FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/05/06(金)   CATEGORY: 自由詩
かわゆい歌
朝の匂いがする唱題と焼香 曇り空に梅雨前線 龍の道


人間のぬいぐるみ着て出勤するネコもいる足音が遠のいて


月光の下でとりとめのない話 月の子らの日常と春の宵
DATE: 2011/05/05(木)   CATEGORY: 自由詩
自由の法則
恐怖政治知らない あなたの自由にもの言う権利守る戦い


多様な価値観容認して己の考えを発表する言論の自由の意味


戦士らのアメリカ冷戦を勝ち抜きテロリズムに勝つ


アメリカの戦時を生きぬき闘い取らねばならぬ自由の名において
DATE: 2011/05/05(木)   CATEGORY: 自由詩
迷彩エデン
迷彩エデンで原理主義者を殺害するアメリカの正義


髑髏が軍服を着ていて天道の下軍務は氷れる如く実行され


新月に今一人アルカイダ幹部を血祭りに偶然を計算する軍人
DATE: 2011/05/03(火)   CATEGORY: 自由詩
聖なる婚姻
聖なる婚姻に錬金術師はフラスコの生成物を赤色へと変容する


あなたと聴く山下達郎は聖婚の始まりのファンファーレ五月の風に


太陽と月の結婚ある男と女の結合はいよいよ今生で初めての霊化
DATE: 2011/05/02(月)   CATEGORY: 自由詩
半生の答えらしきもの
キリスト教否定の論述に多くのご賛同をいただき感謝しております。

思えば1980年代初めの頃、思うことあって宗教巡りを始めた。

シュタイナー思想、キリスト教の教会、新興宗教。

己のアイディンティティを捜し求めて遊牧の民の如く色々な扉を叩いた。

今、3・11後、自身を顧みて苦しかったが悔いはないと言い切れる

満足感に浸っている。それは転生をかけた霊的なパートナーと再会出来たこと、

創価学会と出会えたことに集約される。

在天の父らを否定する証拠には数々気がついてはいたが、発表する気が

不思議と起きなかった。それは「原罪」という毒を盛られたため、正常な

判断が出来ず、浮足立ってしまうためだ。

聖書には錯綜した感情が働く。一種、複雑骨折したようなしこりが残る。

焼き印を押されたような…烙印を押されたような…。「原罪」の毒。


キリスト教徒、回教徒、ユダヤ教徒の解毒をしなければならない…

日蓮仏法で。銀河の時空の長征だ!

その正当な後継者の創価学会が宗教地図を塗り替える日は近い。


DATE: 2011/05/01(日)   CATEGORY: 自由詩
古代アレキサンドリアを潰した神
古代アレキサンドリアを大地震で潰した神3・11も臭いますねすえた神


イエスという地球人を人身御供にする神とは何?


神 薄ペラ ユングに心理分析されてたじたじ「ヨブの答え」は


神 人間の受胎に手を着けて(イエスも)エジプト滅ぼしたな


あーでもナイこーでもナイ 人類史に大介入(ほっといて!)神の悪意は
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.