FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/12/07(月)   CATEGORY: 自由詩
誠実のトラップ
罠に業欲の毛物ワイアーは
          絶命のため締め上げる


二度と人間への受胎なし
        権力・業欲 猛者一人


妙法唱えて仏・菩薩 
       雲集するターミナル通路
DATE: 2009/12/06(日)   CATEGORY: 自由詩
路地裏日本
ヘッドライトに照らし出される未来


乗合バスの揺れが師走を告げている


死人の静かに立っている路地裏日本
DATE: 2009/12/04(金)   CATEGORY: 自由詩
そして日常が過ぎて
何見てもへーと言えてシャキシャキ新鮮さ


ブログに嵌ってエントロピー増大を防ぐ


君は発狂するほど美しい海を見たか


沖縄の神様ジュゴン・海ガメ・海ヘビら


ブログ投稿しながら書籍にする意味考える


変わった事もなく再び日常に埋没した


一つ 一つ塚 置いている投稿重ね


島に願かけながらまた貝の白浜


列島の端から端まで罠仕掛ける
DATE: 2009/12/04(金)   CATEGORY: 自由詩
霊鳥の巣
ゆったりと欠伸して口中に霊鳥の巣


白い歯を見せたら鳥の巣ができる


後頭部で翼広げて羽ばたいている
DATE: 2009/12/04(金)   CATEGORY: 自由詩
DKに泉
炬燵の下の泉に集まる小人たち


本棚の下 隠し階段 希望の泉


頭頂部から自噴する泉は美しい


マンションに濁りなき泉下界へ落ちて


睡蓮の池にひたすら風が起こる


揺れる葉は巨人の平手 睡蓮池


水源に追想の白蓮茂りダルマ零す
DATE: 2009/12/03(木)   CATEGORY: 自由詩
ガラス越しの雨
晴れの日の白々しくてカーテンを引く


昏く雨降り続きレインコートの黄鮮やか


清水のように靄 窪地に溜まり溢れて
DATE: 2009/12/02(水)   CATEGORY: 自由詩
やさしさの調べ
花のなくて12月の太陽


ビルの林立と車窓 都市生きて


朝霧ひっそりと都市は遠景


うつらうつらまどろみの泉湧く


夢博士淡い樹木と補虫網


読書してシナプスの風通し良い日


上品な活字の匂いの薫る部屋


せっかちのちょうどほどよき一行詩


太陽に触れ確かに舞う落ち葉
DATE: 2009/12/01(火)   CATEGORY: 自由詩
カルマ刈れよ・・・
黙し明日を飲み込んだ凍てる魂


美しき霊なお善良の人と人


極悪の業役人 聖書のごとき


行動 行動 喋りまくれ 捲くしたて
DATE: 2009/12/01(火)   CATEGORY: 自由詩
儀式めく朝
左腕の火傷に悲しむ包帯


空明ける手刀切って灯るもの


陽光に揉み解されている固い魂
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.