FC2ブログ
詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2019/06/18(火)   CATEGORY: 自由詩
編集の妙 戦後詩の賦活化
戦後詩によるイルミナティー殲滅作戦
4
祝宴の場で指名される新たな彷徨=遠征者
蛇の干物と共に手渡される狐皮の小袋の中身は
石片と鉄!俺は出発した!
天翔まるごとしなやかな鉦鼓にあざむかれることもなしに
*鉦鼓。鐘と鼓
『賤しい血』(入沢康夫)
スポンサーサイト
DATE: 2019/06/17(月)   CATEGORY: 自由詩
メーソンのトリセツ
戦後詩によるイルミナティー殲滅作戦
3
狂おしい潮騒にすっぽりと包まれた
小半島のつけねのあたり
塩からいプールに片端を沈めた黒葛(くろつづら)
騙(かた)りとられたサーベル 闇を奔(はし)る黒後家蜘蛛
『賤しい血』(入沢康夫)
DATE: 2019/06/16(日)   CATEGORY: 自由詩
聖書外典より
堕天使らは妻をめとり、各人一人ずつ地球の女を選びこれと
関係を持ち、交わり始めた。女たちに医療、呪いを教え、薬草
や灌木の断ち方を教え込んだ。彼女らははらんでとてつもない
巨人を生んだ。彼らは全ての人間の苦労の実を食い尽くしてしまい
人間はもはや彼らを養う事が出来なくなってしまった。

『エチオピア語のエノク書』7章

*堕天使。現代のメーソンとして生まれる。


あなた(主)は、アザセル(堕天使)がしたこと、地上で
不法を教え、天上で行われる永遠の秘密をあかした次第
をご覧になった。また、その同輩を指導する権限をあなた
からいただいたシェミハザは魔術を暴露した。彼らは連れ
立って人の娘らのところに通い、これと寝て身を汚し彼女
らにこれらの罪の数々を明かした。

『エチオピア語のエノク書』9章

*罪。神の啓示を受けずに堕天使が明かした技術。
DATE: 2019/06/16(日)   CATEGORY: 自由詩
闇の時代
解放。


『黙示録の秘密』シュタイナー著

「光は闇のなかに輝いた。しかし、闇は光を理解しなかった」
<中略>闇の時代は、人間が物資的世界にのみまなざしを向け、
その背後にある霊的世界を通常の状態では見ない時代であると
いうことができます。
DATE: 2019/06/16(日)   CATEGORY: 自由詩
極悪の殲滅祈願
戦後詩によるイルミナティー殲滅作戦
2
高杯(たかつき)に熟れきった瓜を二つのせ
前髪をリボンで押さえて笑う
男だった 胸えぐり 尻を刺した
同行の奴らのことなど心にもなかった
『賤しい血』(入沢康夫)
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.