FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/09/09(火)   CATEGORY: 自由詩
秋の陽気
秋の陽気に口説かれ一葉が輝き
         我も少し武装解除したし


どこまでも透ける空には有ると言う
           天空の都 仰いで汗流す


はにかむ陽に首かしげて微笑む
         一日は夢の透き通る本
DATE: 2008/09/08(月)   CATEGORY: 自由詩
現代の錬金術
巨大な坩堝 コンビナートの技術者は変容の初端を
                        作業着をまとい数値を量る


機能のみの形態コンビナートの夜の影は
           やがて地球変容へと導く一里塚


蛍光灯の下で新しき錬金術生まれて
        設計どおりの物質生成され
DATE: 2008/09/07(日)   CATEGORY: 自由詩
熾烈な神
明るき蛍光灯の下で血清と血沈が分離されるごとく
                人の善悪が神の前で篩にかけられ


旧約がお似合いだぜ 日本国
        非情な神の逆鱗に触れ罪は富士より高く


聖書 日蓮御書 読みて飽くことなくば
          夕刻のスコール何をか言わん
DATE: 2008/09/06(土)   CATEGORY: 自由詩
冥王のプルトニウム
古代31文字にプルトニウム粉 混ぜる
         これより先 日本語放射性 帯びるなり


昏き衝動持つ冥王 午睡の時に
         塚本携え喫茶の客となる


深き情念にプルトニウムは放射しつつ精錬の極み
             短歌呪縛の目的的使用のみ


精錬されしプルトニウムを崇拝したし
        核ミサイル朝暮に礼拝する軍人のごとく
DATE: 2008/09/05(金)   CATEGORY: 自由詩
ナインインチネイルズ
己が昏き衝動ナインインチ聴き決着つけたら
           創造の導火線に火を付けるなり


ドスグロイ血たぎりて31文字を徹底破壊
            日本文化の吸引力を無化する手段


磁力のような日本と対峙 喉仏に剃刀
           総体日本惰眠を貪る 群蠅の
DATE: 2008/09/04(木)   CATEGORY: 自由詩
熱狂
歌うことの魂 求めてる清明な日に
          空蝉 響き駆ける空は


古典を読みたまえ時に耐え 文 静かに眠り
             書架に秋の日が幽閑と射して


そして歌は熱狂の31文字と化す涼しげな
              風に荒魂の熱もれり


この世の生き様にて物を提出
         道具化 物質化 人界の掟
DATE: 2008/09/03(水)   CATEGORY: 自由詩
8ビートが・・・
俺 単純 ロックのビートが世界に響き
           平和な世が出現するって


世紀のローテク エレキギターは世界変革を促し
             8ビートは満ち足りて がなる


うずき 動く メガロポリスから立ち上がれ
          生産の理念に餓える子とてなし
DATE: 2008/09/03(水)   CATEGORY: 自由詩
太陽光
人間は己を定義し続けて暮れる夕日に
           鮮やかな紫雲たゆたう時刻


身を削っている快楽に日差し強くて
           文芸を織る部屋は昏き衝撃足りて


鮮やかな太陽光に物らの「在る」が
       益々存在し痛みが空へと延びる
DATE: 2008/09/02(火)   CATEGORY: 自由詩
刃物
欲しいのは刃物のような歌
        漂流日本とも綱を切るぜ


「サラダ記念日」の大根を千切りにする
         よく切れる包丁は我がキッチンにあり


剃刀を喉元に当てて肌撫でてみて
          己の切れ味を確認する昼下がり
DATE: 2008/09/02(火)   CATEGORY: 自由詩
神聖脳髄
ネットで結ばれし個々の総体は
          まるごと地球 脳髄シナプス


神聖なる脳髄に書物 注入し
        反応なる31文字を待つ


黄金に輝く繭を吐き出して
       地球生命 夢見つつ過ぐ


地球自体これファンタジーの源泉で
        目をあげれば夢色の色彩


塚本の膝もとに獅子侍らせつつ
       読まれし歌は裂く石榴の実
DATE: 2008/09/01(月)   CATEGORY: 自由詩
垂れ込めた雲
我は撃つ者ギリギリと梓弓引き切りて
         ソドムのような帝都に火矢架けり


遠雷の行き着く果ての雲海の上
         常勝の陽 輝ける都あり


暗き雲立ち込めたればインドラの
          神 立ち尽くし何をか伝う
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.