FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/11/30(日)   CATEGORY: 自由詩
地球人類普遍的善行
地球文明の始まり原文明があったはず
          その足跡は我らの無意識に蓄えられ


エジプトピラミッド古代のものほど
          完成度が高い文明は進歩するという幻想


神話の共通性は人類の公約数
     太古エイリアンら宗教儀式でプレゼンス


この地球市場に太古と同じく
       高次の者ら出入りしハイレベル文化伝える


時として憑依に似た心持になる事がある
         詩的インスピレーション! 高位の者ら通過す


神の見えざる手 悪魔の所業信じれる
             人・人たちは進化の可能性がある


地球人類普遍的善行
     見定める感覚まで衰えていなかろう


ニュートラルな光 放つ太陽の寿命
          あるうちに君も宇宙存在 仏となれ!

スポンサーサイト



DATE: 2008/11/30(日)   CATEGORY: 自由詩
在天の父ら
古代知識の殿堂アレキサンドリア図書館
           大地震で壊滅したは在天の父らの陰謀


黙示録的世界の出現在天の父ら
           あからさまな霊的介入あり


キリスト教懐郷爆発的な拡大の影に
         在天の父ら異能の力を施行
DATE: 2008/11/30(日)   CATEGORY: 自由詩
ホロスコープ
魂の傾向と対策知りたければ
        ホロスコープに限る星星の導きにて


天空の座相がミゾオチを荘厳する
          魂の表情ホロスコープ


内なるものは外なるもの惑星の座相
          内なる魂を刻印するホロスコープ
DATE: 2008/11/29(土)   CATEGORY: 自由詩
深き井戸
夜と夜の間に間に深き井戸降りると
         底に水晶の林鈍く発光している


軟らかな外殻に中心は金剛の魂欲しき
         書物の間を自由に飛翔する軽やかさ


活火山の火口にワイヤーロープ使い降りてゆく
               その昇降機のオペレーターはあなた
DATE: 2008/11/29(土)   CATEGORY: 自由詩
人人人人たち
人人人人たちの交わす会話の隙間に
         感情の大海横たわり一粒滴り輝け!


世界は読み込まれる事を待っている
       抹茶ティーに浮かぶ泡が蛍光灯を映し込み


今日 題目あげるも邪悪な烏いやに多し
          まだまだ脇が甘い未熟な自己思う
DATE: 2008/11/28(金)   CATEGORY: 自由詩
地軸の揺らぎ
遅い日の出は地軸動きしか最後の審判信じる
              原理主義者ら我らは豊饒努力の汗で


暗く寒き時雨れて心にランプ灯す者に
          光の至福満ち満ち神々ら集い


Row row row your boat! 沖まで漕ぎ出て
              見知らぬ文物・夢想を持って帰れ
DATE: 2008/11/26(水)   CATEGORY: 自由詩
「世界夢」
その胸に永遠への窓 持つ少女よ
       その瞳で銀河を見せてくれ
             その腕で大地を抱擁してくれ


「夢」の統合を試みたユング
      人類は今 内なる夢から「世界夢」へ


内なるものは外なるもの「夢」は統合され
            内面は深化し世界は夢となる


世界は夢見ている地球に立つ人・人の夢は
              67億乗の67億の「世界夢」へ


あらゆる事象にファンタジーを見て
         20Cは悪の帝国の逆襲とわかる


数式にファンタジーを見て哲学定義に心躍る
          学問はすくすく伸びる 魂は芽生え
DATE: 2008/11/26(水)   CATEGORY: 自由詩
太陽は一度 死す!
奇蹟はまた再び日輪が昇る事 遅い日の出に
                 窓辺のコーヒーから湯気は立つ


日没で太陽は一度死す 改まる 命
        日の出を祈る焼香 エジプトの神官が


特化した知性 君の法剣を磨け磨け
        書き続けよ! 行動の中に答えは・・・
DATE: 2008/11/25(火)   CATEGORY: 自由詩
自転の実感
日は昇り昇りつ東雲の
      輝き輝く雲間に日輪


東に開け放つ窓に陽光の影動く
        地球の自転がひたひたと寄す


突出した才能の頂点を梃子に
        全方位の底上げを! 良書を!
DATE: 2008/11/24(月)   CATEGORY: 自由詩
午後10:00
夜半過ぎまで降るだろうこの氷雨窓越しに
              漆黒の空に白光の光 撃つ秘め事


午後10:00の部屋は暖かく明るい
         君と落ちる夜は深く藍色 星星が瞬く


文法的に正しくインパクトある短形に
           賭けてみようチャレンジを・・・
DATE: 2008/11/23(日)   CATEGORY: 自由詩
ホロスコープ
一つ モノローグ続ける事は
       己と世界の交わす挨拶


絶望的世相の中で狂気に落ちぬため
        心の動きを言葉で定義し続ける事


パスカルの「パンセ」再読したし
         短形の言の葉に綴る思い


他派の教義も聞きかじり耳が立つ
           るつぼでチョコチョコかき回す悦楽


我がホロスコープの天頂にヘルメス
           水星ありてウロチョロする宗教界


法華一乗ゆるがせにせず御書読みて
          常に帰る仏国土持ち サーカスだ!


取りたいものを取れ! 世界は花嫁のように
           言葉の再定義を待ちわびている
DATE: 2008/11/23(日)   CATEGORY: 自由詩
ウォーホールしたし
夢の地平にまどろみ甘く黎明の
        目覚めは深き闇明けきらず


あらゆる宗教的象徴をウォーホールしたし
                無節操と紙一重の行為に賭け


法華経その頂点に燦然と
      山麓に諸々の教典見えるかな
DATE: 2008/11/22(土)   CATEGORY: 自由詩
冬の夕暮れ
光が闇に侵食されて夕間暮れ
        細い路地に煌々と街灯の灯る


落ち葉寂しく踏みしめて夢の昏さの
          夕刻は西に三日月木々黒き


夜が始まる蛍光灯の白日の明るさに
           空々しさ感じつも読書に励む
DATE: 2008/11/21(金)   CATEGORY: 自由詩
soft soul
食欲・性欲より強く深く鈍く濁り 
         他個体に奉仕したい欲求顕れ出るかも


Soft soulで外界刺激に一度引いて
         おもむろに取り込む不定形が


理性の時代に始原のウロボス満ち足りて
          せめて供養の富士空中遊泳する蛇ら描く
DATE: 2008/11/21(金)   CATEGORY: 自由詩
原海にて
ノイジーなエレクトリックギター がなる原海の昏き
            意識下の領域にchordCくれ 今 立ち上がるから    


荒れ狂う原海の昏茫 流木につかまりしのいでる
             果てのない絶望に大波が洗う息が苦しい


水と空気の境界面で激しく揺すられる原海
           カオスにて秩序立てる方策知らず 音楽が・・・    
DATE: 2008/11/20(木)   CATEGORY: 自由詩
あなた・・・
どこか他の星でもあっただろう冬の海であなたと
          ボッサノヴァ聞きながら黙していた事が


己の影を抱擁し大地に言葉吐く
        すると豊穣の実りは約束される


己と恋に落ちる者はライバルを持たない
          鏡のあなた言葉を発してください!

DATE: 2008/11/19(水)   CATEGORY: 自由詩
夢のつづき
机上に髑髏 黄金に妖艶に輝きて
             過去世の古傷も癒え始む


真に実力ある現人神ならば どうするだろう?
          この世の暴力・苦しみを和らげる 力 出して


人間には努力して成るものだ
          芸術家も 己 今日も鍛えている
DATE: 2008/11/18(火)   CATEGORY: 自由詩
象徴夢
ニーチェ左手で持ち血肉とするも
         それもこれも・・・善の強化体操


廃墟の梁に座りハイティーンのマドンナ待つ
         スポーツカーからハンケチなびかせ笑顔が眩しい


割れた姿見の上に廃墟の梁から飛び降りる
           瞬間 ピンクのスポーツカーからマドンナ降りる
DATE: 2008/11/17(月)   CATEGORY: 自由詩
ユングとウロボス
己の尾を噛む蛇の円環に
     止めども尽くせぬ知恵を見る


真夜中に昇る知識の太陽は
      フロイト的闇を照らし滅する


無意識がファンタジーに再構成されてゆく
           ユング行く道端にフェアリーテール


フロイトの切れ味試すより
      ユングの妖精らの話聞く良し


在天の父らの精神分析は「ヨブへの答え」で
          為された ああヨーロッパの偉大


ウロボスら空間縦列し互いの尾を噛む
          スパイラル上昇21Cこの理性の時代に


神に悪意示したニーチェ悪の救世主
         ヨーロッパ二千年の歴史をひっくり返す


とぐろ巻く神道的蛇信仰アニミズムは
         素朴なガランドウ に南無妙法蓮華経


南無妙法蓮華経がアマルガムな液状になり
          無節操な日本的宗教観に侵食する
DATE: 2008/11/17(月)   CATEGORY: 自由詩
普賢菩薩
陽光の優しい小春日和に我が心像の内では
           普賢菩薩 三昧に入り蝉鳴くように唱題続く


文殊院に住する普賢の空間は漆黒で透明
           結跏趺坐 唱題三昧 白光に輝く唱題


髭曼荼羅を見詰め続けると拍動的な
         うねる力が流出して体が前後に揺れる
DATE: 2008/11/16(日)   CATEGORY: 自由詩
イメージスケッチ
法華経の普賢菩薩 結跏趺坐 四天王に囲まれて
              題目あげれば幽玄の昏き空間輝くかも


神道の神々なのだろう紀伊半島の深き森で
           大白蛇ら絡みあいながら線画の神 産出す


かがり火が妖艶な焔を髭曼荼羅に落とし
             南無妙法蓮華経の本尊が浮き出てくる
DATE: 2008/11/14(金)   CATEGORY: 自由詩
若き骨格
長足 長腕で仏の三十二相 示し始めた若者が
          続く世代に何言い出すか楽しみであり


四肢の骨格しだれ柳のようにしなやかに伸び
           若者のキーボード打つ指は宇宙人だ


四肢の長さは重力をしのぎ張り巡らされる巣
              蜘蛛の節足のごとき五指の軽さ


魂の器たる肉体は骨格が透けるほどに薄く軽く
                爽やかな体格しなる次世代よ!
DATE: 2008/11/13(木)   CATEGORY: 自由詩
小春日和
いいのか?日輪・・・こんなにまで慈愛注ぎ
                風景という風景が白く透ける


窓から陽光は溢れかえり踊っている
         濃いサングラス掛けて太陽を見つめた


空に風 光と戯れて美しくなる季節
         小春日和は家にいて思い出をつぐむ
DATE: 2008/11/12(水)   CATEGORY: 自由詩
アウシュビッツの設計図発見さる
2008/11/08アウシュビッツの設計図は
        白光に晒されアパートの一室より発見さる


1930年あの凶星 冥府の冥王星発見
          我々の意識に強く刻印される


冥王星の発見前後一次二次大戦
          ヨーロッパ・中国大陸・日本は丸焦げだ・・・


原子爆弾・大量虐殺・毒虫・宿業など
         皆 冥王星が司る冥王プルトー プルトニウム


1930/11/18創価教育学会結成さるどす黒き
          ファシズム冥王支配に題目の霊的灯火 灯り
DATE: 2008/11/11(火)   CATEGORY: 自由詩
曇天の静か
灰の空が無限に続く旅情が湧き出て
         龍の様な雲にこの体 横たえる


この曇天が可能性の宝庫に見える
         読書始める前は雲海の上 常輝の太陽


静かな一日だ灰の雲がうな垂れている
          灌木のしとねが淡く輝いている
DATE: 2008/11/10(月)   CATEGORY: 自由詩
時間論+1
連続する「現在点」から過去・未来を
          観て開くは現在只今しか無し


現在 在るものは心のみにて
       「今」自体から過去・未来の時空創りおり


現在から過去を顧み現在から
         未来を展望する「今」常なるイデア


海を渡らねば他国に出会えぬ地ならば
          ネットが越境する利便 我らにあり
DATE: 2008/11/10(月)   CATEGORY: 自由詩
宗教的な・・・
美しき魂よ! この曇天を越えてなお清まれ
          どす黒い邪念持つモドキ来世の姿知らず


大きな波頭が襲い来る青年よ
          一人立て烈風に雄叫びを


善良な生に輝かしきカルマ応え
       「蒔いた種」の比喩と「因果応報」の等価
DATE: 2008/11/09(日)   CATEGORY: 自由詩
「夜」 三首
夜の波紋広まりて軋む家に
        霊降り来て蛍光灯下の読書


ひたひたと夜満ちはじめ静かなる
         みな底に降り積もる思い出の数


清められた夜の海溝に雪のごとく
          堆積を始める部屋は暗き湿り
DATE: 2008/11/07(金)   CATEGORY: 自由詩
田母神!!!・・カマ尻 掘ったろか~~・・・
なかなかナヨッ~~としてイイじゃないか・・・

尻の線も締まっとる・・・ウヒヒ!!・・・^^

インテリそうで・・・

ワシャ コ・ノ・ミ~~~^^

機械油持ってこい!!!??・・・
DATE: 2008/11/07(金)   CATEGORY: 自由詩
自滅隊のアフガン派兵 近し!!!!・・・・??
ボタ神・・・論文・・・

サボタージュこいてんじゃねえ・・・

自滅隊が日本軍だろろうと、解放軍だろうと、

アメリカ軍だろうと、傭兵だろうと、国民は関心ない^^

とっととまともな仕事しやがれ! このアホ・・・

自滅隊????^^????
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.