FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/06/30(木)   CATEGORY: 自由詩
地獄幻想
蓮の華から臍の緒が伸びて咲いているのは我 胎児


世界を止めた時 輪遊びをする少女の影はいつも隣にある


烏の羽根 埋めた場所に陰花の紅蓮咲き血の砕け散る


いとおしい土地の名 読み上げて暮れてゆく夕闇を惜しむ


暗い風呂場で髪を梳いている抜け落ちた黒い塊を集める
スポンサーサイト



DATE: 2011/06/30(木)   CATEGORY: 自由詩
わが友に贈る
同じ生きるならば
歴史を残す人生を
建設とは死闘なり。
わが生命を発火させ
不滅の価値を築け


聖教新聞を開けてまず見る
先生の励ましの言葉。
ここから一日を始める。
小一時間かけて聖教を読み、
勤行唱題の祈りの内容を決める。
聖教を読んでいると師と「呼吸を合わせる」意味が
自然と身につく。朝に師と共にある感情に満たされ、
守られている感覚がやって来て、祈り始める。
至福の題目が唱えられる幸せ。
朝に勝て。
DATE: 2011/06/29(水)   CATEGORY: 自由詩
神寂びて
焼香の薫る真夏日神さびてあの終戦から指折り過ぎた日々


イメージを多産して魔境に入ル現代文明の古代エジプトの如く


夢語りが頭脳を占領して眠らない日の夢鮮明な画像だ


牙城に引きこもり多読セヨ凱旋の日々は知識のタペストリーが眩しい


減税日本 今回の検挙は魔性の権力との闘いの勲章とセヨ


日・米・北朝ホームレスの多さは天上知らずDE何が人権ダ


DATE: 2011/06/29(水)   CATEGORY: 自由詩
国を憂う
でき得れば三日月の夜 狂気と見まがう優しさ持ってみせてよ


政治屋クルクル回転して見せて官僚50年の無風 堕落の極み


のぼせ上った官僚叩き切ってやる千の太陽に叫ぶ地獄道の焦げ目


太陽が大地を焦がし始めて仏菩薩の来迎の数最多ナリ



DATE: 2011/06/28(火)   CATEGORY: 自由詩
革命の河の中で
古来 革命児は
この映像と 極限の河の中で
どれほどの軌跡を描いたことか

怒りの悶絶
嘆きのテーゼ
皮肉の冷笑
涙ぐんだ瞳

しかし 先駆を走る若人は
なお この魅惑の挑戦に
限りなく愛着を示す
それが 若人の運命かも知れない
君よ それでいいのだ
革命とは 所詮 ロマンであるからだ


*だめになりそうな時、この詩文を
 何度も何度も読みました。日常的な
 迫害(嫌がらせ)。いじめを受ける子供より
 全然まし。そんなことを考えて
 告発の加速度を上げてゆく…。
 「勝つと決めたほうが勝つ」とは
 先生の指導。
DATE: 2011/06/27(月)   CATEGORY: 自由詩
バランス
見捨てられた街かつて文明国だった島国はるか遠く


廃線のレール錆ついていて黄色い花が可憐に揺れる


もう立ち上がる必要はないんだ静かに息絶える日本国


己の想いのみ満たせばいい空に星は輝く


海辺から上がってきた娘の髪は腰までとどく


弱い自分を告白できるほどに強くなった

DATE: 2011/06/27(月)   CATEGORY: 自由詩
わが友へ 新年に贈る
君も立ち上がれ 僕も立ち上がる

僕は 君のために

幸せの法鼓(ほうく)を無限に打ち鳴らすから

君は 群がる民衆の一人一人の胸に

幸せの花束を 握らせる文化運動を

持続してくれ給えと 祈りたいのだ


*池田先生の1972年1月1日の誌文です。
 聖教新聞で大白蓮華という理論誌で、いつでも
 文豪の詩文に触れられます。
 私の唯一の鎮魂です。
DATE: 2011/06/26(日)   CATEGORY: 自由詩
英知の学生部に贈る
新たに来る日を
そして また

新たに来る日を
必ず私は
亡き父のために
老いたる父にために
亡き母のために
老いたる母のために
そして 皆に
喜びを与えゆくために
私の運命に向って
勉学に惜しみなく励む

活発な魂の私には
前途が洋々と
開かれゆく
大舞台がある。
世界と人類も
私とは一つなのだ。

人知れぬ
英知と情熱は
貧しき人々のために
不幸な人々のために
罪重き人々のために
苦しみ傷ついた人々のために
そして あの悲しげな
苦悩と戦っている人のために!

君たちの
正義と勇気の
強大なる友好の連帯には
野蛮な毒を塗った
妨害の塀もあるだろう。

しかし
正義の馬上の
前進ゆく苦労の旅の
彼方には
雄大なる希望の大草原が
広がっている

必ず
正義の君は
勝つのだ!

正義のために生き抜いた
勇ましい勲功は
君の魂のなかに
永遠に
光り輝くだろう。

知性とは
人間が人間として
最高の価値を生み出し
平和と相互の友情を
連結させるためにある。

知性とは
人間を
幸福のために賢くし
そして 社会を
人間の幸福にために
再編成させてゆく
智慧の行動である。

君よ
学の長剣を抜いて
一生涯
邪悪と戦い抜け!

傷つけれても
怯えるな!
学問で磨き上がられた
君の柔らかな
瑠璃の光を放った
夢持つ生命は
不滅なり!
不可能はない。

今日も
君よ!
永遠の人生の
勝利のために
学問と正義の宝剣を抜け!


*今日の聖教新聞より
 池田先生の「新世紀の指導者 英知の学生部に贈る」より
 18世紀的知性もっといえばゲーテ的巨人の文芸をお楽しみください。
DATE: 2011/06/25(土)   CATEGORY: 自由詩
創価三代
創価の領土に毎朝聖教が届き祭政一致の住人らの満足


池田の大王 半世紀君臨の足跡は領民1500万人題目唱え


戸田先生は時代の壁にトンネルを貫通させて地球民族主義唱え
DATE: 2011/06/24(金)   CATEGORY: 自由詩
おい 亀井・・・
   

   おい亀井 酒と女と金やるから管の応援よろしく…ヤクザ官僚
DATE: 2011/06/24(金)   CATEGORY: 自由詩
自由放送
修羅阿修羅狂気のごとくペンを取れ毒づく果実を投げつけろ


フクシマの子供達の子供畸形や狂気に犯されるチェルノブイリ子のらを見ヨ


高い湿度で泳いでるシャワーで涼とり書に書き込む気概アリ


官僚様様ごもっとも国民の血税シャブリ取るヤクザと仲良く地獄で焦げろ
DATE: 2011/06/23(木)   CATEGORY: 自由詩
大地と共に
ガイアの大地より出でし者宇宙へと眼差しを向け始まりは太陽風の中


地球の四大を操って宇宙船に乗るのは誰だ


空瓶のメッセージ海に流すごとく人工天体は孤独の旅路
DATE: 2011/06/23(木)   CATEGORY: 自由詩
雑詠三首
駒使い管のコソ泥不快感官僚の顔色銀座でお伺い


人材をもって城となす鉄の団結善良な民衆集まる創価の都


ビルとビルの間に夏の潮満ち始め目を落とす本にクーラーの風
DATE: 2011/06/21(火)   CATEGORY: 自由詩
優しい歌
水晶が息をしている昼下がりこの地と天を結び輝きを増す


雨の雫の音がする紫陽花眠る生垣にそっと想いを置いてみて


音もなく回る地球は夢見がち海辺で語る幻一つ
DATE: 2011/06/21(火)   CATEGORY: 自由詩
最後の希望
半裸のぬめるゴム体 骨と筋を割って血塗りの刃物がせり上がる鈍い音


民衆の団結 創価人材城にはいつも希望の灯が点るこの末法


心の中は瓦礫の山 滅び決定日本人震災は最後の絞殺者


霞が関のエレベータ鈍器で殴る官僚の脳みそだらだらたれ流しフクシマの如く
DATE: 2011/06/20(月)   CATEGORY: 自由詩
シェルター
霞が関の猿の首を絞めろデモのプラカードに殴り書きダ


夜に向う静けさにナイフ磨ぎ澄まし血を吸わす明け方の権力攻撃


創価のシェルターに入れば日本滅びても元気に生き続けられる
DATE: 2011/06/20(月)   CATEGORY: 自由詩
6月の夢
風音もなく梅雨過ぎて紫陽花淡く移ろい時満ちて


放射能 深々と降り積もる日本滅びの日の前日に


去勢されたロック腐れ死ぬ奴らにせめて囁いてやれLOVE ME LOVE
DATE: 2011/06/20(月)   CATEGORY: 自由詩
文化財組合
御所で立ちション糖尿病


皇居の堀にヌーディストが出没これが日本ダ


犬の糞石庭にあり臭う夏
DATE: 2011/06/20(月)   CATEGORY: 自由詩
アメリカンライフ
米兵がヘリで降下し砂塵舞う幾十年も同じ絵だ


人殺しの武器作って優雅に暮らすアメリカンライフ業の行方は


テキサスの地下のサイロで悪巧みこれもアメリカロックががなる

DATE: 2011/06/19(日)   CATEGORY: 自由詩
我が闘争
官僚に毒矢を射かけている音のない日曜日


インドラ・アグニに祈り過去世に照準定めたパンチを出し続ける


迫害に負けることなどあり得ない常勝不滅の仏らは


神殿清めたキリストの如く霞が関の机をひっくり返す
DATE: 2011/06/17(金)   CATEGORY: 自由詩
放射能降る
悪と言い軍産・原理と言っても心に巣食うエゴの森


放射能雨に濡れとある喫茶で書き綴る事こそ人生


ペン握るとヒマラヤは頭を垂れガンジスの砂踊る小説「新人間革命」だ
DATE: 2011/06/17(金)   CATEGORY: 自由詩
朔太郎
朔太郎の原液羊水に浸りながら銃を磨いている月堕ちて


ヌラヌラと朔太郎のアンニュイに溺れた場所で銃を撃て


梅雨寒に脱皮はじめた蝉一つ生き物が消えてゆき今日も唯一人
DATE: 2011/06/15(水)   CATEGORY: 自由詩
地獄で勤行
軍産の屍骸量産行く果てに気のふれた獄卒の待つ地獄


亡者船の幻覚がイージス操舵室に満ち満ちて海水の如く兵士自殺


「死の商人」という岩波新書読んだ若き日よみがえる朝の勤行
DATE: 2011/06/14(火)   CATEGORY: 自由詩
軍産は癌細胞
両の眼をカッと見開いて魔と人を瞬時に選別 仏の化身


この銀河闇から闇へ流転続ける魔に法華経与えて


軍産や核ミサイルに祈ってる地下サイロ静か


灰から灰へ軍産のムクロ朽ち果ててゆく銀河悠久
DATE: 2011/06/14(火)   CATEGORY: 自由詩
時限爆弾なる聖書
白旗の揚げ方演習自衛隊


世界が騒がしくても来迎の仏ら水墨画の中にあって水鏡


時限爆弾なる聖書消滅シテ銀河の流れる法華経と仏
DATE: 2011/06/13(月)   CATEGORY: 自由詩
黙示録は軍産限定使用
聖書の黙示録破り軍産の忌まわしい家系に焼き付ける


敵 殲滅した如く己の良心殺害した軍人の臭う骨


軍産と聞いて眉ひそめてる 人の不幸で築いた富ヨ
DATE: 2011/06/13(月)   CATEGORY: 自由詩
軍産狩り
軍産や黙示の記述獄で読 メ


冷戦以後日本国 国際的なサボタージュ 銀座の女は知っていて


無能ダロ官僚の鎖国を決めてノラリクラリ


若者よ思う存分やってくれ平和を建設 軍産吊るせ!

DATE: 2011/06/12(日)   CATEGORY: 自由詩
軍産悪魔
原罪の毒を抜いている思考は羽ばたく眼下の地獄で


100万の湿った骨持つ骸骨が軍産悪魔に飛びつくぜ


軍産悪魔を呼び出してヌルヌル光る鈎針吊るしのアンコウの体


DATE: 2011/06/10(金)   CATEGORY: 自由詩
神の尖兵 新左翼
A-12神の尖兵新左翼

在天の父ら裏切り仏の軍勢に加わる存在がある


新左翼 神やら悪魔やらの尖兵で恐怖振り撒いたね アーメン


中核最後の呪い師イタチッペ 今夜は眠らせないョだって
DATE: 2011/06/09(木)   CATEGORY: 自由詩
EX-SKF-JP
A-11緊急安全情報

フクシマの真実を知りたければこのサイト!

EX-SKF-JPへアクセス!
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.