FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2013/04/26(金)   CATEGORY: 自由詩
愛の革命
神の声聴ける程に祈ってもやはり沈黙
太古の預言者ではないが内奥の声神の声として聴く


不思議なんだ此の世から人がいなくなる事 死
なぜ死ぬのだなぜ行ってしまうのだ愛する人よ


愛の革命に情熱を燃やしている爽やかな一陣の風
正しき道に正しい友有って今日も日が沈む
スポンサーサイト



DATE: 2013/04/26(金)   CATEGORY: 自由詩
解放のゴールデンウィーク
自由に飛翔する鳥のように自由を求めて
灯台下暗し アメリカが約束してくれる人としての生き方


さあ自由に歩いて!一歩一歩約束の地へと向かうアメリカへ
残された足跡に自由の香りが薫る 夜に星


原野を駆け巡り割れた蹄 笛吹く
パンの声に心を止める人に解放のゴールデンウィーク
DATE: 2013/04/26(金)   CATEGORY: 自由詩
アメリカ軍よ!
貴方の小鳥が唄うから僕はうれしくて
また短文の言葉が紡げるよ有難う


ノックの音が聞こえる?正義と公正の
アメリカ合衆国君ら一人一人に自由のお誘い さあ行こうぜ!


実行力がなかれば自由など絵に書いた餅
アメリカ軍よ今もこれからも正義のために闘い続けてくれ
DATE: 2013/04/25(木)   CATEGORY: 自由詩
前へ!
春の陽気
窓を開け放って
憂いや悲しみを

この大空に帰して
浄化された気分で
遅い朝食を摂る

今ツツジが満開で
道端の植え込みは
色取り取りに化粧して
私を迎えるから

軽い会釈で花々のご機嫌伺い

自転車で軽々しく
ペダルを踏んで
通り過ぎる

悲しみや苦しみを
そこにおいて

前へ進むよ!
だって時は待ってはくれないから
すべての人に等しく過ぎるから

私もペダルを踏んで前へ!
DATE: 2013/04/23(火)   CATEGORY: 自由詩
名指し官僚
名指し官僚うるさいぞ悪霊のように纏わり付いて
生き霊の死に損ないめ!
D. Bowieに陶酔してた事見透かされてる
お前が見るように見られている
蛇に睨まれた蛙


天変地異が止まない今こそ
王の道を整えよ心の底から湧き上がる声 声 声


夕陽が落ちたのも知らずに本を読んでいるよ
今日はいい日お気に入りの本二冊も手にいれたよ
DATE: 2013/04/22(月)   CATEGORY: 自由詩
子供達よ!
古代ローマがキリスト教を国教とした如く
アメリカ合衆国は何と言ってもキリスト教国


秘密を一つほっぽっとくと俺は邪念に囚われて
まるで悪魔憑きそんな時の聖書は清涼の風 君も受けよ!


紫のエーテルがその頭部から漏れ輝く存在達よ
増えよ 満てよこの世を埋め尽くせ子供達よ
DATE: 2013/04/22(月)   CATEGORY: 自由詩
チェゲバラ
君が邪悪な悪の一員なら毎夜眠る前に
神を呼べ密に神と内通セヨ神と悪魔は新たな契約を交わす


チェ ゲバラのビジュアルな伝記手にはいる
彼は革命家として爽やかな風のように僕の心の中を通り過ぎる


武装蜂起より有効な言葉の弾丸乱射して
私の意図を汲んでくれ賛美してくれ正義を愛する人たちよ


何度も見るキリストの磔刑から降ろされた図と
チェゲバラのボリビアでの死体
同じ顔している
世界を心から愛した人たちの死に顔
DATE: 2013/04/22(月)   CATEGORY: 自由詩
ワンワールドオーダー
暖かく透明な陽光にツツジの花 深紅に映えて
甘い香りに誘われた勤勉なミツバチたち飛び回り


地球変動期に入って天変地異多し
そんな中で己が被災しなかった事 神に感謝できる余裕


風の強い春の一日に自転車を繰り出して
隣町までの散歩 ほとばしる暖気と肉体のエーテル


アメリカよ横暴と言われても なさねばならぬこと
わかっているの神の国の出現とこの地球を覆い尽くす
ワンワールドオーダー世界は一蓮托生
DATE: 2013/04/21(日)   CATEGORY: 自由詩
櫻井BUCK TICK
殉教者バレンタインの日2月14日不思議なめぐり合わせで
彼の生まれ変わりらしきロック歌手知っていて
今日も流す櫻井BUCK TICK


世界を二分した冷戦終わって30年になるんだね
オカルティズム始めて30年になるんだね
流砂は手のひらから零れ落ちて


世界の天変が動くし人為的な事件が多いけれど
神が一緒打と思うと心強いよ
君も一緒に祈ろう
DATE: 2013/04/21(日)   CATEGORY: 自由詩
トリノ聖骸布
トリノ聖骸布の奇跡 厳正なる真実の布
神はやはりいと高き所にいらして我らを見下ろしている


寄らば在天の父の影 心の平和
柔和な心根に地球奉仕の心が宿る


ロックミュージシャンよ長い長い理想の地へのたびの途中
大きなツアーを企画して我々に勇気と休息を与えてくれ
幻の城のような


時空のサーフボーダー夢の中で
風に乗って地面スレスレから電信柱の高さまで 自由自在


戦争の犬たちが強く願っていること
世界が一つのものに融和すること 祈るごとく
DATE: 2013/04/19(金)   CATEGORY: 自由詩
戦争詩人
平和であることを悲願とする戦争詩人になりたい
世界の米兵が今もレーダーサイトで見つめるモニター


戦闘の真っ最中に休息を取り食事もして
臨戦体制の中AFN聴く物見櫓我がマンションの一室


歌姫のバラード流れて守るべき 自由 正義AFN
命知らずの海兵隊員がマシンガン抱えて世界に睨みを利かす
DATE: 2013/04/18(木)   CATEGORY: 自由詩
不可思議な夜
春の強めの風にカーテンが揺れている
何か不可思議なことが起こる予感のする夜だ


都会の星のない空を見上げて地上の光が雲に反射して
ぼんやり明るい 確か三日月あったね


世界に漠とした不安が広まっても 神 想うだけで
心の安らぎ得られて キリストは我が友
DATE: 2013/04/17(水)   CATEGORY: 自由詩
神の国
何においても行動的で能動的なアメリカ及び
アメリカ人よ 神の国建設のお手伝いさせてもらうよ


ロッキングチェヤーに足のせて胎児の格好していて
花曇りの空見上げる先に二羽の小鳥の飛翔


春の暖かさが考えをやわらかくする
花々は恥じらいの中咲き誇りこの曇天に映える
DATE: 2013/04/17(水)   CATEGORY: 自由詩
キリストの血
天国の近くに行くことを心がけよ 正しい言葉 正しい想念
凛とした行動 爽やかな風を呼べよ!君


音楽のリスナーの道極めよう と思う曲を作った人と
同じ位置に立ち 放たれたメロディ歌の効果まで計算だ


我々の心は燃えているか?聖書を読む時
書き物をするペン先にキリストの血は宿るのか?
DATE: 2013/04/17(水)   CATEGORY: 自由詩
神ともにあれば
コーヒーと水 説教集読める幸せ
春らしい日に花の一つも摘んで夢語ろうか?


神と共にあれば、荒んだ世界に居ても
恐くない 益々の希望の灯火燃え盛る


花曇りの一日にピンクや山吹の黄色鮮やかに
この世を飾るから化粧してくれた大地は綺麗
DATE: 2013/04/16(火)   CATEGORY: 自由詩
私は信じた
私は信じた それで語った オカルティズムを
勉強して 聖書の事実 益々の真実味を帯びて迫ってくる
春らしい一日にキリスト教図書出版社の本 開く
DATE: 2013/04/16(火)   CATEGORY: 自由詩
ボストンマラソンの惨事
ボストンマラソンで爆発あり ねたみ そねみ 憎しみ
平和で幸福な人々を狙う卑劣な犯罪
告発されて 法廷で裁かれるだろう
正義を厳正に行うアメリカ
万歳!
DATE: 2013/04/15(月)   CATEGORY: 自由詩
中国 悔い改めよ!
鳥インフルエンザの中国へ
悔い改めよ!
新約聖書黙示錄19章17節から18節



この天使は大声で叫び、空高く飛んでいる

すべての鳥にこういった。さあ神の大宴会に集まれ。

王の肉、千人隊長の肉、権力者の肉を食べよ。また

馬とそれに乗るものの肉、あらゆる自由な身分の者、

奴隷、小さな者や大きな者たちの肉を食べよ。
DATE: 2013/04/13(土)   CATEGORY: 自由詩
金光明経
淡路島で地震あり天変地異起こるたび
己の行動に間違いがないか確認する日々


人心が乱れると天変地異が起こりやすくなることは
古今東西の経典ではよく言われていること
天変乱れて日に日に心を入れ替えて


病苦 変怪 天災地異など除くという
金光明最勝経書架から取り出して再々度読み直す
DATE: 2013/04/13(土)   CATEGORY: 自由詩
自由の戦士
微睡みの中で黄金の銅羅叩く夢見て
苦しみという苦しみという消滅し尽くした 銅羅の音響大空へ


アメイジンググレイス聴くと星条旗に包まれた棺が
墓地に向かって行進する風景思い浮かべる 自由の戦士たちよ


既得利権を貪る タヌキのごまかしメディア使った
誤報多量に流す 賢い民衆見抜く偽善 もうバイバイ
DATE: 2013/04/12(金)   CATEGORY: 自由詩
エレキギター
神につきなさい二千年それでやって来た自信
これから先世の果てる時その先まで神と共に


花のいい時期になりました春
四季折々の思いを紡ぐれんげ畑に蜜蜂


今日も元気にAFN810Hzで始める朝
甘いパンコーヒー天気は上々花見に上水へ


世界のローテク エレキギターが世界を変えている
青空には白い雲 多量の民衆にはロック明白な事実
DATE: 2013/04/10(水)   CATEGORY: 自由詩
老婆
春の部屋にこもりAF810NHz聴いている
神の約束の地アメリカの薫るラジオステーション


春咲いてピンクの花々溢れここの日本
細やかな心遣いの人々は大通りを歩いてゆく


邪悪な龍に憑依された老婆に出会う
言葉を一言二言交わし帰り道に
龍を十字架の守護神に変身させる
DATE: 2013/04/10(水)   CATEGORY: 自由詩
空き地のタンポポ
あなたはいかなる像も作ってはならない 神像は漸近的
ある時点で作られるかもしれない努力目標


この地球上愛を基に生きているキリスト教徒
人類進化の過程で一番の生え抜きにちがいない


駐車場の空き地に咲くタンポポ
益々の透明になって私に話しかける
DATE: 2013/04/08(月)   CATEGORY: 自由詩
米軍に惚れている
米軍の腰ぎんちゃくでいいんじゃないの?
自由な社会のために闘っている軍隊に惚れている


昔 神風 今 原理 米兵の相手は狂気を帯びていて
それだけ理想の社会の神の国は近いのかもしれない


暗い螺旋の塔で野火を焚いて小休止する一隊
上を見ても下を見ても小さな火が灯る 理想の塔に登る軍人
DATE: 2013/04/07(日)   CATEGORY: 自由詩
草薙の剣
ロックミュージシャンよひと時理想の愛の支配する世界を
垣間見せて唄ってくれないか?我らそれで明日を生き抜く
勇気と気概を得られる


米軍の野営地の草払う剣持っている
草薙の剣太陽の照り返しに輝く


自由のため正義のため悪魔になり切ることもある
米兵の隊列が空軍基地をゆく

DATE: 2013/04/07(日)   CATEGORY: 自由詩
アメリカの盃
米兵命がけの戦いいつもありがとう
おかげで自由な発言人権は守られているこの快晴はせめてもの手向け


命がけで守ること自由アメリカはそうやってきた
一つの価値へ全生命をかける大いなる生き方 万歳!アメリカ!


目の前に 密教の哲学 手頃ないい入門書
喫茶のライトのした眩しいほどの活字の反射


カンフル剤を打ったようにネットラジオ聞いている
世界の何処か遠い空の下 同じ音を聞く人がいる


遠い空に強い風白い雲に憧れ
夢を乗せて流れる先に理想の国家あり


アメリカの差し出す盃飲めぬほど
弱虫にあらず日本の民よ雄々しく立ち上がれ

DATE: 2013/04/07(日)   CATEGORY: 自由詩
劣化ウラン弾落ちても
イラクではたぶん劣化ウラン弾使われて奇形が多いらしい
ならば自由の代償味わい尽くせ宿業のごとく
差し出された果実を味わえ!自由に自由を重ねて


アメリカが差し出す自由の美酒の盃をあおれ
劣化ウラン弾落ちてもなお価値ある自由を味わえ


言っても分からぬ奴らには実際の戦力見せつけるしかあるまい
アメリカの理想は地球が一つになること
DATE: 2013/04/04(木)   CATEGORY: 自由詩
人よ進化せよ!
北極に向かって聖書が回転しながら降りてくる
夢 何度も見ているこの春の日々


多くの世代を通過して文字が踊る
思考の後を追って多くの言葉が語られてゆく


人間よ進化せよ!月からの信号が送られ続けて
寛容で信仰深い人類の出現だ

DATE: 2013/04/04(木)   CATEGORY: 自由詩
高橋巌先生の事が思い出されて
春の始めワクワクする心はもやの空を駆け回る
埃にまみれたガットギターひっぱり出して春の宵にポロリポロリ


晴れの日 雨の日 嵐の日激烈な気候変化に
今日も無事であったことを神に感謝せよ


高橋巌先生のシュタイナー講義読み返して見る
一流の思想家に一流の翻訳家 宝の福音書講義

DATE: 2013/04/04(木)   CATEGORY: 自由詩
アメリカ軍ありがとう!
春らしい春日霞が遠くを曇らせて
今日読むべき本を膝におき一つ深呼吸


天の彼方からビバルディの四季降り注ぐように聴こえて
神々しい魂ら白い雲の天使と 空 回遊する


アメリカ軍ありがとう!朝鮮への展開AFN810Hz聴いて
君たちの近くにいるよ勇者たれ強くあれ!
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.