FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2014/02/28(金)   CATEGORY: 自由詩
善行悪行
明らかに悪が支配する世界の中で善行悪行の
出納帳はプラスマイナス?後生への影響は?
スポンサーサイト
DATE: 2014/02/28(金)   CATEGORY: 自由詩
中国共産党三題
神々の会話のごとく一言二言アメリカに
愛人村作る中国共産党員の頭の中は汚職の上前はねる事


来世まで償わなければならない罪犯す
権力者たちもう目覚める事あるまい権力の魔性に囚われて


中国共産党員権力の魔性に囚われた堕落なのだが
脳乱の良薬は神の前にひれ伏し罪告白することなのだが
DATE: 2014/02/28(金)   CATEGORY: 自由詩
受胎操作の神
処女懐胎のイエスにしても受胎操作出来る神
自爆テロ犯をブタの胎インドへ吹き飛ばすことなど簡単
DATE: 2014/02/28(金)   CATEGORY: 自由詩
自爆テロ犯ブタの胎児
自爆テロ犯死後の世界はブタの胎児インドの乞食に法則で
転生してゆくウソつきサギ師の幹部どもは私腹肥やし堕落
DATE: 2014/02/28(金)   CATEGORY: 自由詩
鏡の湖面
景色が映り込むほど研ぎ澄まされた湖面に
手漕ぎボートの軌跡 余韻が解き放たれ音となるー
DATE: 2014/02/27(木)   CATEGORY: 自由詩
何時だって
何時だって君らの事 考えている共産主義者…
宇宙レベルの輪廻転生で感染した病なんだよ共産主義は
DATE: 2014/02/27(木)   CATEGORY: 自由詩
今更イデオロギー?
共産主義者には鋼鉄の鎖で手かせ足かせ
はめねばならぬ あの憑依の邪悪イデオロギーが襲う
DATE: 2014/02/27(木)   CATEGORY: 自由詩
何残す
とどのつまり骨となり火葬されて骨壷に納まる
君!この世に何残すいつか消えるムクロ抱えて
DATE: 2014/02/27(木)   CATEGORY: 自由詩
纏足と青銅鼎の国
漢民族は退廃的でグロテスク悪い人たち
共産思想が混入して根腐れ性ワルになった

清朝の退廃、新中国のイデオロギー通り
「過去にこだわって」みました…
DATE: 2014/02/27(木)   CATEGORY: 自由詩
この青空
この青空 見つめたままもう帰ってこなくても
いいんだぜ!5つの書架と音楽と君と苦い薬少し
DATE: 2014/02/26(水)   CATEGORY: 自由詩
銀河の光
天に星々の瞬く銀河の光にスタンド一本
この地上 「イエスの祈り」の活字眩しく目に染みて
DATE: 2014/02/26(水)   CATEGORY: 自由詩
山あり谷あり
一秒毎に一歩一歩前へ進む!時は待ってはくれまい
山あり谷あり春だから小鳥の声も聞こえて 景色を楽しもう!
DATE: 2014/02/26(水)   CATEGORY: 自由詩
椰子の木
珊瑚の破片が砕けて出来た白い砂の浜辺に
椰子の木が二本寄り添うように影落とす潮騒の島
DATE: 2014/02/26(水)   CATEGORY: 自由詩
サマリアの女
深い井戸から水を汲むサマリアの女に
イエスは水を所望した暑い日盛りの午後の事
DATE: 2014/02/25(火)   CATEGORY: 自由詩
君と二人
手漕ぎボートに君と二人鏡のような湖面を走り
中州の秘密基地まで…空がこんなにも明るいから
DATE: 2014/02/25(火)   CATEGORY: 自由詩
叩けよ!
叩けよそうすれば開いてもらえる選ばれた魂持つ
あなたは新しい契約 新約聖書を読むべきだ
DATE: 2014/02/24(月)   CATEGORY: 自由詩
軍港を静かに出てゆく
極東のみぞれ混じりの雪降る軍港を静かに任務につく
船出てゆくその灰色の船体に風に舞う白い物付着してゆく
DATE: 2014/02/24(月)   CATEGORY: 自由詩
空を見上げ
雲が翼を広げヨガの行者のような細い長い息をして
ゆっくりゆっくりこの青空を流れ夢をささやく
DATE: 2014/02/24(月)   CATEGORY: 自由詩
新しい契約
イエスは世界を十字架につけるためにこられた方
血縁を捨て家族を捨てて神と新しい契約を結ぼう
DATE: 2014/02/23(日)   CATEGORY: 自由詩
予定調和
神直接手を下す予定調和 信じているから
世界がざわつき荒れていても平安の中にいる
DATE: 2014/02/22(土)   CATEGORY: 自由詩
弱き者
弱き者肉なる者に神愛注ぎ正しい道
諭す姿 夢で会ったんだ勤勉な農夫のような父に
DATE: 2014/02/22(土)   CATEGORY: 自由詩
微睡み
昼の微睡み 敵の頭蓋に銃弾をぶち込み
頭の半分を吹き飛ばす幻見ていた平安の中
DATE: 2014/02/22(土)   CATEGORY: 自由詩
一日は一日
南向きの窓から陽光 音楽のように降りてきて
花瓶の水を替え一息つくと昼一日は一日
DATE: 2014/02/21(金)   CATEGORY: 自由詩
平安
世界が落ち着きなく騒ついていても聖書に
もとい置いた生活は平安の中にあり満ち足りている
DATE: 2014/02/21(金)   CATEGORY: 自由詩
巨大な十字架
北極の巨大な揺らぎの中地球飲み込む
漆黒の十字架建って地球の出来事を制御している
DATE: 2014/02/21(金)   CATEGORY: 自由詩
ハイビスカスの鉢植え
風吹き止まぬ街の路地三つ目を折れて
侘しい雑貨店の前のハイビスカスの鉢植えが眩しい
DATE: 2014/02/21(金)   CATEGORY: 自由詩
神 本当にいらっしゃから
白衣のキリストがこの青空を歩く風の強い一日
そんな幻を見るほどに空を凝視している一日
私は信じた 聖書の神とキリスト
本当にいらしゃって今活動されているから
DATE: 2014/02/20(木)   CATEGORY: 自由詩
力なき我
力なき我 祈る事しか出来ないからそれしか無いから
苦しみ悲しみ病みに咽ぶ人々に対して祈る事しか出来ないから
ほら こうして身一つ白光の魂力込めて頭痛するほどに集中して…
DATE: 2014/02/20(木)   CATEGORY: 自由詩
幼稚な祈りは
壮大な眩い都市の夜景その一つ一つの灯りの下に
人と人の温もりと愛があって欲しい幼稚な祈りは…
DATE: 2014/02/20(木)   CATEGORY: 自由詩
若き命
5Wのミニアンプの音量を絞って
若い命がエレキギターを弾いている
たぎる情熱とスティール弦が
小さな部屋を宇宙の中心に変え
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.