FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2015/10/31(土)   CATEGORY: キリスト教
『いかにして高次の世界の認識にいたるか』
あらゆる献身的な畏敬が高次の認識のための
心魂の力を発展させるように、どのような
批判や裁きも高次の認識のための心魂の力を
追い払う。
シュタイナー
『いかにして高次の世界の認識にいたるか』より
スポンサーサイト



DATE: 2015/10/31(土)   CATEGORY: ポエム 詩
四行詩 NO.29
四行詩

NO.29
遠く 夢 織るほど
水平線に浮かぶ
遥か遠い 雲の影
そして 風の 行方
DATE: 2015/10/30(金)   CATEGORY: 詩 想
エーテル神殿
海鳴りの飛沫 舞い散る松林 古びた神殿 靄に浮かぶ
DATE: 2015/10/30(金)   CATEGORY: ヒーリング
『いかにして高次の世界の認識にいたるか』より
歴史以前の太古の時代には、霊の神殿は外的にも目に見えていた。
私たちの生活が非精神的になった今日では、外的な目に見える
世界の中に精神の神殿は存在しない。しかし、精神の神殿は
霊的にはいたるところに存在する。探求する誰もが、精神の
神殿を見出せる。
シュタイナー
『いかにして高次の世界の認識にいたるか』より
DATE: 2015/10/30(金)   CATEGORY: ポエム 詩
四行詩 NO.28
四行詩

NO.28
青い空に 動き続ける 雲
広野の風は
躍動の中で 思う通り
弧を描き続ける
DATE: 2015/10/29(木)   CATEGORY: キリスト教
いかにして高次の世界の認識にいたるか
心魂の或る基調が発端にならねばならない。その
基調を神秘学者は、真理と認識に対する「尊敬の道、
帰依の道」と名づけている。この基調を有する者だけが
修行者になれる。
シュタイナー
『いかにして高次の世界の認識にいたるか』
DATE: 2015/10/29(木)   CATEGORY: 短歌
仏 見る
仏 見る人の行為に仏 見る働きとして仏 見る
DATE: 2015/10/29(木)   CATEGORY: 仏教
華厳経
心の器がいつも清らかであれば、仏を見ることが
できる。心の鏡がよごれているから、仏が見えない。
仏が見えないのは心の器がこわれているからだ。
『華厳経』「如来出現品37の3」
DATE: 2015/10/29(木)   CATEGORY: キリスト教
シュタイナー思想
自分よりも高いものが存在するという深い感情を
私たちのなかで発展させないと、私たちは自分を
高いものへと発展させる力を自分のなかに見出さない
だろう。秘儀参入者は心を畏敬の深み、帰依の深みに
導くことを通してのみ、自分の頭を認識の高みに上げる
力を獲得したのである。謙譲の門を通るときにのみ、
精神の高みに達する。真の知には、君がその知を敬う
ことを学んだときにのみ到達できる。
シュタイナー
『いかにして高次の世界の認識にいたるか』より
DATE: 2015/10/29(木)   CATEGORY: ポエム 詩
四行詩 NO.27
四行詩

NO.27
広野や海 純然たる自然
夢見ていた 遠く遥かな夢
野の緑 青い空 煌めく海原
我を忘れ 夢見ていた 夢見た
DATE: 2015/10/28(水)   CATEGORY: 短歌
紅龍
丹田に住まう紅龍 雷(いかづち)の帯電はるか空(くう)を切りつつ
DATE: 2015/10/28(水)   CATEGORY: キリスト教
シュタイナー思想
世界と生活について軽蔑し、裁き、批判的に
判断するときに自分のなかに何が入り込んでくるか
に気づこうとすると、私たちは高次の認識に近づく。
そのような瞬間に、自分の意識を世界と生活に対する
賛美・尊敬・敬意で満たすと、私たちは速やかに上昇する。
このようなことに経験のある者は、ふだんは微睡んでいる
力がそのような瞬間に人間のなかで目覚める、ということを
知っている。こうして、霊眼が人間に開かれる。
シュタイナー
『いかにして高次の世界の認識にいたるか』より
DATE: 2015/10/28(水)   CATEGORY: 自由詩
米軍の作戦成功祈願
我らに来たり給え、助力せんがために、
我らに来たり給え、安んぜんがために、
我らに来たり給え、支援せんがために、
我らに来たり給え、恵みのために、
我らに来たり給え、治療のために、
我らに来たり給え、勝利のために、
DATE: 2015/10/28(水)   CATEGORY: 合衆国
双頭の鷲
尾翼にも双頭の鷲ペイントし あるべき理想 護るアメリカ
DATE: 2015/10/28(水)   CATEGORY: キリスト教
いかにして
どんな人のなかにも、高次の世界についての
認識を獲得できる能力が微睡んでいる。
シュタイナー
『いかにして高次世界の認識にいたるか』より
DATE: 2015/10/28(水)   CATEGORY: ヒーリング
四行詩 NO.26
四行詩

NO.26
広野 風 遠い雲 そして花々 青い空
見つめ 夢見ていた
それは白日に光の中で見た 夢
色彩と 心地よい風の饗宴
DATE: 2015/10/27(火)   CATEGORY: 合衆国
米国とローマ帝国
米国とローマ帝国が重なるそんな日には月が満月
DATE: 2015/10/27(火)   CATEGORY: 短歌
プラネタリウム
天の川プラネタリウムで仰ぎ見て宇宙は愛で静かに踊る
DATE: 2015/10/27(火)   CATEGORY: 詩 想
四行詩 NO.25
四行詩

NO.25
夢 織るほどに
深まり行く 思い
広野の草花は
風に 夢に 揺れる
DATE: 2015/10/27(火)   CATEGORY: キリスト教
『薔薇十字会の神智学』より
愛に満ちた思考を放つと、その思考は萼(がく)の
ような形の光になって、エーテル体とアストラル体の
上に愛情のこもった仕方で漂い、活力と祝福を与える。
シュタイナー『薔薇十字会の神智学』より
DATE: 2015/10/26(月)   CATEGORY: 短歌
抒情三首
この青に白い一線引かれつつ飛行機雲は空を横切り


一面の純白の花その中に一輪真紅 盛りの時に


青空を胸の内より裂き出して天空の色七つに分かれ
DATE: 2015/10/26(月)   CATEGORY: 音楽
音楽を!
どうして人間はここまで残酷になれるのだろう(イスラム国)。
どうして人間はここまで嘘つきになれるのだろう(官僚)。
そう思う午後に音楽を流す。
魂を無限の天空へと誘う。
上昇させてくれる存在。
耳を傾けて、目を瞑る。
むせび泣く声を音楽に乗せる。
DATE: 2015/10/26(月)   CATEGORY: 短歌
輝きの宴
窓からの陽射し強烈 輝きの宴の如く白光踊る
DATE: 2015/10/26(月)   CATEGORY: ポエム 詩
四行詩 NO.24
四行詩

NO.24
野の夢に
眠り続ける 君
優しい頬に
思い出を そっと なぞる
DATE: 2015/10/25(日)   CATEGORY: 詩 想
15の笑顔
微睡みに時系列が溶けてゆく亡くした友の15の笑顔
DATE: 2015/10/25(日)   CATEGORY: 仏教
創価崩れ
慈悲深い創価 崩れの私にも題目あげて吉兆のあり
DATE: 2015/10/25(日)   CATEGORY: 短歌
米兵は
米兵のみ自由を守る守護霊とこの世界で成れる存在は
DATE: 2015/10/25(日)   CATEGORY: ポエム 詩
四行詩 NO.23
四行詩

NO.23
遠のく雲
青い空に
透明な光
君は願い事を 呟く
DATE: 2015/10/24(土)   CATEGORY: 詩 想
四行詩 NO.22
四行詩

NO.22
木々は
風に答え
草花に
影が落ちる
DATE: 2015/10/23(金)   CATEGORY: 短歌
夜の扉
そっと開け夜の扉は夢見がち闇から光へ旅立つ者ら
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.