FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2011/02/28(月)   CATEGORY: 自由詩
新しき三寒四温
ゆっくりと春が寄り添う河原に歩む二人は胸に風受け


風揺らすピンクの昼に書を閉じて向う大空に雲の城あり


溶けてゆく体などあり春風に桜の幹に弾ける血を塗る


灰一色空を見上げて氷る雨 燃える情熱 詩は志


かがり火が氷雨の夜を照らし見せ娑婆の髑髏に妙法で立つ


雨音に冷気吸い込み濡れたまま祈りの宮はベランダの軒
スポンサーサイト



DATE: 2011/02/26(土)   CATEGORY: 自由詩
陽光の強さ
光線の圧力受けて地に落ちる己の影に陽炎の翼


いきどおる力を審美に変換し調べ聴こえる都市は輝く


早春の日除けを降ろすウインドウ一輪挿しの水の記憶は


天地立て突き通す抒情の意志持て大海グラスに注ぐ音する
DATE: 2011/02/26(土)   CATEGORY: 自由詩
滑空都市
大きな風が都市を滑空させて連れていって遠い場所へ


幹老いて白梅仄かに薫る朝空は語り部恋のさざめき


秒針が部屋を埋め尽くしても魂の流れはとくとく続く
DATE: 2011/02/25(金)   CATEGORY: 自由詩
雑詠3首
銀河の下でCD再生 灯を点しソファーに沈んだ夕陽もあり


血の通う言葉選んでつぶやいて一人道行く春も零れる


脊柱に住んでいる蛇くねらせて暗黒舞踏家花を摘む
DATE: 2011/02/24(木)   CATEGORY: 自由詩
沈黙の後に
真夜中に地球の裏側で昇る太陽を追う夢を見る


神 真剣に祈って あなたが与えたのは鳥インフルエンザ


法華経の夢で目覚めて月明かりこの身一つで読み啓く


人間の進化喜んでくれぬ神にショック受けている


聖書に隠された時限装置作動サセ無イ
DATE: 2011/02/20(日)   CATEGORY: 自由詩
夜 満ちて
光 集めて少しずつ放出する


光積み重ねる星で銀河の屋根の下


雨が降り街が光って明日作る


怒りのおさめ方知らず不器用に靴紐結ぶ
DATE: 2011/02/15(火)   CATEGORY: 自由詩
骨アイドル
アイドルや骨壷おまけに付いてくる


墓場でも踊り続けてアイドルは


アイドルの骨の臭いを嗅いでみて
DATE: 2011/02/15(火)   CATEGORY: 自由詩
真夜中のパーティー
新しいデタラメ管と与謝野に言わせてみろよ官僚


アイドルでガス抜きしねえと民衆ハ暴走するぞ


小沢より役人の不正蓄財 告発セヨ
DATE: 2011/02/14(月)   CATEGORY: 自由詩
矛盾必定
論理的矛盾より感情・感性の解放を優先スル


絶対自由 書き続ける意志は光の爆発


感情エーテルの流れるまま書き拾い矛盾また良シ
DATE: 2011/02/14(月)   CATEGORY: 自由詩
エレミヤ書 9章 ユダの堕落
主は言われる。「それは、彼らに与えた私の教えを彼らが捨てて、

私の声に聞き従わず、それによって歩むことをしなかったからだ」

 彼らはかたくなな心に従い、また先祖が彼らに教えたようにバアルに

従って歩んだ。それゆえ、イスラエルの神、万軍の主は言われる。

「見よ、私はこの民にニガヨモギを食べさせ、毒の水を飲ませる。

彼らを、彼ら自身も祖先も知らなかった国々の中に散らし、その後から

剣を送って彼らを滅ぼしつくす。




*維新以降100年キリスト教を布教しても信者は1%。

*バールを神道と読み替えて…

*国々の中に散らすとは輪廻転生で

再度日本人に受胎しない事も含まれる。

一代で移民よりも輪廻で散らされる!
DATE: 2011/02/12(土)   CATEGORY: 自由詩
夜に想う
股裂きの刑 日本国 中国・ロシアが不条理を責めている


研ぎ澄まし霊界の山登る時地獄の谷は遥かに下方


夜 静かに見つめる手の甲の皺一つ一つにイクサ始まったばかりダ
DATE: 2011/02/12(土)   CATEGORY: 自由詩
神の園
神の園で永遠に遊ぶ子供昼ばかりなり


神のサンダルの紐解けていて積木遊びの手を休め


光あふれて神の園小さな手と手が結ばれて


神の座に首傾げつつ座る父面影深く心に刻む
DATE: 2011/02/10(木)   CATEGORY: 自由詩
エジプトを日本と読み替えて
イザヤ書19章 エジプトの審判

諸州の長はエジプトをよろめかせた

主は、彼らの間に迷わす霊を注がれた。

彼らはエジプトをよろめかせ

エジプトが何をするときでも

酒飲みが吐くときのように、よろめかせた。

もはやエジプトは、だれも何もなしえない。

頭であれ尾であれ

しゅろの枝であれ葦の茎であれ。


その日には、エジプトは女のように弱くなり、

万軍の主が振りかざされる御手に恐れおののく。


DATE: 2011/02/10(木)   CATEGORY: 自由詩
検察的ストーリー
神に祈り俺の目で見た真実を言い続ける真理は相対へと消えて行く


神に基づく真理言って名誉棄損で告発されて殉教者


太陽の輝きが増すだけ増してこの終末に夕焼けだけが美しい


報道管制ひかれてる太陽フレアもの凄いはず


小賢しい悪意に晒されて挙げられたキリスト受難を偲ぶ


神の声こそ聞こえないが共にある事太陽が昇るよ
DATE: 2011/02/09(水)   CATEGORY: 自由詩
雑詠3首
権力の太鼓持ちタル文芸誌 子飼い文士の物語は口に甘い


補陀落渡海の朝 晴れ上がった空 グレイトフルデッド流ル


文芸に自由を見続けてイル少年の瞳が潤んでイル鏡を
DATE: 2011/02/08(火)   CATEGORY: 自由詩
X探査結果報告書
極北の地Xへの航海に愛の欠片を携えていた


X地点で霊気浴びて骨の髄まで透き通る


極北地点への到達感Xに十字架の旗ひるがえり


X探す旅は長きにわたりX破棄への判断の電光石火


回収されたXに歪む時空ひるむ我が身


プルトニウム絡みのX捨てた場所は言わない
DATE: 2011/02/08(火)   CATEGORY: 自由詩
アイドルの裏表
聖書 箴言5章 父の諭しより

その女の唇は蜜を滴らせ
その口は油よりも滑らかだ。
だがやがて、にがよもぎより苦くなり
両刃の剣のように鋭くなる。
彼女の足は死へと下ってゆき
一歩一歩と、陰府に達する。
人生の道のりを計ろうともせず
自分の道から外れても、知ることがない。


*アイドルのプライベートの自堕落さ!
 給料安いからバイトで高級売春婦?
 オ~ マイ ゴット!!!


DATE: 2011/02/07(月)   CATEGORY: 自由詩
建国記念日に捧ぐ
つつがなく赤ん坊が産まれたXの悪魔 意味切り裂くポストヒューマン


聖書の一字一句を染め上げているキリストの血が


王は転生流転シテ剣闘士ナレ建国記念日に


南北戦争の続きか民主・共和の暗殺そして言い争い


持続は力なり今日も筆走る神に感謝


オカルト左翼に不空絹索の凡網掛けて手綱引く


凝り固まった妄執を即物的ノイズが突き崩す


よりによって建国記念日の破天荒 日本国悔い改めよ


恵みの雨か呪いの雨か愚鈍官僚 報告上げヨ
DATE: 2011/02/07(月)   CATEGORY: 自由詩
X
神 新左翼振り 身・口・意で支配下に…


Xはオカルトセクト革命軍ペンが武器


共和党 軍産複合 呪われたアメリカの恥部


サヨク神の支配下で本物の悪魔にナル
DATE: 2011/02/06(日)   CATEGORY: 自由詩
近くの木の実
近くの木の実の落ちる事もあるという霊能者に鬼火灯って永田死ス


ヘルメットにXの文字 火炎骸骨の臭う骨


下手に利発なメーソンの頭から生えた花もある


マトリックスという映画製作するアメリカを信ずる
DATE: 2011/02/05(土)   CATEGORY: 自由詩
光の子ら
この地球を地獄と化したメーソンどもよ…


メーソン神様!在天の父らの怒りを見ヨ


光の子らが虐げられている聖書は聖なる力


ケネディー ジョン・レノンの借りは倍返しだゼ
DATE: 2011/02/04(金)   CATEGORY: 自由詩
天国?地獄?
私は神を信じる者と呟いて街々のパレード


「薔薇が咲いて」と記述シテもう胸がいっぱいだ


この漆黒宇宙にたった一つだけ咲いている深紅の薔薇


連合赤軍と内ゲバの殺意持つ日本人がメーソンを殲滅スル


この世で初めて見た悪魔はチャールズ・マンソンだった


アイドルや天国を大安売りのソノおみ足
DATE: 2011/02/04(金)   CATEGORY: 自由詩
メーソンに与える詩
ああ、虐げる者は滅び

その抑圧は終わった。

主は、逆らう者の杖と

支配者の鞭を折られた

かつて、彼らは激怒して諸国民を撃ち

撃ってとどまることを知らなかった。

また、怒って諸国民を支配し

仮借なくふみにじった。

(中略)

地下では、陰府が騒ぎを起こす

お前が来るのを迎えて。

そして、亡霊たちを呼び覚ます

地上では、すべてつわものであった者らを。

また、その王座から立ち上がらせる

諸国の王であった者らを皆。

彼らはこぞってお前を迎え、そして言う。

「お前も我々のように無力にされた。

お前も我々と同じようになった。」

お前の高ぶりは、琴の響きと共に

陰府に落ちた。

蛆がお前の下に寝床となり

虫がお前を覆う。


ああ、お前は天から落ちた

明けの明星、曙の子よ。

お前は地に投げ落とされた

もろもろの国を倒した者よ。

(中略)

しかし、お前は陰府に落とされた

墓穴の底に。


お前を見る者は、まじまじと見つめ

お前であることを知って、言う。

「これがかつて、地を騒がせ

国々を揺るがせ

世界を荒れのとし

その町々を破壊し

捕らわれた人を解き放たず

故郷に帰らせなかった者か。」


*イザヤ書 14章 バビロンの滅亡より

メーソンのトップとエジプトの民衆に
DATE: 2011/02/03(木)   CATEGORY: 自由詩
北極に降り来る聖書
地球が目視されて
雲の動きや 大陸の色 海の碧さが 輝かしい

オーラが脈動して大きく小さく
この球体に静かに息をさせていた

北極の方向から 近づいている
ヨハネの黙示録を携えて
総ページ数1800
ぶ厚い聖書がゆっくり回転をしながら
白いページと黒いカバーが
120°の華のように開いて
開口部から金粉の軌跡を残して
北極へと降りて来る

創世記の記憶を 預言者たちの舌を ダビデの謙りを

聖書は本の背を中心軸に回る
無重量の囁く声が真空に木霊して
そろそろ地球を包み始め
オーラをなお輝かせて
ページが地球の風に晒されている

漆黒の宇宙空間を航行して
第8天よりも上方
あの記憶の始原のスープの灰色に魅せられている

輪郭もなく自他の区別さえ曖昧な灰色に
紙の白とカバーの黒は映えるだけ映えて
起立した意味

聖書は神の創造の一つ

書を取る手は節くれだっていて
インクで汚れていて

書物に解釈の続けているのだ

民は一人北極星を飲み込み
月光の下 聖書に書きこむ
思いと思いの間に

あの漆黒の宇宙空間を旅した

おぼろげな記憶
DATE: 2011/02/02(水)   CATEGORY: 自由詩
メーソンのおっさん
自称オリンポスの神々のメーソン$で地球買い占めようと


ピラミッドの頂点のメーソン団員は悪魔の実体黒塗りリムジンに乗ル


メーソンのおっさん知識の誤用悪用セッセと武器作り


この煉獄で真理を探究シテ今日も日が暮れる

DATE: 2011/02/02(水)   CATEGORY: 自由詩
日本はハワイの次の州
イザヤ書2章 高ぶる者に対する審判より

アメリカ アメリカよ

この国は銀と金とに満たされ

財宝には限りがない。

この国は軍馬に満たされ

戦車には限りがない

この国は偶像に満たされ

手の業、指の作ったものにひれ伏す。

人間が卑しめられ、人はだれも低くされる。

彼らをお赦しにならぬように。


*偶像=ハリウッドスター・ロックスター・アイドル歌手
    尚リンキンパークだけは本物の戦士。注目!!!



メーソン33階級の頂点呪殺セヨ 革マルVS中核の内ゲバの如く


メーソン300人委員会に呪ヒかけている旭日が昇ります 神


安直なファーストフードに列なして 洗脳TV・CD浴びて
魂を毒し…そのうち死ぬさ…家畜の命だろわが人生


イザヤ書 5章 富める者の横暴

意識産業は醸造業

災いだ、酒を飲むことにかけては勇者

強い酒を調合することにかけては

豪傑である者は。


*強い酒=意識を麻痺させる映像・音楽
 洗脳家=作詞家・作曲家・プロデューサー
 アイドル=偶像


毎夜毎夜アイドルのCDは再生され思考の時は大手を振って盗まれる    




DATE: 2011/02/01(火)   CATEGORY: 自由詩
日本語解剖
ニホン語解剖学は

常識・習性・権力に

対すル強力な

刺激痛となろう

絶対的自由をゼッタイ自由を!




原理主義とメーソンの弁証法で地球爆発


メーソンの原理主義物質はプルトニュウムらしい…


メーソンは裏で原理主義と結託している


オカルトコニュミズム理論考えるツモリ


また短波ラジオ購入するかもしれない


メーソンの上層部に誰がいるか知らないわけではない
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.