FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2014/03/21(金)   CATEGORY: 自由詩
セミオートマチック
半自動で不正蓄財の官僚ニュースで見ると
呪詛発動して死後の世界の仕切ってやる!
最後の最後に泣くのは誰か?

我 神と共にあり
DATE: 2014/03/19(水)   CATEGORY: 自由詩
エリア51
時の権力者に怒りまくって旧約読んでいると強烈な幻。
蜜蜂の巣の入り口のように忙しく発光体の出入り。
これがエリア51すぐにわかった。

地球進化を仕切る新参者。
自由 正義 人権の守護神。
UFOとアメリカ合衆国。
世界の標準、規範。
DATE: 2014/03/19(水)   CATEGORY: 自由詩
ミミヅクは現代音楽好き
昨日の夜中ミミヅク鳴き声を聴くNETRADIOで
現代音楽かけていると音楽とミミヅクがコラボレーション
ハモっている ミミヅクは現代音楽好きと知った夜
DATE: 2014/03/19(水)   CATEGORY: 自由詩
サトウキビ畑で
サトウキビ畑でひばり鳴き風に乗り戯れ
自由謳歌しているようでも 厳しい掟に支配された本能は
DATE: 2014/03/19(水)   CATEGORY: 自由詩
マダワカンナイノ?
マダワカンナイノ?
中共とか日本国は
神に在天の父に
呪われてるんだ…

民衆が不甲斐ないから
神から活入れられてるんだ!
立ち上がれ!

橋下市長をよろしく!
DATE: 2014/03/19(水)   CATEGORY: 自由詩
ウジ虫官僚様様
エゼキエル書35章3節(翻案)

富士山よ、私はお前に立ち向かう。
私はお前に向かって手を伸ばし
お前を荒れ果てた廃墟とする。
私はお前の町々を荒地とする。
DATE: 2014/03/19(水)   CATEGORY: 自由詩
官僚様様へ 橋下ガンバレ!
エゼキエル書34章3節(翻案)

災いだ、自身を養う官僚たちは、官僚は群れを養うべきだはないか。
お前たちは弱いものを強めず、病めるものをいやさず、傷ついた
ものを包んでやらなかった。
DATE: 2014/03/18(火)   CATEGORY: 自由詩
目を開く
あんまりいい趣味じゃあないが一国が
滅びる過程をじっくり見てやろうと思う
20年後の日本国三等国の貧乏人と老人ばかり
あいも変わらずTVはアイドルの太ももチラチラ?
DATE: 2014/03/18(火)   CATEGORY: 自由詩
エゼキエル書から
エゼキエル書7章25節

恐怖が臨む。
彼らが平和を求めても、どこにもない。
災いに災いが続き
悪い知らせが相次いで来る。
彼らが幻を預言者に求めても得ず。
律法は司祭から失われ。
助言は長老たちから失われる。
DATE: 2014/03/18(火)   CATEGORY: 自由詩
預言者気取りで
そうさ旧約の預言者気取りで読んでいる
イザヤ書 エレミヤ書 エゼキエル書
じっと斜視で睨みつけてどう日本が滅びに向かうかを…
DATE: 2014/03/18(火)   CATEGORY: 自由詩
イカレ官僚の日本国
古色憤然とした日本国 神は旧約の対応を
摂ると思われる 呪いの怒りの厳しい神DAZE
DATE: 2014/03/18(火)   CATEGORY: 自由詩
サクラ
サクラ 神の呪いの花 咲く日本
古代を思わす芸能 神の怒りの対象
DATE: 2014/03/18(火)   CATEGORY: 自由詩
春一番
ソメイヨシノ咲き誇りに誇り 神の呪い
春一番と共にやって来る 悔い改めよ日本
DATE: 2014/03/18(火)   CATEGORY: 自由詩
呪われた官僚
イザヤ書29章9節

ためらえ、たちすくめ。
目をふさげ、そして見えなくなれ。
酔っているのか、ぶどう酒のゆえではない。
よろめいているのか、濃い酒のゆえではない。
DATE: 2014/03/17(月)   CATEGORY: 自由詩
カルマの満月の晩に
この月も星々も太陽も今生が見納め!
権力者ども死後はうんざりする所へ送りつけてやるから…
糞尿地獄か?ムンと臭えな おまえ…
DATE: 2014/03/17(月)   CATEGORY: 自由詩
マタイ福音書より
…『私の家は、祈りの家と呼ばれるべきである。』
ところがあなたたちは
それを強盗の巣にしている。」

おい!官僚…祈りの家とは国家のことだよな…
地獄で会おうぜ…
DATE: 2014/03/17(月)   CATEGORY: 自由詩
トマス福音書より 橋下ガンバレ!
父の国は、高官を殺そうとする人のようなものである。
彼は自分の家で刀を抜き、自分の腕がやり遂げたかを知るために、
それを壁に突き刺した。それから、彼は高官を殺した。
DATE: 2014/03/17(月)   CATEGORY: 自由詩
北朝と日本 トマス福音書より
「不妊の女と子を産まなかった胎と、ふくませなかった
乳房とは、幸いだ」という日が、今に来る。
DATE: 2014/03/16(日)   CATEGORY: 自由詩
天使らが
漆黒の闇 浮かぶ月 音楽を消して横になり
自身が息する音を聴く 心音を聴く
これら生命の営みは天使らが日夜行うもの
息に心音に天使の働きを知る
DATE: 2014/03/16(日)   CATEGORY: 自由詩
追い求めな
この春の空のように若さは可能性!追い求めな!
なんでも心のままやりたい事を追求しな!健康な青春の日に
DATE: 2014/03/16(日)   CATEGORY: 自由詩
陽光が踊る
陽光が喜びを伝え踊る地球の裏側まで
雲が緑の草原に影を落として牛眠る午後
DATE: 2014/03/15(土)   CATEGORY: 自由詩
一日は一日
もうじき夕陽が沈む一日の行為を携えてカルマのメモリー
倉庫に置かれる今日という一日 どう生きても一日は一日
DATE: 2014/03/15(土)   CATEGORY: 自由詩
海が満ちるのを見ていた
静かな湖面のような海が満ちるのを見ていた
太陽は昇りまなこいっぱいに広がる陽光はたぶん神の愛
DATE: 2014/03/14(金)   CATEGORY: 自由詩
何時も一緒さ
「神は我が避けどころ」神はまるで恋人のように何時も
一緒さ 夜の帳がおりて今日を静かに休む 月が綺麗
DATE: 2014/03/14(金)   CATEGORY: 自由詩
晴れて曇って
晴れて曇って日がな一日陽光はあくまで透明で
神の愛が降り注ぐこの陽射しは窓辺にもたれて外を眺める
DATE: 2014/03/14(金)   CATEGORY: 自由詩
十分に苦しんだ
もう君は十分に苦しんだのだ…自らを自らに許してやれ!
自身を鏡に映して 可哀想に ご苦労様
優しい言葉を自身にかけてやれ…
DATE: 2014/03/14(金)   CATEGORY: 自由詩
ゆるし
神が我々の罪を赦したように君の父
回りのスタッフを許せるか?
聖書を読んで考えて見て!
DATE: 2014/03/13(木)   CATEGORY: 自由詩
平安な心を
最近の世界は平安な心を乱れさす事象が多い
しっかり己を保っていないとうっかり挑発に乗りかねない…
DATE: 2014/03/13(木)   CATEGORY: 自由詩
ユタに奉仕
わだちのあるまっすぐな道朝日に映えて
近いうちに知り合いのユタを気功とマッサージで癒す
奉仕の意味はキリストに一歩でも近く
DATE: 2014/03/12(水)   CATEGORY: 自由詩
陽光を額に受け切る
毎日昇ってくる太陽ほどに確か父に愛は
陽光を受け切るとちょっと身長が伸びた…聖書は拠り所
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.