FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2009/04/30(木)   CATEGORY: 自由詩
オフィスビルにて
マクドナルド規格食品給食の
         パクつきながら霊性は来る


すっきりと管理のカタチ オフィスビル
           飲食エリアでてきぱき作句


肉体は規則に則り精神の
        さらなる自由獲得せよ
スポンサーサイト
DATE: 2009/04/29(水)   CATEGORY: 自由詩
地球進化期
通り過ぐ地球進化空想が
        ほら物質化し地より湧き上がる


この銀河「地球なるもの」遍満し
         進化同期の彼らに挨拶


夢常時 覚醒・眠りと異質なる
        意志して夢見て現実変容
DATE: 2009/04/28(火)   CATEGORY: 自由詩
メタ浪漫派
あらゆる権威よ
去れ

私を鎖で繋ぐ
ふくみ笑いの権力よ
この楽園を追放だ

テレビのニュースを見ている
各々に語られた事象
もっともらしい前提を否定する

国とか天皇とか
作為的な人々の意見も

私はあえてタブーを侵す こきおろす 攻撃する
さんざんおまえらが刷り込んだ
アカを洗い落とす



魂の王国には
必要な意味だけ 持って行く
細胞膜で選別して

広野にこの手で杭を打つんだ
己の意味の王国に
宮殿を建てる

朝日の当たる
静かな執務室
図書室があり
5つの書架に文学系の書
1つのCDラックに洋楽のコレクション

私は空を見て過ごす

そこでメタロマンを研究する

その大まかな形が
姿を現しつつあると


ロマン主義を永遠に遂行するために
科学的客観を対立項に立てた
弁証法 それが メタロマン

霊感と理性科学の永遠の戯れ メタロマン


科学啓蒙ジャーナリズムの絵解きに惚れている
NEWTONは霊感の源泉

ヨガの呼吸法を終えて
朝日を体いっぱい摂ったら
午前10:00の窓越しの陽ざしに見つめられて

雑誌を開く
目新しい事実・仮説が理性の微細な網の目にかかる
事象が原色イラストで説明される
極小から極大まで思うがままのスケール
物質の歓喜の沸き立は語られる
頂点から裾野まで理性のしなやかな白い網に
かからぬものは無い 科学は万能という幻想が

科学者よ君らを意味を捕る漁師にしてあげよう
キリストは静かに立って


動かぬ客観的な意味の巨大な王宮に
王たるメタロマンがやって来る
玉座での謁見もそこそこに
小さな執務室で
今日の意味の拡大を喜びつつ
NEWTONをめくるのだ
そして王宮の列柱の間を
そぞろ歩き


今日の霊感を楽しむ


繰り返すメタ浪漫派 君臨す
        理性の絶頂したがえて 丸光


メタロマン己の王国築くには
        鏡と霊を中心に置く


霊感が理性と対峙 弁証法
       科学の絶頂にメタロマンの眼


科学の新事実をくれメタロマンに
          理性の時代 霊感勝負


美しい日ざしに感謝して
鳥らも歌歌い

この青空に
ぽっかりと

白い  雲

DATE: 2009/04/27(月)   CATEGORY: 自由詩
Kらの眼
鶏らの眼カッと見開く何 分析


眼前に鶏の眼ありあり深き孝


Kの眼の 己 見詰める顧みる
DATE: 2009/04/27(月)   CATEGORY: 自由詩
詩は君にやって来るのか・・・
詩は君にやって来るのか調息し
         静かに過ぎる絵 色彩活写


陽光にミルクカップが語りつつ
         あらゆる会話は朝に静寂


青空に空中神殿描くたび
        世界に意味を足す快楽
DATE: 2009/04/26(日)   CATEGORY: 自由詩
ディペッシュ モード
DM宇宙からの音 大地射る
          不協和音は邪悪撃つ


輪廻遠く霊樹の森に降り立ち
         地球霊と初めての会話


直立す大地に足跡残すのは
         君か俺か歴史を作る
DATE: 2009/04/26(日)   CATEGORY: 自由詩
エンタシス
夢殿を開くと地鳴りのするだろう
           太子の御霊のたたりと知れ


法隆寺エンタシスなんか切り倒し
         木材チップでたたき売り


木でできた文化財など大釜の
        茶会の湯沸かし風狂の味


エンタシス切り刻む快チェーンソウ
         爆発音で坊主気のふれる
           
DATE: 2009/04/22(水)   CATEGORY: 自由詩
フロイトナイフ
お伽の夢見てユング花の園
       フロイトナイフが胸切り裂く


文芸の日々の修行はヨガ行者
           職人芸に憧れている


雷の詩的霊感 群青に
       脳神経は微弱電流
DATE: 2009/04/22(水)   CATEGORY: 自由詩
ああ天皇家に生まれて・・・
天皇家に輪廻転生 受胎して
      ギロチンゲームで上がり!退位しよ^^
DATE: 2009/04/22(水)   CATEGORY: 自由詩
ファンタジィー学
我が君は歩くファンタジィーと呼ばれつつ
              零れる瞳に白い雲映る


作りたし幾何のごとく美しい
        ファンタジィー学 君とのおしゃべり


人間の縫いぐるみ着たファラオネコ
           DKのソファーで本読む君よ
DATE: 2009/04/21(火)   CATEGORY: 自由詩
書を持ち街へと下ル
全集の端本一冊手に取って
        歴史の重みの手の平に ズシ


輪廻なる部屋の窓開け曇天に
          白鳩らの群翔を見る


雨降らし中国製のブルゾンを
        軽くはおって街へと下ル
DATE: 2009/04/21(火)   CATEGORY: 自由詩
きっと浄化の雨の降る
撃て 撃て 浄化の雨眠りの中で


暴風雨 窓たたく音が心放つ


しんみりと更けた夜に点る霊
DATE: 2009/04/20(月)   CATEGORY: 自由詩
天使もカルマ
手淫とか…絶対自由 法悦とか…
         左手にAV右手に聖書


白いモノリビドー漏らさず昇華して
        天頂のチャクラ クンダリニー開き


カルマ 業ネット時代のワンクリック
           至る結果をアタマで考える


カルマ 業カスミガセキとギンザの夜
           目から鼻なの地獄地獄ダ!


痴的チンピラ カルマカルマ天使さえ
         さあ世界 己のカルマ成就セヨ!
         
DATE: 2009/04/20(月)   CATEGORY: 自由詩
象徴公務員
天皇は象徴公務員 一番星!
          行革槍玉ギロチンゲーム


おい…官僚!そのイタリア製の背広の背
            情欲の日の丸焼き付けて地獄銀座


スッパダカで官僚認識ペニスに
         日章旗のタツゥーおれ官僚…
DATE: 2009/04/20(月)   CATEGORY: 自由詩
女男
原爆で蒸発するのは肉体だけ?
         目撃した我らの希望が死す


管理する!おまえの心マニュアルで…
           がんじがらめの言葉と動作だ!


精神の直立歩行で肉体は
         女男ともども勃起の朝
DATE: 2009/04/19(日)   CATEGORY: 自由詩
性・聖・政
性聖政 淫獣の指ねばついて
         女体供犠は密室の怪


ぬめる肌蝦蟇の淫乱上や下
        祇園墓場は銀座沼に灯


皇居には戦没者らの骨降らす
       ヘリコプターのみ飛び回りつつ

DATE: 2009/04/16(木)   CATEGORY: 自由詩
那覇にて
歌歌い7つのチャクラ開き給え


青いだく琉球の風 創造性 


黄昏の闇の海風 那覇は暮れ


電飾の国際通り一つ折れ


定型よクラッシックの垂直性
DATE: 2009/04/14(火)   CATEGORY: 自由詩
地下ラジオ
公道を四ッ足では歩かない


ピースサイン監視カメラに微笑んで


一足三足四足公道二足 
DATE: 2009/04/13(月)   CATEGORY: 自由詩
電脳の雷
落雷のパルス電脳共時なる


電位差の黒雲と脳ひとしい雷


黄泉たるむ生あたたかき地獄なれ 
DATE: 2009/04/12(日)   CATEGORY: 自由詩
ヤァーベよ・・・!
百舌鳥鳴いて不動顕現切れ!邪悪


ヘビ崇め神道の邪悪ヤァーベよ…


餓鬼の住む寺社仏閣を焼き払う


拝観料ドンチャン騒ぎの軍資金 
DATE: 2009/04/06(月)   CATEGORY: 自由詩
この魂桜花に捕られ何にせん


風吹いて桜咲くも良し散るも良し


若者よ真の思想の明快さ
DATE: 2009/04/03(金)   CATEGORY: 自由詩
象徴(しるし
御堂にてチャント聴き入り魔の眠る


菊の象徴(しるし)戦没者に添え阿鼻叫喚


チャリ乗る日彼の君ロバ駆る首都入城
DATE: 2009/04/02(木)   CATEGORY: 自由詩
暑き夏山口誓子で涼を取り


褒め言葉以外にノウナシ天皇制


下々も下々神道ヘビは化生の妖


朝鮮は近し永劫禁断天皇ら


裸の王朝鮮の怨に燃えカス
DATE: 2009/04/01(水)   CATEGORY: 自由詩
金剛宮
富士山麓金剛宮を輝かす


海浜の遠く潮騒果てる家


歩道あり垂直交差の崖に街
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.