詩人の血
コクトーの『詩人の血』に学んで
DATE: 2017/02/25(土)   CATEGORY: 短歌
せせらぎ
天の川 小川のせせらぎ人類の進化のために流れ行くのみ
スポンサーサイト
DATE: 2017/02/24(金)   CATEGORY: 自由詩
微睡みの中
NET RADIOを聴きながら、微睡みへと落ちる。
車が通る時に、アスファルトが濡れているらしく
さざ波の音に聞こえる。雨が降っている。うとり
うとりと意識が消えては蘇る。午後の昼寝。曇天。
雨音。車のタイヤのさざ波の音。何も起こらない
幸せ。こうして私は、老いて行くのだ。
DATE: 2017/02/24(金)   CATEGORY: 自由詩
中国の事
中国の事、考えている。清朝のように帝国列強に
侵される事なく。三国志のような内戦もない。49年の
共産中国成立以来、文革の混乱はあったにせよ、大唐
帝国を凌ぐ版図をうまく治めている。党の指導のもと
道教、儒教、仏教。みな盛んだ。経済的にも飛躍した。
概ね共産党の政権は成功したと見る。
DATE: 2017/02/24(金)   CATEGORY: 短歌
茶摘み農夫
一つでも多くの悪を絶やすには茶摘み農夫の動作に学べよ
DATE: 2017/02/23(木)   CATEGORY: 自由詩
人心乱れて
出典は、明らかではないが。古代中国では
人心が乱れると天変地異が多くなると説いている。
道教か諸子百家が言った事と心得る。太陽フレアが
活発だ。人間の行為が太陽系に影響を与える。
人、人は不思議だ。人智学のシュタイナーなどは、
宇宙は人間存在のためにあるとまで言っている。
Copyright © 詩人の血. all rights reserved.