詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2018/04/26(木)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』シュタイナー
37
霊の光を
宇宙の冬の夜にもたらすために
私の心は 聖なる喜びをもって こう願うーー
魂の輝く萌芽が
宇宙の根底に根づきますように。
そして 神の言葉が 感覚の闇の中で
すべての存在を貫く
ひびきとなって 輝きますように。
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
スポンサーサイト
DATE: 2018/04/25(水)   CATEGORY: 自由詩
オスプレー奄美大島空港に緊急着陸
4月25日、午後。普天間基地所属のオスプレー2機が
民家空港の奄美大島空港に緊急着陸。奄美大島空港は、
一時閉鎖にオスプレーはその後、午後5時程に離陸。
普天間基地に帰還した。アメリカ軍からの事故原因の
説明はない。ウヤムヤにする気だ。沖縄のニュースで
やってた。
DATE: 2018/04/25(水)   CATEGORY: 自由詩
墓穴を二つ

「もし復讐のために人生を捧げるならば、まず墓穴を二つ掘れ」
中国の賢人の言葉。捧げるつもりはない。しかしまだ未熟な若者を
戦争で使い捨てにしカネ勘定に忙しい死の商人。病気を作って強い
トランキライザーを飲ます医者。告発します!!!
DATE: 2018/04/25(水)   CATEGORY: 自由詩
『魂のこよみ』シュタイナー
36
私の存在の深みで
宇宙の言葉が
神秘の呼び声となって語るーー
「お前の仕事の目標を
私の霊の光で まっとうにするために
お前を 霊に奉仕する存在にせよ。」
(『魂のこよみ』シュタイナー著 高橋巖訳)
DATE: 2018/04/24(火)   CATEGORY: 自由詩
魂の屠殺 合衆国


「恐怖政治(テロル)が私たちを包囲する。合衆国と言う
芸術的反=生命と余暇のあらゆるハンドルを独占し、
絶対的な屠殺(とさつ)解体業者として支配しようとしている。」
(1937年7月ルネ・シャール)
*ナチズムと言うを合衆国と言うに編集。
ナチズムは肉体を屠殺したが合衆国は「意識産業」を使って
魂を屠殺、大虐殺する。
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.