け感応して銀河の端まで旅をする
DATE: 2016/05/15(日)   CATEGORY: キリスト教
『魂のこよみ』より
私の我意を忘れさせるほどに
夏のおとずれを知らせる 宇宙の熱が
私の霊魂を 充す。
霊視が 私に
自分を光に委ねよ 命じる。
予感が 力をこめて 私に告げる
「おのれを見出すために
おのれを すてなさい。」
『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巌訳
DATE: 2016/05/15(日)   CATEGORY: 短歌
屠り場へ行く官僚
官僚は屠り場へゆく牛のよう地獄へ堕ちて永劫の苦界
DATE: 2016/05/15(日)   CATEGORY: ポエム 詩
『魂のこよみ』より
自分の内部から
私自身がよみがえった。
そして 自らが時間と空間の働きの中で
宇宙を開示するものとなった。
宇宙が いたるところで
自らの姿の真実を
神的原像を
私に 現している。
(シュタイナー『魂のこよみ』高橋巌訳)
DATE: 2016/05/14(土)   CATEGORY: 短歌
自由自在
読書する自由の守護は自らの情報源を洗い出す事
DATE: 2016/05/14(土)   CATEGORY: 短歌
スコールの時
死者たちの声が聴こえる訳は無くガラス窓を叩く雨音
DATE: 2016/05/13(金)   CATEGORY: 政治
政治屋と官僚へ
悪業を積みに積みつつ権力者来世の姿お前分かるか?
DATE: 2016/05/13(金)   CATEGORY: 短歌
官僚の虐殺
強欲の官僚どもが自殺者を待っているのだここの虐殺
DATE: 2016/05/12(木)   CATEGORY: 短歌
謹んで自殺者の御霊に
自殺者の御霊は祟る日本国 天変地異の真の原因
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.