FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2010/01/07(木)   CATEGORY: 自由詩
まじない
冬晴れに17文字の切れ味は


言葉で弾む毬の心


茶葉なめて吟味の空に雲一つ


役人 禄多く ソレ封建主義ヨ


思想トレンド保守回帰


浮揚 列島 フェニックス 呪術 マナだ


まじないで国復興することもあるカバリスト
DATE: 2010/01/07(木)   CATEGORY: 自由詩
ボノの前世はアーサー王
成熟した魂のみが知る自由


エクスカリバーきっとボノが持っている


魔術師マリーンの今生B・イーノ
DATE: 2010/01/06(水)   CATEGORY: 自由詩
旅の始め
真理へ求めている旅の始め


旗めいてその地まで一番乗り


多生使い尽くして君ととも


偽善者よ言論の意味教えてやる
DATE: 2010/01/06(水)   CATEGORY: 自由詩
寒の内
花摘みの夢見て外は雪


水晶宮 祈る我ら 灯


列島の背骨で分かれ雪・乾き
DATE: 2010/01/05(火)   CATEGORY: 自由詩
神謡
神謡と呟いて白けた世よ


文学結界は金剛の輝く内


天に白道 太陽と月のスリル
DATE: 2010/01/04(月)   CATEGORY: 自由詩
読書家
ペンのインクが指先で歌う新年


万巻の書よ 読破もこの一冊から


頭頂から生命の木を生やす


君が読書家で困る人はいない


くやしかったらもう一ページ読み進め


折口信夫の得体の知れなさが 好き
DATE: 2010/01/04(月)   CATEGORY: 自由詩
目に見えぬ世界
霊界の門に私兵を配置して


裸の私が不可視の者らと語り明かす


天の言葉降す日の冬晴れ
DATE: 2010/01/03(日)   CATEGORY: 自由詩
日本を想う
コンクリートの縁石と雑草の都市に歌


手の平で視て足の裏で量る太陽と大地


小鳥が今横切った心象の青空を


列島の土フェニックスの骨で出来ていて
DATE: 2010/01/03(日)   CATEGORY: 自由詩
モーニングコーヒー
極悪カルマ吊るした魂の腐臭


登るべき山の遠景 冬枯れの枝にかかる


妙法で動く天体に草木の作仏添えて


嘘つきの舌の抜かれて閻魔の大声


偽善者は金ピカの鉛のマントが重かろう


妙法唱え結跏趺坐して動かぬ影の我


享楽主義者の仏種焦がして後のもみ殻


そのぶ厚い近眼のメガネと嘘つく眼球の鈍さ


保身のために学んだ理論を振り回す合理化の安定剤


洋楽聴いて神に祈りたくなる日


列島清め不正を告発し続ける
DATE: 2010/01/02(土)   CATEGORY: 自由詩
翁 寿ぐ
極悪礼拝 己のカルマ成就せよ


内省の小屋を魂の内に建てた


太陽礼賛して地球の杯に注ぐ


絶対的自由を享受して行為なす


為す事がおまえの自由を増大すること
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.