FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/05/31(日)   CATEGORY: 自由詩
矩形の空
影のない喪失感や葉の緑


樹の思想 地割り上昇スパイラル


ビルの谷 光渦巻く矩形の空


雑踏で一人影置く寂しさよ
スポンサーサイト
DATE: 2009/05/31(日)   CATEGORY: 自由詩
ファンタジー?
曇天が溶けたアイスのように甘い


暗闇で影踏み遊びは真の闇


日傘さす影のない日の白日夢


白日の影踏む一歩地に投げて
DATE: 2009/05/29(金)   CATEGORY: 自由詩
雨幻想
砂嵐石仏埋もるランプの灯


雑踏に雨染み込んで玄(くろ)く行く


冥暗のガラス研ぎ澄まし雨雫
DATE: 2009/05/28(木)   CATEGORY: 自由詩
海の意志
天荒の息急き切った海の意志


俳句する永遠の今を留めたし


風動き我突っ立つて雨の降る
DATE: 2009/05/27(水)   CATEGORY: 自由詩
水晶
複眼の目持ちて写生句は


水晶を月夜に照らして呼吸さす


ちゅら島のサイロの悪魔 放擲だ!
DATE: 2009/05/27(水)   CATEGORY: 自由詩
夢見の三首
風揺れるお花畑に蜜蜂の
        羽音近づく目を閉じる


丘陵を吹き上がる風胸に受け
        我白き帆なり海原を越え


奥深い入り江に船を走らせて
         波間に揺られ雲と木々見る
DATE: 2009/05/26(火)   CATEGORY: 自由詩
理性ともののけ
丹田を十字架にかけ蛇を揚げる


権力者に取り憑くもののけ皮剥いで


腹の中に東洋の人 蛇龍を飼う


蛇龍に乗っ取られた脳髄は


神道は蛇トーテムの戦艦大和

DATE: 2009/05/26(火)   CATEGORY: 自由詩
幻想三句
鳥昏く飛翔して陽の大海


蛇搾る樹液の朝はぬらりぬらり


蟇蛙が轍で潰れ死んでいる
DATE: 2009/05/25(月)   CATEGORY: 自由詩
山伏フリークス
額に角の生えてホラを吹く


古本の活字生き生き今一度


贅肉を削ぎ落としたく俳句日和


絶妙な漢字ひらがな釜で煮る
DATE: 2009/05/25(月)   CATEGORY: 自由詩
夢のかけら
明け方の鳥の声さえ夢の色


金糸なる静かな時編むまどろみは


ソファーにてなおつづまりて猫の夢


頭頂の夢のかけらが部屋に浮く
DATE: 2009/05/24(日)   CATEGORY: 自由詩
南の島
驟雨来る南の風にハイビスカス
         揺れて揺れて燃え咲き出でて


石垣に焼き付く太陽音も無く
          ハイビスカスは一つ花落とす


ジリジリと攻め来る太陽昼下がり
          街は静かに海風にねむる
         
DATE: 2009/05/22(金)   CATEGORY: 自由詩
透明な風

揺さと風 豊穣の胸に抱かれて


陽は流れ雲行きて行くこの窓辺


風の腕木々に触れ 聞く風の音
DATE: 2009/05/22(金)   CATEGORY: 自由詩
池田思想
池田思想ポスト冷戦の主流なる
           諸外国からの讃美たえず


正義とて誰にとっての正義なの
        創価の正義はダルマ(法)の勝利


雲割れて旭日のなか唱題し
        菩薩ら発光人界に散る
DATE: 2009/05/21(木)   CATEGORY: 自由詩
茶坊主官僚絶滅危惧種
闇闇暗黒街の排水溝
       銀座祇園でうごめく臭


影強く不協和音の逆マントラ
        首切り落とし死神は大鎌


偽善者の鉛のマント思いのか
        閻魔ついでに舌引き抜けば?
DATE: 2009/05/21(木)   CATEGORY: 自由詩
光の国
草の葉の風が光って輝いて


時として光の国へと帰りたし


善悪の出会いがしらの煉獄で


天と地に祈り捧げて今日の日の
DATE: 2009/05/21(木)   CATEGORY: 自由詩
貝殻を置く
貝殻を海の無い街に置く


地球ヒタと動かぬ風も無く


真空のキリコの影の戯れて
DATE: 2009/05/21(木)   CATEGORY: 自由詩
おろころ島
日本島 南無妙法蓮華経 満ち満ちて
                 己で開く歓喜の道


日本国 琵琶湖あたりで真っ二つ
           川崎名物 日本島煎餅


日本島 官僚坊主ののさばりて
         ヘリはバラバラ頭痛ドキドキ


我が救い最後の審判 魂の
        光の国へ死の上昇


各々に与えられたる死なれば
        最後の審判 告発セヨ!
DATE: 2009/05/20(水)   CATEGORY: 自由詩
日本島
日本島 天気情報 娘らは
      北から南まで 祝 解説


人人は満ち溢れたり源泉の
         都市保てる人界の深み


転生を重ね重ねて思い出の
       負けた事無し一度たりとも

DATE: 2009/05/20(水)   CATEGORY: 自由詩
敗戦記念日
償いの敗戦記念日意味も無く
       ファシスト再び戦火にまみえる


ヨーロッパ アジア丸焦げ二次大戦
          忘却に忘却重ねても嗚咽


乱れゆく情念の熱 揮発油の
        燃えゆく炎わが身を照らし


永劫の闘争をこそ止揚して
       我に理あり人間革命


タブーなら言いたい放題 言えなくて
            何の言論 何が自由
DATE: 2009/05/20(水)   CATEGORY: 自由詩
夜の始まり
ビルの谷渡る小鳥の温かさ


暖かき希望の灯火もれる窓


落日のあわただしき街 風行きて
DATE: 2009/05/19(火)   CATEGORY: 自由詩
太陽と月の旋律
黎明に傷ついた陽は静かに昇る


癒す月太陽没して涼しくて


告発は黒き鏃を研ぎ澄まし


死の準備 西日激しく吠えてみろ
DATE: 2009/05/19(火)   CATEGORY: 自由詩
雲 垂れて
小鳥らは遠くさえずる胸で聴く


曇天にこうべ垂らして礼拝す


燃え滓の静かな街路に排気ガス
DATE: 2009/05/18(月)   CATEGORY: 自由詩
100人のギャラリーがいる!
快晴!緑樹は輝りて蛇の爪


陽光に蜥蜴艶めく気配あり


つややかに路面に光 遊ぶかも


見た聴いた書いた100人のギャラリーがいる
DATE: 2009/05/18(月)   CATEGORY: 自由詩
裏天皇
官僚の任命責任どこにあり
       堕落の公認 人事院 天皇


さげすみの眼だけ空向く天皇制
           偽善福祉に官僚任命


裏天皇 象徴偽善でTV露出
          根腐れ魂 弱きの味方

DATE: 2009/05/18(月)   CATEGORY: 自由詩
光の住人
空色のソーダ飲みたしこの日和


青空にストローを挿し飲む 光


光に住む住人と会話している
DATE: 2009/05/18(月)   CATEGORY: 自由詩
風 強き日に
見上げてはゆたりゆたりと風鳴らす


灯火が心の中に灯っている


街の灯がまたたいて強き風
DATE: 2009/05/16(土)   CATEGORY: 自由詩
幻視の日
今生も来世も賭ける我が進化
        忘却の河の水上を歩け


脳髄に深く浸みこみ本能の
        爬虫類の群れ我が右肩に


晴れた日に書物と会話見開きの
          著者の書斎のなまなましさは


アカ点灯地獄の骨ら踊りだし
       骨で骨砕き血で血を洗うかも
DATE: 2009/05/15(金)   CATEGORY: 自由詩
潮騒の街
書の山と寡黙な唇ペンは吠え


霊の白 頭上に強く輝いて


白い雲ざわめく街は潮騒に似て
DATE: 2009/05/15(金)   CATEGORY: 自由詩
総設計師
魂の総設計師となりたし
       銀河と地の底 芯に立つ事


一人立つ既存の価値からオサラバだ
               引用引用 坩堝灼熱


仏壇に戦没者の遺影寂しくて
       何が神道 何で天皇


鋭敏な街街の姿この大気
       清く上澄み清む朝は

DATE: 2009/05/14(木)   CATEGORY: 自由詩
詩人の血
キーボード叩く心臓が血を流す


昏く地と全天 光 輝く人と


告白の言語は著され歴史パルス


石 砕く快楽憑かれ墓あばき
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.