FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2014/11/30(日)   CATEGORY: 仏教
どう過ごしても
不平不満をいいながら過ごしても一生、
満足し感謝の中に過ごしても一生、
ということになるならば、同じ一生を、
喜びの中に過ごそうではありませんか。

仏教を読む 「浄土三部経」花山勝友著
スポンサーサイト
DATE: 2014/11/30(日)   CATEGORY: 短歌
ピストルが一丁
桜の木 根本に眠る胞衣の中ピストルが一丁 血を求めている
DATE: 2014/11/29(土)   CATEGORY: 短歌
この世に想い
この時を大切にしたい今在るとこの世に想い大きな想い
DATE: 2014/11/29(土)   CATEGORY: 音楽
ピンクフロイド最期のアルバム
いつまでも春よ続けと思ってもピンクフロイド最期のアルバム
DATE: 2014/11/28(金)   CATEGORY: 自由詩
海辺の里のスケッチ
風が去った後の庭を眺めている
ラベンダーにミツバチが寄り蜜集め
か細い羽音が海風に溶け込む

太陽が静かに力強く
陽光を輝かせて
世界が輝く

小鳥が鳴き止まず
青空に雲が浮かび
鳥影は暗く空間を切る

里の空気を細く長く吸い込み
ヨガのまねごと
空が青く遠くささやく
思い出は天空が知っていると…
DATE: 2014/11/27(木)   CATEGORY: 詩 想
水晶宮殿
瞑想の最初の雑念通り過ぎ水晶宮殿 現れ出て
DATE: 2014/11/27(木)   CATEGORY: 短歌
蜜の流れる博士
宗教で蜜の流れる博士 夢見て今日も利他行 今日も本読み
DATE: 2014/11/26(水)   CATEGORY: 自由詩
鏡の湖面
慈愛のか細い そぼ降る雨
小鳥たちは鳴き止まず
灰色の雲は天空を埋め尽くし
涼しい風が物言いたげに通り過ぎ
読みさしの本のページをめくる

温かなコーヒーと

世界が荒れ すさんでいるようでも
私の心に鏡のような湖面があり

白い遊覧船が遡行する

静かな時
午後3:00は…
DATE: 2014/11/26(水)   CATEGORY: 短歌
宗教界
自らが地震源となり宗教界 理想を追って天空 突き抜け
DATE: 2014/11/26(水)   CATEGORY: 音楽
U2純潔の歌
U2の「純潔の歌」懺悔する如く毎朝 鳥達と聴いている
DATE: 2014/11/26(水)   CATEGORY: 詩 想
八正道
「涅槃に至る八つの道」を眺めてみますと、
いささかも奇をてらっていないことに気づきます。
日常「正しい」とされることを一つずつ身につけてゆく、
それがそのまま、日常を超え神仏の世界にまで通ずる
「聖」になると考えられている。
仏教を読む「阿含経」金岡友秀
DATE: 2014/11/26(水)   CATEGORY: 仏教
仏教を読む
仏教の目指す知恵は、このようにいつも全身的なものです。
頭だけが遊離した概念的な知恵は、仏教の求めるいかなる
部分にもなかったのです。仏教はその最終段階においても、
座禅のうちに真実をつかんだことを改めて思い出さなければ
なりません。
仏教を読む 「阿含経」金岡友秀著
DATE: 2014/11/25(火)   CATEGORY: 仏教
高みを目指して
自分に謙虚な人のみが、第三者に対して
慈しみ深くあるという人間の根本的行動を
身を持ってつかんだと言えます。
これが釈尊の苦行=慈悲行の構造です。
もしこの構造を無視して四諦十二因縁八正道と
いう教えの中にのみ仏教の教えを見出すのだとしたら
それは明らかにひとりよがりの解釈と言わねばならない
と思います。

仏教を読む 「阿含経」金岡秀友著
DATE: 2014/11/25(火)   CATEGORY: 仏教
甘露の雨
か細い雨 甘露の雨は木を濡らしまどろむ大地を目覚めさせ
DATE: 2014/11/25(火)   CATEGORY: 仏教
ブッダの言葉「はげみ」
つとめ励むのは不死の境地である。
怠りなまけるのは死の足跡である。
つとめ励む人々は死ぬことが無い。
怠りなまける人々は、つねに死んでいる。
DATE: 2014/11/25(火)   CATEGORY: 自由詩
コーランについての備忘録
学生寮でコーランを勉強している
人の会う コーラン事典を見せてもらうが
カラスの項目が最初にあり
水墨画の様な柿の木の枝にカラスが止まり
幹を行ったり来たりしている
そこへ民族楽器を持った学生が現れ
練習を始める少しその場に留まるが
退室する様に案内者に促される
DATE: 2014/11/24(月)   CATEGORY: 短歌
あらゆる因習から逃れるために
因習は重力のよう魂の飛翔ならずと立つ巌の波
DATE: 2014/11/24(月)   CATEGORY: 音楽
音楽の果て
風の音 音楽の果て深呼吸 陽光は降り満ち足りた時
DATE: 2014/11/23(日)   CATEGORY: 自由詩
銀河の覇者
風に包まれて
蒼い星 地球が白い雲の中
自転をしている

夜の部分のこの星は
液化燃料を燃やして
都市は光に包まれ
星々のように瞬く

どの様に環境が激変しようとも
人間の進化の衝動は止められぬ

あと5回ぐらい輪廻転生をしたら
銀河の覇者になっているかも…

そんな日を夢見て
DATE: 2014/11/23(日)   CATEGORY: 詩 想
瀕死のカリフ
その髭をジッポのオイルで燃やして神への燔祭カリフのツラは
DATE: 2014/11/23(日)   CATEGORY: 短歌
光明で
光明で自殺者の魂 包み込み天へと送る使命と信ず
DATE: 2014/11/23(日)   CATEGORY: 仏教
ブッダの言葉
続きを読む
DATE: 2014/11/23(日)   CATEGORY: 合衆国
アメリカの敵
アメリカの敵百人を板切れへ墨書きしつつ呪詛かけている
DATE: 2014/11/22(土)   CATEGORY: 自由詩
飽和のベクトル
社会も思想も一度
沸き立つ過剰の水泡へ飽和へ

そのたぎる前衛から
あらゆる方向へ
突破のベクトルを放つ!

おぼろげな霧が晴れて見えて来るもの…
DATE: 2014/11/22(土)   CATEGORY: 仏教
瞑想の光
瞑想の光見たから何だとか利他の心へ変わらねば
DATE: 2014/11/22(土)   CATEGORY: 自由詩
風に祈り
太陽は昇りそして沈む
永遠があるとしたら永遠とは
この繰り返されるリズム…

風に祈り
死者を弔い
生者に寄り添い

今日も一日
明日もまた…
DATE: 2014/11/22(土)   CATEGORY: 短歌
米帝国その2
米帝国 自由の理念 全世界 貫く意志の権化と見たり
DATE: 2014/11/22(土)   CATEGORY: 合衆国
米帝国
米帝国 自由の帝国 我愛す明けの明星 天空を制す
DATE: 2014/11/21(金)   CATEGORY: 自由詩
生者と死者
俺のちっぽけな心の中で
生者と死者が
同等のリアリティーを持って
話しかけてくる
逝った奴…

太陽は輝き
青空に白雲が浮かび
星々が瞬く

そんな日には…
DATE: 2014/11/21(金)   CATEGORY: 音楽
ボノ新譜でイスラム国を揶揄
世界で最も醜いものは信仰によって正当化される
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.