FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/05/31(火)   CATEGORY: 自由詩
中沢新一など・・・
煤煙で黒ずんだしょぼい顔 王家の儀式のメッキがカサカサはげ始め


見ヨ 第三文明の真昼間 創価勃興 歴史の必然


高層ビルは太陽と月の結婚の後 朝露が降りている


31文字ヲ基としたモンスターが中央を襲う物語りとこの快晴


酸素機械ミトコンドリアのプールに太陽が照りつける地球未来に眠る
スポンサーサイト



DATE: 2011/05/30(月)   CATEGORY: 自由詩
ヌーディストの海兵隊
溶岩が苔むしているこの湿潤に花が今満開 万歳の創価は


皇居の鳥の巣あさりヌーディストの海兵隊が堀に飛び込み進軍ス


南の島で宝貝集めてる長老は空母の甲板でゲームに興ずる
DATE: 2011/05/30(月)   CATEGORY: 自由詩
ムーの想い出
懐かしい風音 子供の時の海風が松の木と戯れそよぐあの海辺


日本の梅雨の只中にフクシマ火山放射能をたれ流す


海風に揺れるブランコ郷愁のムーの海辺で遊んだ日
DATE: 2011/05/29(日)   CATEGORY: 自由詩
文体の妙
君の磁力の瞳そんな文体で書き始めてくれこの末法に


文化の構成力を活性化 文字・映像 語る我らの進化の光


それぞれの想いを遂げた梅雨寒の空から落ちる甘い雨音
DATE: 2011/05/27(金)   CATEGORY: 自由詩
妙法と
妙法が肉体と会話してもののけを従える水辺に大白蓮華咲く


南無妙法蓮華経がインドの大地に溶け込んで行く仏法西還 創価は華


ダキニ・聖天のゆらぎに妙法のバイブレーション正・反・合の弁証法は
DATE: 2011/05/26(木)   CATEGORY: 自由詩
インドの飛び地
曇天の街で淫靡な蛇眼の娘らとすれ違う薫る花々は今盛り


中沢新一読み進み祖先帰りして狐塚に眠る下降衝動の我ら


ダキニ天・聖天様・不動と通過してDNA震える図像は昏い部屋に
DATE: 2011/05/26(木)   CATEGORY: 自由詩
星星の知らせ
ペンギンを観察する男はシルクハットを被っているが片目が無い


満月の夜に松明を掲げて反原発のデモに行くための頭巾を作っている


歳をとった教師が古代古典のテキストを読み終わり解説を始める
DATE: 2011/05/25(水)   CATEGORY: 自由詩
デモ応援
過剰リビドー抱えてる政治・情事は同根のたわわに実る毒果実の痺れ


太陽と水・放射能 清々しい時に黒章の行進は正義で包囲する


若者たちが集い来る時空を超えた隊列は生存かけて声高のシュプレヒコール
DATE: 2011/05/24(火)   CATEGORY: 自由詩
雨音が灰の心に染め上げ空も体も濡れ始め希望眠るカケラ


雨止むよささやく己の息 空は溶け始め太陽は雲の陰に休む


街も夢も 灰が降り始めている雨音は砕けて眠る日に似合う
DATE: 2011/05/23(月)   CATEGORY: 自由詩
夜の讃歌Ⅱ
ひどく透明な時が部屋に堆積して読み挿しの詩集は夢の始め


温かな飲み物テーブルに書くべき言葉世界から捜し求めてここへ来た


夜の空降りゆく霊気胸に受けベランダ礼拝地球の命
DATE: 2011/05/20(金)   CATEGORY: 自由詩
放射能がサンサンと
5月の快晴は密かに激しく8ビート鳴らして天空にシバの踊って


縛り上げ束ねた雑草を刈る天使らの黙示の5月の空は


天体のリズムを5月の青空に溶け込ませている旋律を奏でる小鳥ら
DATE: 2011/05/20(金)   CATEGORY: 自由詩
原発利権
カーテンをかけた窓辺はおぼろげに蓮池の思い出陽の中の


報道管制バリバリTVニュースは「安全」「安心」「デマに踊るな」


気付きには遅すぎるという事無し この世の最後の日に妙法唱えヨ


癌の臭う官僚の肉体乗せて棺桶公用車が黄色い卵を投げつけられて


*FC2ブログの「中鬼と大鬼のふたりごと」強く推奨!
DATE: 2011/05/19(木)   CATEGORY: 自由詩
もっと隊列を!
警備犬を連れた大佐が反戦詩集の校正をしている


官僚が反原発デモ隊に命乞いをしている渋谷


寝返った軍楽隊が反原発デモ隊に合流する
DATE: 2011/05/18(水)   CATEGORY: 自由詩
抒情三題
阿蘇山麓の草原を天馬が駆けて白雲は陽光に輝く


白浜の海岸で三日月の日ラジオを点けると自由放送を受信できる


解放軍の軍服に身を包んだ仙人がアメリカへ旅立とうとしている

DATE: 2011/05/18(水)   CATEGORY: 自由詩
フクシマ火山
放射性物質降る快晴にインド音楽聴いている日本国官僚のカルマは


放射性物質風まかせ火山灰のごとく広く薄く降る


肉体が発火 炎に包まれて踊り続ける舞踏家のカスミガセキ
DATE: 2011/05/17(火)   CATEGORY: 自由詩
絵画的物語
ベレー帽を被って船に乗り込む男のボストンバック


古典的知識を教える教師が夕日の射す教室でテストを採点している


ランタンを持った家主が鏡のある部屋を案内している

DATE: 2011/05/16(月)   CATEGORY: 自由詩
震災は試金石
今回の震災で各々の「性」が

露わになった。官僚と東電は

事ここに及んでも甘い利権を貪るべく

保身にやっき。保安院で初期にメルトダウンと

言い放ち、解任された官僚もいた。

御用学者は巧妙に隠ぺいしようとしている。

今や国民的英雄の京大小出先生のように

シニア決死隊に志願する、神々しいまでの

志を持った学者もいる。

ボランティアで被災地に行く人。

反原発デモに参加する人。

知れぞれの思いのまま過ぎてゆく。

この五月。

私はと言えば未だに悪魔のように告発する人だ。


DATE: 2011/05/16(月)   CATEGORY: 自由詩
おい!コラ!官僚・・・
おい官僚テプコに税金注ぎ込むんだろう天下り


制服組の働きが名誉なら一般3万人の自殺者は浮かばれない


腐れ官僚小賢しいみんなの党が躍進ダ
DATE: 2011/05/16(月)   CATEGORY: 自由詩
コウガン生理
金正日と天皇が花札賭博をしていて同元が聖徳太子らしい


天皇に防護服着せないとプルトニウムで死んじゃうヨ


人々が集まって国家を作ったそれを守る制服


国家に合わせて人々を切り刻んだファシスト日本の制服組


メディアが相矛盾した情報を同時に流し切り裂かれた魂よ
DATE: 2011/05/15(日)   CATEGORY: 自由詩
アイドル1000パンチ
アイドルの防護服姿に三度惚れ


フクシマの原発バックにアイドル写真


アイドルの写真のプラカードde反原発デモ

アイドルなんぞに気をと取られていると
「鍛えの青春」を無駄にするぞ…
日本の政治は愚民政策オンパレード!!!!
DATE: 2011/05/15(日)   CATEGORY: 自由詩
提供はテプコでした。
審議官あれが神楽坂の狐火デスカ


アイドルやお歌で除染できるかな?


審議官 芸者の腰巻 真っ赤っか

日テレとTBSのニュースチャンネルを見るが
あのまるで他人事のような記者会見はナンダ・・・
DATE: 2011/05/15(日)   CATEGORY: 自由詩
フクシマは答え
NHKリビア国営放送と名を変エヨ


役人と制服組だけ元気な日本・北朝


科学万能主義のおごり答えはフクシマにあり
DATE: 2011/05/14(土)   CATEGORY: 自由詩
周回軌道
草木のお喋りを記録し始めている「咲イタ咲イタ桜ガ咲イタ」


カスミガセキ制御不能はフクシマ並み


ドス黒い欲望エネルギー燃やして善業の周回軌道に乗せてよ


高層ビルの間に間に月光降り来るヲ道端の雑草と共に見ル
DATE: 2011/05/14(土)   CATEGORY: 自由詩
地球進化
地球文明 爆発的進化の兆し石を運ぶのを手伝ってくれないか


シバ派行者乾いた印度亜大陸の風に運ばれマントラと共に歩む


スペースエイジ受胎の地球に雄叫び響き邪魔する宇宙存在のアリ
DATE: 2011/05/13(金)   CATEGORY: 自由詩
色彩言語
月光を浴びて踊る前衛舞踏家エッジングの線に消える


羽根を落として天使・悪魔ら国防色の制服でテーブルに着く


中国人のパソコン屋が全世界を数量化しようと試みている
DATE: 2011/05/12(木)   CATEGORY: 自由詩
彼岸(死の門をくぐり)
もし僕が死んで君が亡くなったら銀河の星星を天駆ける約束


魂の器たる肉を大切にして死が解放したら銀河白光の塵を渡る


今は地球の重力と共にあるが死の日以降 霊魂を遊び尽す


この世で活動してあの世で子供のように銀河を駆けずり回り彼岸此岸ON/OFF


法華経の予言の如く我ら地から湧き出る一群 妙法の音声に白光ス
DATE: 2011/05/12(木)   CATEGORY: 自由詩
古代・現代
黒光りスル肉持つルチファー仏像の髭蓄えて邪視で見詰める世界ハ


墓守り犬神アヌビスは我が再生を三千年待ってくれたね鎮まる大気


核爆発起キテ若い命が緩い隊列を組んで行進を始メテいる3・11後は
DATE: 2011/05/10(火)   CATEGORY: 自由詩
黒く誓う
ナポレオンとトルストイを掛けて2で割ると池田大作になる


MADONNAの前に片膝立てて跪くルチファーが黒く誓う


語り続ける我らマグカップの虚ろに呟く声のあり
DATE: 2011/05/10(火)   CATEGORY: 自由詩
男の肖像
編み上げの軍足に磨きをかけている男の決意がこの曇天に溶ける


水平線と太陽の位置を再度メジャーで計り直す意志のある男


ボートがサーチライトを陸に向けている海上では発電機が唸る風強シ
DATE: 2011/05/06(金)   CATEGORY: 自由詩
原理主義者のための祈り
ビンラディンの殺害で原理に対する思考を始める気分になれた


原理主義者のために慈悲かけて祈るんだ「徹して教養を積め」と


世界と書物は無限に広く在って まず一歩を踏み出そう戦士よ
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.