詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/10/22(日)   CATEGORY: 自由詩
光陰矢の如し
台風の余波で風が強い
まるで本州の春一番のような
暖かな風が吹いている

ノースリーブのティーシャツ
半ズボンで過ごせる陽気だ

昔 書き綴った詩文を投稿しているが
今2013年のメモを貼り付けている
歳をとると一年が早いもう4年たつ…

そんな感慨に浸りながら
窓から吹き付ける
暖かな風に
この身を晒す
スポンサーサイト
DATE: 2017/10/22(日)   CATEGORY: 自由詩
亡き友を偲んで
神の声聴ける程に祈ってもやはり沈黙
太古の預言者ではないが内奥の声神の声として聴く


不思議なんだ此の世から人がいなくなる事 死
なぜ死ぬのだなぜ行ってしまうのだ愛する人よ


愛の革命に情熱を燃やしている爽やかな一陣の風
正しき道に正しい友有って今日も日が沈む
DATE: 2017/10/22(日)   CATEGORY: 自由詩
愛の革命家(アフォリズム)
ロックミュージシャン 愛の革命家の作品聴いていると
己の生き様問われて道を正しくされているようだ


愛の革命家第一はビートルズ世界を塗り変えた
四人組は今も人々を愛の世界へと誘う
DATE: 2017/10/21(土)   CATEGORY: 自由詩
最後の審判、各自の死に
世の終わりと言っても世界が終わってしまうのではない
一人一人の世の終わり 死こそ最後の審判日本人は耐えうるのか?
DATE: 2017/10/21(土)   CATEGORY: 自由詩
愚行
神よあらゆる局面で私は罪を冒しました
己を愛さぬニヒリズムに堕ちて人を傷つけました
どうぞ偉大な神の愛で私を包み込み
罪を許してください
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.