FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2014/02/19(水)   CATEGORY: 自由詩
風の街
いつものように風通り過ぎる街角に
透き通る陽光に暖められた植物の鉢もの言わず佇む
DATE: 2014/02/18(火)   CATEGORY: 自由詩
聖書と法華経
無一物だよ…祈ることしか出来ないから
聖書と法華経 携えてむくろに魂ぶら下げて
DATE: 2014/02/18(火)   CATEGORY: 自由詩
シリアの供養
シリアの戦禍で亡くなった民衆もアサド一派も
法華経の読経で供養したし昇天の引導つけて
DATE: 2014/02/18(火)   CATEGORY: 自由詩
先の大戦
あれほど嫌っていた葬式坊主のような事やろうと思う
先の大戦戦禍で亡くなった以降の全ての人々を
供養しようと法華経を読経している
DATE: 2014/02/17(月)   CATEGORY: 自由詩
光溢れて
光溢れ青空のオーラを眼に蓄えて
視線を落とす膝の上には聖書読み挿しで小鳥飛ぶ
DATE: 2014/02/17(月)   CATEGORY: 自由詩
ピンクに染まる雲
陽光を浴び切った白い雲がピンクに染まり
輝やく虹への期待の中空見上げ一日
DATE: 2014/02/17(月)   CATEGORY: 自由詩
薔薇十字会の瞑想
再び真紅の薔薇 開く時は7つ円型に
黒い十字架の前に浮遊し渦巻く
DATE: 2014/02/16(日)   CATEGORY: 自由詩
影踏み遊び
夕陽が作る長い影は二人を確かに
大地に焼き付けて ある理想が刻みつけられる
DATE: 2014/02/16(日)   CATEGORY: 自由詩
人間としての義務
人間としての義務は愛を体現する事
7つのチャクラ開発して虹人としての能力を得ること
DATE: 2014/02/16(日)   CATEGORY: 自由詩
明日は微笑みがいい
多くの苦しみに脳乱している人たち
今はそのままゆっくりお休み…明日は微笑みがいい
DATE: 2014/02/15(土)   CATEGORY: 自由詩
カルマの果実
誕生と死の間で螺旋描く言葉たち
「虹」「太陽」「風」「雲」そしてカルマの果実落ちる
DATE: 2014/02/15(土)   CATEGORY: 自由詩
眉間のチャクラ
眉間の二葉のチャクラ高回転させている
あなたの頭蓋を人間的に吠えさせろ!
DATE: 2014/02/13(木)   CATEGORY: 自由詩
種ブタは原理の母
種ブタの乳吸う前世原理の自爆犯
慈悲で乳房に子ブタの口つけてやる

DATE: 2014/02/13(木)   CATEGORY: 自由詩
原理自爆テロして
原理自爆テロして来世インドの乞食に
転生してゆく空腹で ああインド亜大陸の吸引力は
DATE: 2014/02/13(木)   CATEGORY: 自由詩
自爆犯のブタへの転生
原理自爆テロして来世ブタに転生して
沖縄料理の材料となる と出た

DATE: 2014/02/12(水)   CATEGORY: 自由詩
殺すが情け
花で埋め尽くされた庭園に一人で手を入れている
あなたは在天の父 自らのブドウ園を愛持って扱う


原理 タリバンはキリストの愛の対象か?祈ってみて…
はね返されている なじまないという事 詰まり「殺すが情け」


私の上には神のいる青い空
公園の芝生に冬のカマキリじっと空見つめ





DATE: 2014/02/12(水)   CATEGORY: 自由詩
木漏れ日
木漏れ日の直線に戯れる蝶いて葉裏は
緑に透けて露の輝やく時虹の時に


念動で両手のひらの上に輝やく天使の輪
浮遊させている少女いて夢は語られる


あと5回輪廻転生重ねる間に科学技術の進歩で
宇宙空間ワープするUFOに乗れかも知れない
DATE: 2014/02/12(水)   CATEGORY: 自由詩
原理やタリバンや
出来得ればあなたの薔薇園で摘んだ花を
ドライフラワーにして戸口に飾って私が迷わないように


多くの動植物が絶滅して人類は増え
地に満ち満ちて天国はあなたとの間に確かに在る


原理やタリバンさえも愛で包めるという感情は
アガペー キリストの愛可能かと唇は震えている
DATE: 2014/02/11(火)   CATEGORY: 自由詩
原理二首
出来る事ならスティルスに乗って原理タリバンの拠点に
花の種の爆弾落としたし地の底から天国へと


我ら無一物裸で生まれ裸で死んでゆく
その筋外したら俺は書けない筆をおるそんな気概で


ストーンフラワーに止まる蝶の姿見たし
融和不能の原理に送る夢
DATE: 2014/02/10(月)   CATEGORY: 自由詩
花鳥風月
蝶が花を訪れる姿の中に不思議な
見てはいけない神秘宿っているようで


空 飛翔している鳥のまぶたに
空が落ちて雨が降り始めた


己の魂の深み理解した者から
死に物狂いで自らの心の鉱脈を掘れ
DATE: 2014/02/09(日)   CATEGORY: 自由詩
悲しみの行方
今はそのまま素顔でいてくれ苦しみや
悲しみが皆飛ぶように過去になってゆく 虚ろに見守る


疲れたらもう歩けないって言っていいんだ!
僕も座って宇宙の話や女の子の話しするから


いつも「ご飯が出来ましたよ」と言ってくれる母に
その白い歯見せて笑い顔見せてあげようよ…
DATE: 2014/02/09(日)   CATEGORY: 自由詩
ビートルズ三首
有刺鉄線で魂がんじがらめの原理の兵士に
ビートルズ聴かせたい愛と平和の一時


「ビートルズを知らない紅衛兵」という本あったように
ビートルズ知らない原理主義者作ってはいけない


回教徒にビートルズ聴かす 原理主義者の憎しみが勝つか
音楽の愛が勝つか若者の心に聞いて見て
DATE: 2014/02/08(土)   CATEGORY: 自由詩
苦しみの中にいる人へ
心配ないよ!この世に存在するものの中で
不必要なものなど一つもないから…


生きていてくれればいい病の人苦しい中
ご苦労様 微笑みを忘れず病に負けるな


倒れこんでもいいぞ 手を差し伸べるから
涙してもハンカチで拭いてあげるから さあ前へ!
DATE: 2014/02/08(土)   CATEGORY: 自由詩
希望の詞
風の吹き止まぬ所で海辺に寝転び
雲の数かぞえている あの希望のように


街の路地曲がると誰もいない日差しの道
静かに猫だけが路を渡り日陰求めている


大祓の詞宣る我も 聖書読む我も
自身の内で整合性あって日常的に今も励む
DATE: 2014/02/07(金)   CATEGORY: 自由詩
切り開くジミヘン
音楽が彼方へ連れて行ってくれる
弾む心にしてくれて世界は判で押したようにバラ色


地球が異変示しても大丈夫
人間の知恵に期待していいんだ僕たちは


重機が未開の地切り開くように
ジミヘンのギター人の心の無意識を開発する
DATE: 2014/02/05(水)   CATEGORY: 自由詩
地上天国
日本国これから人口減少して日本人として輪廻転生する事
難しくなる未来は選ばれた善良で健全な日本人満々と


天使も悪魔も程々に人として道から
外れずにキリストや神仏に敬意払って生きてゆく


天変地異が多いが地上天国を建設するんだ!
米兵と自由陣営が銃で守りを固めた王国


読み終わったら10秒で消えてしまう程はかなくていい
次々に読み捨てるから 歌の泉のほとりにて
DATE: 2014/02/05(水)   CATEGORY: 自由詩
その身に血に刻印づけて
もうこの空から降りて来ることは無い地上には
多くの悲惨と絶望が当たり前のように転がる星


たまには泣き言の一つや二つ言ってみたくなる
この垂れ込めた暗い灰の空のした


正気の戻って戦いの行方彼方まで
凝視している正義は自由は有るのかと


霊界の道辿りたければシュタイナー
何度も再読してその身に血に刻印づけて
DATE: 2014/02/05(水)   CATEGORY: 自由詩
午睡の微睡み
鼻と耳から鮮血が流れ乾き始めている
後は絶命のためには首をへし折るだけだ


鳥の羽根に包まれて眠るシャガールの
色彩が眠りの園で迎えてくれる午後


午睡の眠り襲ってきて地球周回軌道を
大地と雲と海見詰めながら飛行中
DATE: 2014/02/05(水)   CATEGORY: 自由詩
共産主義者と雪女
共産主義者の魂に巣食う言いかけた言葉さえ凍てつく
雪女いて冷血な行動の根源は皆彼女だ!


神のため焔のように燃えている天使にあやかっている
聖句読み上げる言葉は火の様に熱いのか?


翼広げて飛び回る鳥の群れさえ
さみしくて心の中に棒一本立てる
DATE: 2014/02/04(火)   CATEGORY: 自由詩
もう空から帰らない
風吹き抜ける灰の街 歩み出してゆく
堅い決心のペン携えて


曇天に小鳥囀り憧れが
雲を突き抜け彼方に飛び去る


青空に帰ってゆく人瞳には
焼けつけられた遠い思い出
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.