FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2008/04/22(火)   CATEGORY: 自由詩
聖書と日蓮御書は・・・・
初夏の陽射しまぶしく

自らに課した
我が人生の一大事

聖書 日蓮御書 紐解いて

お二人とも簡素な比喩に秀でておいでだ

明かりの比喩 二つ


明かりを持ってくるのは、枡の下や寝台に置くためか。
燭台の上におくためだ。
隠れているものは必ず現れるためであり、覆い隠されて
いるものは、明らかにされるためです


人の前を照らすと、自分の前も明るくなる。


キリストは愛に富み、日蓮は好戦的と一般に
言われている事が、この引用では逆で微笑ましい・・・

古代地中海世界にタイムトラベルしたい時
聖書を開く事にしている。

穢れた霊につかれた人をいやす
カナペウムを去る
ガリラヤでの宣教
日暮れのいやし
百人隊長

心は中東世界に羽ばたき
イエスの衣に私は触れたようだ


かたや日蓮
信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり
大願とは法華弘通なり
無上道とは南無妙法蓮華経これなり
法華経を持つ人は父と母との恩を報ずるなり


鎌倉時代の武家屋敷
由比ガ浜 潮風 松林
日本刀を持った武士 烏帽子

激しい殉教の日蓮が浮かび来る

疲れた時は聖書がいい 慰めになる・・・
社会悪を考える時など日蓮 最高!

宗教生活を始め 幾年月
こうやって 日々過ごし
老人になっていくのだろうか

光陰矢のごとし
スポンサーサイト



DATE: 2008/04/22(火)   CATEGORY: 自由詩
役人 坊主は呪われた いちじくの木
翌朝、私は都に帰る途中、空腹を覚えた。

道端にいちじくの木が見えたので、近づいたが、

葉のほかは何も無いのに気づいた。そこで私は

その木に「おまえの実は、もういつまでも、

ならないように」と言った。すると、たちまち

いちじくの木は枯れた。人々は、これを見て、

驚いて言った。「どうして、こうすぐにいちじくの木が

枯れたのか」私は、答えて言った。「まことに、あなたがたに

告げます。もし、あなたがたが、信仰を持ち、疑うことがなければ

いちじくの木になされたようなことができるだけでなく、

たとえこの山に向かって、『動いて、海に入れ』と言っても、

そのとおりになります


             南無妙法蓮華経  南無妙法蓮華経
DATE: 2008/04/21(月)   CATEGORY: 自由詩
腹に染みる 南無妙法蓮華経
腹の虫
感の虫

腸煮えくり返る の 当事者  腹の虫

あの人は腹がいい
あの人は腹黒い の 当の本人 腹の虫

腹に向かって 南無妙法蓮華経

末法の大白法を照射

坊主 官僚の百万尾の蛇虫にハラワタに染み入るように

照射する

腹黒坊主 極悪官僚
南無妙法蓮華経を浴びさせてやる

この末法の正義
三千年世紀を貫く池田思想

ワッ ハッ ハ

無敵 無敵なんだ
我らが創価

日蓮 日興 牧口 戸田 池田

順を追って この世に受胎し
創価を支えよ!!!

邪悪な蛇虫 腹の虫

腸煮えくり返る の 蛇虫

末法救済
三千年世紀の発端

南無妙法蓮華経
DATE: 2008/04/21(月)   CATEGORY: 自由詩
縫合する
まともな感覚
正しい事は正しい
悪は悪と言い切り 思い切る

感覚が狂わされ
魂がギタギタに切り裂かれている

善良な魂 保つ者よ

テレビを静かに 消せ

音に飢えたら ベートーベン
小説は『戦争と平和』しか 知らない

知る必要は無い

虚報ばかりなんだ・・・

ニュースで何が取り上げられ何がボツになるんだ
誰かが決めてるだろう

全てのチャンネルが同じニュースを流す それって・・・

なぜチャンネルの違いが出ないか
素朴な質問 誰が答えるべきか

改めて報道の自由とは・・・
デマゴーグに対する制裁は・・・

政治は失望が売り
その間隙に官僚がせいぜいのさばるから

この世のあらゆる事が嘘で塗り固めていて
己の保身に汲々として
殺伐とした 光景

信ずるもの 信心 信仰
宗教的なるもので己の魂に鎧を着せないと

狂ってくる 夢も見れない 
地獄界がメディアのあちこちから溢れて

君の魂を切り裂こうとするから

信心の針と糸で魂を縫合する

善良なものどもを団結させて
この時空の旅を行く

DATE: 2008/04/20(日)   CATEGORY: 自由詩
肉食 妻帯 妾を止めよ!坊主!??・・
仏教の坊主で肉食 妻帯 妾が当たり前は
ニ・ホ・ンだけ!!!
日本以外の僧侶は戒律が厳しい・・・
肉食 妻帯したければ還俗する。

檀家制度と妻帯肉食は因果関係あり!!!

ハイエナの資金源、カイミョウ・・・

ニ・ホ・ンの坊主に肉食 妻帯 妾 禁じたら
坊主のなり手が無い・・・
DATE: 2008/04/20(日)   CATEGORY: 自由詩
貧乏神が供養する日本仏教会
貧乏神が供養して
斜陽 斜陽の 日本葬式仏教会

肉食 妻帯 妾もOK
生臭 爛れ 根腐れ 坊主

クレ クレ 金クレ 糞坊主!・・・??

ご供養ならばと貧乏神の供養を受けたが運の付き
コリャ コリャ

祟られ 祟られ これでもか・・・
祟られ 祟られ 乞食
乞食坊主は宇宙の孤児よ

行くとこ やる事 みん みな ウ・ラ・メ

首くくる 坊主
首くくる 坊主

貧乏神も供養する日本仏教会
日本葬式仏教会
DATE: 2008/04/18(金)   CATEGORY: 自由詩
暴風雨
木々の緑を揺らし洗う

風の音たちが
私を遠い所へ連れ去ってゆく

ざわめきの葉葉に清純な雨が伝う

そう暴風雨は埃にまみれた
この都市を透明に塗り替えて
明日の蘇生を約束してくれる

鉄筋コンクリートの建物
草深い空き地
木々の植え込み

しっとりと深い濃密な色に湿らされて

浄雨のさざめき
天の海 さざなみ

この地を洗い清めて
天界の海 ざわめき

ひと時の
暴風雨に酔う
DATE: 2008/04/16(水)   CATEGORY: 自由詩
君は君の『名』において自由だ!
私は自由だ
自己責任の及ぶ限りにおいて

父・母が名づけた

藤井邦彦という名において

己に負荷をかけ
背水の陣を形成しつつ

将来を予想し
あの未来と言う 小高い丘から
現時点を遊撃し
常に時の流れの一歩先から
張りぼてで みょうに脂ぎった 権力者の傲慢を

一言 一言で 破砕してみせる・・・

情報はあふれても
知るべき事は何一つ知らされず
有害さを競っている マスメディア

クラッシック音楽と教養小説しか  信じない

どんなにか咀嚼に苦労しようとも・・・

権力と権力者にケツの穴かす 制服組
世の中クダラナイと洗脳したい
マスメディアの太鼓もち

お~い 官僚!
俺のケツのケバ何本だったっけ?

権力維持の為

善良な民衆の心に
見えない網を張り がんじがらめにして・・・
有害マスメディアめ

お前らのために窒息しそうな 人 人 良心
デマゴーグ 繰り返しのキャッチコピー
相変わらず恋の歌かよ・・・

くるくる くるくる 目先を変えて 眩暈させときましょう か・・・

ベートーベンとロマンロランとトルストイ
それで二三ヶ月暮らせば

奴らの洗脳の実態も身に染みてわかる

洗脳ってわかったらそれは失敗だろ
イ・ロ・ハのイだろ・・・
心理学者の御用先生

御用学者の知識の誤用
権力者のペニスなめなめ うらなりセ・ン・セ!・・・
このオオバカ野郎

武器の開発に血のりをあげる
工学 セ・ン・セ おまえは カタワの小人? ?

ハッ ハッ

俺は自由

自己の名前において
自己の責任において
DATE: 2008/04/15(火)   CATEGORY: 自由詩
自衛省 自衛省 BY キャンディ キャンディー
あたごの自爆以来
自衛省の話題がありませんね・・・

88人、処分して・・・

タコ、タコ処分以来、ほとぼりが冷めるまで、
自衛省のメディア露出は無しか・・・

いや自衛省だって、『お国』のために
イ・ノ・チ・ガ・ケでぇ~
燃料補給してる・・・

ほう 自衛省の仕事振り!
勇姿が見たいものだ・・・

大体、職員の意識は・・・

ユンボ・大型車両の免許が給料
もらって取れる!!!!??

喰いっぱぐれのない・・・

ああ~

自衛省は気楽な商売ときたもんだ!!

ホーィ ホーィ と・・・
DATE: 2008/04/13(日)   CATEGORY: 自由詩
人間をめざす
芸術の巨大な 第一波

自己表現は為される( 成就! ?

白く塗り込められた キャンバス
書き留められた 文字
録音で魂が吹き込まれ
レンズが骨まで映し出す

芸術は自然を 追尾して 追い越す

野に咲き乱れる
あの名も無い花のように

芸術は自然行為となって

高原の爽やかな空気に揺れる

キャンバスを丹念に塗り込めている
図書は蓄えられて
音源・視覚情報はメモリー鉱石に記憶されて

人間の行為は重たい果実を結ぶ
たわわに零れる 汗

芸術の一波 二波
続け!続け! 劫の果てるまで

表現欲求は人の本能 人の摂理

小鳥はさえずる 野の存在感情
蜜蜂の構成 都市は為されている

音楽が聞こえる
書物が溢れ
色彩が踊っている

芸術の一波・・・
ツ・ナ・ミ 美しく満たして
街に 風の吹く街を誘導して
その路地を折れると 流れている

水路は開かれ

あらゆる表現は

人間をめざす
DATE: 2008/04/12(土)   CATEGORY: 自由詩
砂糖キビ畑にて
自ずから成る
耕作の係数に支配された土

この土地に極楽鳥は野営し
その雫で濡れた重たい巣をいとなみ

静かに沈んでゆく ぬくもり

作物を繰り返し保っている
土力の茶色に緑は 
その巡りごとに溢れた

自ずから成る
単一作物の延々と続く うだる広土

茎から根へ
土と空気が触れ合って

表層の埃にまみれて
蛇は一尾 石垣の室で脱皮する

日は どっぷりと暮れて

土虫のすだき
芽生える耕作地の夜
小動物は食物連鎖を繰り返し
(輪廻と似ている

昨日 食した    あなた

野鼠は蛇に飲み込まれ
蛙は猫に狩られ 
骨と皮は剥離する

月が発してゆく
黒い砂糖キビ畑の影は長く うな垂れて
しめった土地の妖気に彩りを加え

静かに滅びのページを綴り

仄かな 幻は立ってゆく
DATE: 2008/04/12(土)   CATEGORY: 自由詩
遊んでいる
光と風があれば 満たされる

乾ききった大地 
暗い不毛の惑星

砂塵が舞い上がり
黒々とした 太陽は巌に 濃い影を落とし

(惑星のあるべき形態が近づく

風と砂塵 舞う
体を持つ 生物は いない 

光と風と影と

霊的な存在の祭儀
濃密なコントラストの世界

それは  乱舞

風に吹かれる事はない
光と影が演出する
生命形態が たどる道筋

霊と魂 暖と冷 光と影

音楽が聞こえるだろう

惑星と惑星の調和の音階が それに合わせて

波  波   光  音   波    光 光


霊が拡散を始め
空間が明るみを増して
運動の感情は また飛翔し
軌跡が残照を残し漆黒の星々へ伸びると

花火のように爆発する 感情
色彩が 現れ  現れ
かそけく 消費され 思い出を残すのみ


閉じては開く 魂の悔恨
影は しかし 現れ
抜きがたい痕跡を残し

キズ 傷が消えてゆき
霊の血液は赤いか 流れるか

そして お決まりの  浄化
痕跡が埋められてゆく
なめされた魂


光は光と遊ぶ  ナ・カ・マ


乾燥した惑星が
小惑星群へと粉々に砕け散り果てるまで


光は霊は遊んでいる
DATE: 2008/04/05(土)   CATEGORY: 自由詩
はらり  ほろ  ひら   ほろり
はら   ほろ り

はらり  ほろり

宵闇を淡い 焔で燃やす
桜花 澄む

幽玄 現前と古木から湧き立ち

しとやかな肌 剥がれるように

はら  ほろり はらり ほろり  と

散り始めた

ぼんぼりに灯
照らし出された花
花と花の群れ 噴水の勢いで 咲き乱す

春の宵

風に吹かれ 散り急ぐ 群華 一片
唇に当て

春に 口づける

はら ひら  ほろり    ひらり



DATE: 2008/04/05(土)   CATEGORY: 自由詩
花を食う
花は桜にて
新鮮に咲き誇る
桜花など
枝から折り取り

その ソメイヨシノなど
食っちまえ

日本語で 『シメイヨシノ』など
もぐもぐ 咀嚼して
酒の肴にして
明日の排便で出しちまえ

花見で食う のか
花見を食う のか

どちらも 狂態なら

飼いならされた
家畜のように
花見で食うか

黒い手帳に
詩人のように 素早く スケッチして
花見を食うか

幽玄に
淡く 浮かび上がる
夜桜など 折り取り
食う
DATE: 2008/04/04(金)   CATEGORY: 自由詩
池田先生に捧ぐ
地球の半分を勢力下に置いてしまった
巨大なハリケーン

天空を翔る
黒龍の赤々と輝く画竜点睛

歴史の営みのという織物に
鮮やかに織り出された
謎を問う図柄

潜在的な電圧を保ったままの日常に
毎朝 毎朝とどく 
『聖教』は郡集する 
紫雲の仏・菩薩に捧げられ
朝日を斜めに浴びたご本尊の前に供養され
それぞれに読み込まれる
人類の運命における『池田現象』『人間革命』

学会のまわりあわせは
天から授かったものか
我らが師匠の奥底の一念が呼び起こしたものか

流れ去る過去 到来する未来 その接点 
『今』というゼロ点は無限にこの宇宙空間に開かれ
心の在りかと重なる それが奥底ならば
それぞれの人 人のミゾオチに 
それぞれの奥底即宇宙

しかし 我が師は 
生来の心根の優しさと勤勉さで
奥底を汲みつくし
この全宇宙と一体になられた

ひとたび 彼がペンを握れば
考えられるだけの宇宙の端々に届いてしまう
生きとしいける 生命が打ち震え歓喜する

この銀河 この太陽系 
この地球を半分飲み込む
ハリケーンを確かに私たちは目撃しているのだ

池田大作という師匠のなかに
DATE: 2008/04/03(木)   CATEGORY: 自由詩
それでも『天道』は知っている!
ものごとの
ぜん あくを はっきり てきぱき
はくじつの もとに さらす・・・

戦前の軍人エリート
自らは 本国の地下塹壕で
将棋でもさすように
民衆の命をもてあそんだ
軍人エリート
その肥大した化け物の脳髄で
いく千 いく万の 命を
この世から滅し去った
チンピラのエリート
半端もの・・・
六十年たちますよ・・・
じじい きさまの エゴの虫は
腹の中で元気かよ・・・

ふわふわ浮いた脳髄と
腹のエゴ虫
老いさらばえた骨に吊るして・・・

地獄で閻魔大王に
自ら為した行為の愚にもつかない
自己弁明の作文でもしてな!

ああ 誰にでも訪れる


あの世で・・・
地獄へ
堕ちないように
この世で
善行を 積むんじゃないの???

六十年前の
戦争と言う
絶対悪の
当事者 諸君!

冥途の土産に
君らに!
「因果応報」という
言葉を送ろう・・・

因果応報・・・

ああ君ら
さるのような畜生道を
歩む やからよ
もう二度と
この世に
受胎しないでくれ・・・

エリートといわれる

はんぱもの・・・

DATE: 2008/04/03(木)   CATEGORY: 自由詩
亡国のイージス boukoku ボウコクの
  




       ふ   ふ  ふふ
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.