FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2015/08/31(月)   CATEGORY: 短歌
虹の橋 駆け登りつつ胸開き大空へと消えて行く我
スポンサーサイト
DATE: 2015/08/31(月)   CATEGORY: 合衆国
習近平へ
習よ聞け愛ある子らを迫害し神の怒りで混乱の極み
DATE: 2015/08/31(月)   CATEGORY: ポエム 詩
野の花
広野にて色鮮やかに咲き誇る野の花集めカゴ編む少女
DATE: 2015/08/31(月)   CATEGORY: 詩 想
理想世界
白い雲あれが天使さ見晴らして理想の世界が空から見詰め
DATE: 2015/08/31(月)   CATEGORY: 短歌
風の音
風の音 音楽が止み透き通る陽光とともに天から注ぐ
DATE: 2015/08/30(日)   CATEGORY: 合衆国
習近平・チベット・ウィグル
習近平 神に逆らう弾圧は権力の魔に喰われた姿


風の中 自死の死霊 君ら永遠 権力者には泣を見せてやれ
DATE: 2015/08/30(日)   CATEGORY: 詩 想
一条の光
音楽の甘い旋律こじ開ける閉ざした心に一条の光
DATE: 2015/08/30(日)   CATEGORY: ポエム 詩
風に乗る
風に乗る窓 開け放ち魂の行方 追う道 風の吹く里
DATE: 2015/08/30(日)   CATEGORY: 詩 想
血肉
血肉から絞り出したる一言は君の胸にもきっと届いて
DATE: 2015/08/30(日)   CATEGORY: 短歌
存在証明
呪詛でしか己の存在 誇示できぬ君の生命とても悲惨で
DATE: 2015/08/30(日)   CATEGORY: キリスト教
汝の敵を愛せよ
悔しいが神に委ねたこの身体 報復しない益々愛せ
DATE: 2015/08/30(日)   CATEGORY: 政治
呪詛官僚
心臓に木の杭 打つ奴がいて俺の批判が気に入らないか
DATE: 2015/08/29(土)   CATEGORY: 合衆国
米国とローマ帝国
米国とローマ帝国が重なるそんな日には月が満月
DATE: 2015/08/29(土)   CATEGORY: 合衆国
アメリカの国策
音楽のグローバリゼーション アメリカの国策と観たROCKが響く
DATE: 2015/08/29(土)   CATEGORY: 音楽
自由なジョン・ケージ
ジョン・ケージの自由さ加減 理解せず世界を語る不自由な君
DATE: 2015/08/29(土)   CATEGORY: 政治
橋下ファッショバンザイ!
橋下氏は、50年・100年に一度の大政治家!
そんなことも見抜けぬほど日本人は劣化したのか?
彼の後光のもと、政治家になって勝手なこと言ってる奴…
全て落選!橋下ファッショ。この逸材の言うことの聞けない
馬鹿者は、とっと消え去れ。橋下批判は100万年早い!
DATE: 2015/08/29(土)   CATEGORY: 短歌
花の園
鳥たちと蜂が訪れ花の園 龍神 風に木々は欠伸す
DATE: 2015/08/28(金)   CATEGORY: 音楽
理論上の中国
《THEORETICAL CHINA》
作詞・作曲 Winston Tong 訳詞 内田 久美子



行ったことはないがいろんな話を聞く

まず片足を 次いでもう片足を踏み入れよう
誰も思いもよらない世界へ行くんだ
そこでは人々は現在形でしか喋らず
過去形も未来形もまわりくどい言い廻しも
それに愛という言葉も存在しない

理論上の中国
理論上の中国
理論上の中国
愛という言葉がない

献身や尊敬や願望は話題にできる
欲望や欲求や性欲についても話せるようになった
万里の長城の向こうにも無数の人々がいる
彼らがああゆう考え方をすることに
なんの不思議があるだろう

理論上の中国
理論上の中国
理論上の中国
愛という言葉がない

マルコ・ポーロみたいに理解しようと努めろ
この古代世界の紙幣や迷信や香について
結婚式には黒衣 葬式には白装束
遠近法がすごくシュールだ
ここは別世界

理論上の中国
理論上の中国
理論上の中国
愛という言葉がない

なんとしても混乱に陥るまい
一歩違ったが最後すべてを永遠に見失う
きみは風采も身元も歳も打ってつけだ
飛行機に乗って新聞の一面を飾れ
歴史をつくるのさ

理論上の中国
理論上の中国
理論上の中国
愛という言葉がない


*86年日本発売のALBUM《THEORETICALLY CHINESE》
Winston Tongは、中国系アメリカ人二世、サンフランシスコ
生まれ。今(86年の時点で)はブリュッセルに住んでいる。
入れ込んだALBUMです。死ぬほど聴き返しました。
理論上の中国
理論上の中国
理論上の中国
愛という言葉がない
このフレーズにぞっこん!!!
DATE: 2015/08/28(金)   CATEGORY: 音楽
ピンク・フロイド
《one of the few 》 pink Floyd
作詞・作曲 roger waters 訳詞山本 安見

もし きみが無事に窮地を脱した
数少ない一人だとしたら
収支を償わせるために何をする?
彼らを怒らせろ 悲しませろ
2と2を足させろ
彼らを僕そっくりに仕立てあげろ
きみそっくりに仕立てあげろ
きみの都合のいいように彼らを動かせ
彼らを笑わせろ 泣かせろ
彼らを横たわらせて そして 殺すがいい


*82年のALBUM《the final cut》より
ベーシストのroger watersの独壇場。
全曲、作詞・作曲を手がけて居ます。
このイギリス的な不条理、皮肉が
たまらなく「健全」な精神の発露に見えます!
DATE: 2015/08/27(木)   CATEGORY: 自由詩
土屋昌己のALBUMから
DAYDREAMS OF YOU
作詞 松尾由紀夫 作曲・編曲 土屋昌己

手のひらに 透きとおる
あの頃の 遠い空
まぶしさと 甘い風
誘われて 見つめあう


きみの名を 呼びかけた
木霊する 森で


Daydreams of you
ゆれながら 心まで
Daydreams of you
なつかしい夢の中
とけてゆく 誰のせい


守るのは きみのこと
果てしない 無垢な夢
近づけば 遠ざかる
心へと招く声


ふりむいて 迷いこむ
微笑みの 森に


Daydreams of you
恋人の ふりをする
Daydreams of you
嘘つきな 子どもだね
くちづけも かわさずに


Daydreams of you
ゆれながら 心まで
Daydreams of you
なつかしい 夢の中
とけてゆく 誰のせい


*80年台に発売されたレコードの歌詞を転載
自身の鉛筆で文字数を数えた形跡あり。
作詞家になりたかったな…
DATE: 2015/08/26(水)   CATEGORY: 音楽
ノスタルジア
あの時の思い出の曲 聴いていると胸を締めつけ切なさ積もり

Amazonからターンテーブルとプリメインアンプ届きBOSEの
スピーカーにつないで高校時代から集めたレコード盤を再生。
しばし郷愁に浸っております。ので今日はこれまで!
DATE: 2015/08/25(火)   CATEGORY: ヒーリング
認識の祈り
シュタイナー「認識の祈り」


アウム アーメン
悪が栄えます。
崩れてゆく自我の証を、
他人に明かされる己の罪を、
日用の糧の中に見なければなりません。
天の意志はどこにも働いていません。
人間はあなた方の御国から離れ、
あなた方の御名を忘れているのです。
天にいます 父たちよ。
DATE: 2015/08/25(火)   CATEGORY: 詩 想
しぶとく生きる
世界観てしぶとく生きて変えて行く理想世界はまだ遠くだが
DATE: 2015/08/24(月)   CATEGORY: 短歌
雅子妃〈推敲〉
雅子妃は火の鳥となれ列島の護り神なり火山たゆたう
DATE: 2015/08/24(月)   CATEGORY: 短歌
雅子妃
雅子妃は火の鳥となれ列島の護り神なる火山たゆたう
DATE: 2015/08/24(月)   CATEGORY: ヒーリング
ヘルダーリン『ヒューペリオン』より
「おお、天と地よ」とぼくは叫んだ。「これが
喜びでなくてなんだろう。ーこれこそは今までと
違う時代だ。これは、この子供じみた世紀の音調
ではない。人間の心が圧制者に鞭打たれてあえいで
いる土地ではない。ーそう、そうだとも、君の
素晴らしい魂にかけて言おう。君は僕と一緒に
祖国を救うのだ」
DATE: 2015/08/24(月)   CATEGORY: 自由詩
逝った奴
俺のちっぽけな心の中で
生者と死者が
同等のリアリティーを持って
話しかけてくる
逝った奴…

あの頃一緒に聴いた曲
思い出す海の見える
高台を共に散策したこと

君は猫じゃらしを折って
口にくわえて ご満悦

あくまで陽は高く
燦々と輝き
我らの道を賛美した

青空に白雲が浮かび

そんな日には…
DATE: 2015/08/23(日)   CATEGORY: ヒーリング
ヘルダーリン『ヒューペリオン』より
愛する祖国の地は、ふたたびよろこびと悲しみをあたえる。
ぼくはこうして、毎朝コリントス地峡の高みに立つ。
ぼくの魂は、しばしば、花々の間を飛ぶ蜜蜂のように、
日に燃える山々の裾を右からも左からも涼しく洗う
海の間を飛び交う。
DATE: 2015/08/23(日)   CATEGORY: 仏教
シロアリ官僚の来世
人様に産まれ出ること稀にして極悪サルの胎に宿りて
DATE: 2015/08/23(日)   CATEGORY: 自由詩
そんな時代だ
天変地異に人心は不安定。戦争、小競り合い
テロが絶えない。太陽フレアが活発で、地球環境、
人の心をかき乱しているのか?
こんな時、静かな部屋に閉じ籠り、聖書を紐解く。
神の怒り、神の愛、善人と悪人をふるい分けしている。
災難に会わない事を神に感謝する。そんな時代だ。
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.